ブログ

飲食店におすすめの集客ツール7選!繁盛店になるポイントも徹底解説

効果的な集客によって店舗運営を安定させるためには、自店舗に合った集客ツールの活用が不可欠です。

しかし、集客ツールの種類は多彩で長所短所もそれぞれ異なるため、忙しい店舗オーナーにとって集客ツール選びが最初の関門になります。

そこで本記事では、飲食店の集客におすすめのツールを7つに厳選してご紹介します。
自店舗を繁盛店にするポイントも解説しますのでぜひ最後までご覧ください。

飲食店の集客に欠かせない顧客のニーズを再確認

来店してくれた新規顧客に、質の高いサービスを提供して満足してもらえば、リピーターに繋げるのも難しくありません。

再来店してくれる顧客のニーズに応えて、より多くの顧客をファン化するために、飲食店における顧客のニーズを確認しましょう。

料理の味や品揃え

自店舗を繁盛店にするためには、料理の味や品揃えを充実させることから始めるのが近道です。
そのためターゲットユーザーに合わせた味付けやメニューを考案しましょう

例えば、ターゲットユーザーが専業主婦やファミリー層である場合、子ども連れでもメニュー選びに困らないよう小さい子どもが好みそうなた「キッズメニュー」を提供したり、デザートを豊富に取り揃えたりして子どもとママの両方から支持される料理を提供するなどの工夫をすると、顧客の満足度が上がりリピート率も向上するでしょう。

また、高校や専門学校、大学などが近くにある飲食店ならリーズナブルな値段でボリュームのあるメニューを提供するのもおすすめです。
飲食店の立地からターゲットユーザーを選定してから、ターゲットユーザーに喜ばれる料理の味付けやメニュー、ボリューム等を決めていくのも効果的な方法です。

店内の雰囲気

来店してくれた顧客に「居心地の良いお店」と感じてもらうために、店内の雰囲気に気を配ることも大切です。
内装を工夫したり店内にかけるBGMをお店の雰囲気や顧客層に合わせたりして、「お店の雰囲気が良い」と評価してくれる顧客も増やしましょう

喫茶店ならば、おひとりさまがゆっくり過ごせるよう一人席を作ったり、日々忙しい方がホッとできるような空間を作ったりすると顧客に喜ばれるかと思います。

実際にお店を利用する顧客目線を再検討して、店内の雰囲気を大きく変化させるのもよいかもしれません。

清潔感や接客マナー

清潔感のある店内で過ごせたり、接客マナーを身に付けた従業員に対応してもらえたりすると、顧客の満足度は向上します。

もしも美味しい料理を提供してくれるお店の店内が汚れていると、せっかくの気分も台無しですよね。
店内の清掃が不十分だと、いくら料理や接客の質が良くても顧客の足は遠のいてしまうでしょう。

そこで清潔感のあるお店を維持するために、掃除用のチェック表を作成して衛生管理を徹底する他、清掃担当者を事前に決めておくなどして店内の環境整備を忘れずに行ってください。

そして、店内で働く従業員には研修などで接客マナーを身に付けてもらい、料理以外の顧客の満足度向上も目指しましょう。
店員の接客で顧客に不快感をあたえてしまうと、リピーターに繋がらないことはもちろん、クレームやネガティブな口コミが発生する原因にもなるため注意が必要です

費用対効果

飲食店の費用対効果では、ターゲットユーザーに合わせた料金設定が重要です。

どれだけ時間や手間をかけた料理も、顧客に味わってもらえなければ意味がありません。
お店を訪れる顧客の足を絶やさないためには、顧客が求めている料金設定を設定しそれを守る必要があります

そのため、住宅街に飲食店があるのならファミリー層が安心してくれるような料金を設定しましょう。

もちろん「安かろう悪かろう」ではなく顧客が満足してくれるように味と値段のバランスをとる必要もあります。

提供する料理の値段が適切なら、顧客の満足度は高まりリピーター創出に繋がるため、店舗の利益率も安定するでしょう。
支持される料理がわかれば、原材料費のロスも防げるようになるため、費用対効果も安定して店舗運営はより安定します。

飲食店におすすめの集客ツール7選

スマートフォンなどの情報機器の普及に伴い、インターネット集客は効率の良い集客方法となりました。
一方で、インターネットに頼らない従来型の集客方法も飲食店の集客に効果的な方法です。

これから、インターネットを活用した集客方法と従来型の集客方法の2種類をご紹介します。

【最重要】Googleビジネスプロフィール(MEO対策)

Googleビジネスプロフィールは、飲食店の集客に最もおすすめの方法です

大きな理由にGoogleマップを利用しているユーザー数の多さが挙げられます。
2019年に全国330名の男女に行った調査では、回答者の約9割が地図アプリを使用していると答え、さらに地図アプリを使用している人のうち「Googleマップを利用したことがある」と回答した人は全体の9割以上と高い数値を記録しました。

そのため、Googleビジネスプロフィールを使って集客を進めれば、Googleマップを利用する多くのユーザーが集客の対象となるのです。

参考元:地図アプリ利用率1位はGoogleマップ!エフェクチュアルが地図アプリの利用トレンドをレポート

Googleマップの情報は、自然検索よりも目立ちやすい画面上部に掲載されます。

表示されるのはGoogle検索で上位3店舗までですが、検索結果1ページ目の画面上部に表示されるため、より多くのユーザーの目に留まり来店を促せるのです。

さらに、Googleビジネスプロフィールでは料理やドリンクの画像も投稿できるため、飲食店の魅力を存分にアピールできます。

地域密着型でサービスを展開して収益を上げる飲食店の場合、集客ツールにGoogleビジネスプロフィールは必須と言っても過言ではないでしょう。

他にもあるGoogleビジネスプロフィールのメリット、デメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 自然検索結果よりも上位に表示される
  • Googleビジネスプロフィールの運用は無料でできる
  • 口コミ数やレビュースコアで新規顧客にもアピール可能
  • 口コミを通して顧客とコミュニケーションもできる

【デメリット】

  • 根拠のない口コミが投稿されるケースがある
  • 投稿された口コミは自分で削除できない

自社ホームページやブログ(SEO対策)

自社ホームページやブログを作成する方法も飲食店の集客には有効です。

ホームページやブログを使った集客では、検索キーワードなどからユーザー自ら自店舗を探してくれるため、広告費にかける予算が抑えられます。

また自分でホームページやブログを運営する場合、掲載するコンテンツやサイトデザインに独自性を出すことも容易なため、競合との差別化を図りやすいといったメリットもあります。

しかし、より多くのユーザーの目に留まるためには検索キーワードで上位表示が必須となるため、ホームページを集客のメインにする場合は記事制作、サーバー、分析などのSEO対策に一定の費用がかかります。

とはいえ、Googleビジネスプロフィールに自社ホームページのリンクを設置してユーザーを誘導する方法もあるなど、ホームページとGoogleビジネスプロフィールは相性の良い集客ツールです。

自社ホームページやブログの運用は、MEO対策と並行して是非とも取り組みたい施策の1つです。

自社ホームページやブログ作成のメリット、デメリットを確認しましょう。

【メリット】

  • 店舗の独自性を出せて、競合との差別化を測れる
  • 提供しているメニューをわかりやすく掲載できる

【デメリット】

  • SEO対策に力を入れる場合は費用がかさむ
  • 記事制作費用やサーバー費用などのランニングコストがかかる

SNS運用

SNS運用は無料で始められる集客方法の1つで、スマホ1台あれば外出先でも取り組める気軽さも魅力のツールです。

継続的に取り組むことで不特定多数のユーザーを自店舗のファンにまで育成することも可能ですが、即効性がなく効果が出るまでに一定の期間がかかるのが注意点でしょう。

飲食店の集客に有効なSNSとして、Twitter、Instagram、YouTube、LINE、TikTokの5種類が考えられます。
Instagramは、料理の写真を自分で投稿できるだけでなく、ユーザーがいわゆる「映える写真」を投稿してくれる可能性があります。

動画コンテンツの作成にはやや手間がかかりますが、ユーザー間で自店舗の知名度を向上させることが可能です。
Twitterのリツイートでうまくお店が宣伝されれば、バズをおこし短期間で集客することも不可能ではありません。

またSNSツールで自店舗に関する情報が話題に上がれば、Googleの掲載順位に好影響を与えるサイテーションの獲得にも繋がります。
SNSツールで集客した結果はMEO対策にも良い効果を与えるのです

SNS運用のメリット、デメリットを確認しましょう。

【メリット】

  • 無料で対策ができる
  • サイテーション獲得につながる
  • 見込み顧客をファンにまで育成することも可能

【デメリット】

  • 炎上のリスクがある
  • コンテンツ作成に手間がかかることもある

広告配信

広告には、アナログ広告とデジタル広告があります。

アナログ広告には、電車やバスに掲載する車内広告やビルや駅に設置される看板広告などがあり、狭いエリアに限定してアプローチできることが強みです。

一方、デジタル広告はリスティング広告やSNS広告などの豊富な媒体があるため、ユーザーの年齢や趣味趣向にあわせてターゲティングできるのが特徴です。

それぞれに代わりのきかない長所がありますが、アナログ広告とデジタル広告の両方とも、掲載費用がかかる点がデメリットになります。
アナログ広告の場合だと看板の大きさによっても料金が変動しますし、デジタル広告ならターゲティングの大きさによって料金が変わります。

そのため、事前に目標を設定しておかないと、広告費が膨らんでしまうおそれがあります。

広告配信のメリット、デメリットを確認しましょう。

【メリット】

  • 狭いエリアにもアプローチできる
  • 年齢や趣味趣向にあわせたターゲティングが可能
  • 即効性も期待できる

【デメリット】

  • 掲載費用がかかる
  • 広告のボリューム感によって費用が変動する

チラシ

チラシを使った集客方法は従来型の集客方法の1つで、従業員が店頭で配るやり方の他にも、1軒1軒ポスティングしてお店の認知度を広めるといった方法も採用可能です。

エリアに対して確実に宣伝でき、デジタルでの接点がない層にも宣伝できるため、エリア内での自店舗の知名度を向上できる点が大きなメリットです。

チラシを活用した集客方法では、チラシのデザインを考案する必要があったり、出来上がったチラシを印刷するコストがかかったりしますが、「手書きでチラシを作成できる」といった店舗の独自性を出しやすい点もメリットといえます。

チラシのメリット、デメリットを確認しましょう。

【メリット】

  • エリア内で自店舗を宣伝できる
  • 手書きのチラシを作成したりと独自性も出せる
  • デジタルの接点がない層に訴求できる

【デメリット】

  • チラシを配布する人手が必要
  • 宣伝できるエリアが限られる

看板

看板は昔から人気の集客ツールですが、デジタル化が進んでいる現在でも十分な集客効果を見込める方法です。

一番のメリットは、一度看板を設置すると周辺を通りがかる人に何度でも見てもらえる点です。
店名やお店の特徴をわかりやすく掲載した看板を設置したり、日替わりランチメニューを記載したウェルカムボードの活用したりと、看板を見た人の興味関心を引いて来店に繋げます

一方で、内容が伝わりにくい看板を設置してしまうと、看板を見た人が「何のお店かわからない」「得体が知れないからやめておこう…」と感じてしまう可能性が高く、新規顧客を呼び込むことは難しいでしょう。
ただ目立つだけの看板ではなく、必要な情報を掲載する必要があります。

看板のメリット、デメリットも確認しましょう。

【メリット】

  • 他の集客方法との組み合わせが可能
  • 店舗の目印になる他存在もアピールできる
  • 営業していることが顧客にすぐわかる

【デメリット】

  • ユーザーにわかりやすいデザインを考えるのが大変
  • 看板の情報が古いままだとマイナスイメージに繋がる可能性も…

グルメサイト

グルメサイトに自店舗を登録すると、ユーザーがGoogleなどで飲食店を検索した際に上位表示されやすくなるというメリットがあります。
そのためグルメサイト経由で飲食店を予約する顧客をターゲットにできる他、広告費をかければグルメサイト内で目立つ部分に掲載できる可能性もあります。

また、グルメサイトに登録すると、専任のアドバイザーが店舗の自己紹介に掲載する文章や写真の選定などに対してアドバイスをくれる点も見逃せないポイントです。

一方で、グルメサイトを利用するデメリットとしては、ネガティブな口コミやレビュースコアの低い口コミ投稿が続くと、それを見たユーザーが来店を取りやめる可能性がある点がデメリットです。

グルメサイトのメリット、デメリットも確認しましょう。

【メリット】

  • 大手グルメサイトに登録すると認知が広がりやすい
  • クーポンやネット予約機能などの飲食店に便利な機能が利用できる

【デメリット】

  • 投稿された口コミが集客に悪影響を及ぼす可能性がある
  • 掲載先のデザインが決まっており店舗の独自性を出しにくい
  • 競合相手が多いため確実に上位表示したければ費用がかさむ

飲食店で集客に成功した3つの事例

飲食店で集客に成功した事例を3つご紹介します。
いずれも弊社エフェクチュアルが集客をサポートさせていただき、具体的な成果が表れた事例です。

焼肉店「陽山道」様

「陽山道」様は東京都上野にある焼肉店で、Googleビジネスプロフィールを本格的に導入したことを契機に、PV数が増えてお客さんからの反応も実感できるようになりました。

2020年、感染症対策による影響を受けて、それまでグルメサイトに使っていた予算の半分をGoogleビジネスプロフィールの運用に転換。
グルメサイトに使っていた予算は、最終的にはピーク時の半分になります。

その結果、2020年10月の間接検索数は前年の1.5倍に増加。
その他の月でも最高2.0倍を記録します

さらにGoogleビジネスプロフィールを利用して感染症の予防対策の内容をユーザーに投稿し、安心して利用できるように配慮するなど集客に効果的な取り組みも忘れません。

陽山道様はGoogleビジネスプロフィールの強みを生かせば大幅な集客率アップも可能であることを示した事例といえます。

参考:社会のニーズに合わせた情報発信が売上を支えた!焼肉店「陽山道」のGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)活用法

株式会社シェアレストラン様

株式会社吉野家ホールディングスの子会社である株式会社シェアレストラン様の事例も、Googleビジネスプロフィールの運用が集客に繋がることを示しています。

シェアレストラン様は、Googleビジネスプロフィールを活用して食事のメニューや写真を追加するなど情報整備を行った結果、Webサイトへの流入がこれまでの1.8倍、ルート照会数は5倍に増加と高い成果が表れました

そんなシェアレストランを利用した「極哩」というカレー屋さんの場合、開業3ヶ月で11件の口コミを獲得し、そのレビュースコアは平均4.2と非常に高い数値も獲得したのです。

株式会社シェアレストラン様は、間借りしてレストランを運営する場合でもGoogleビジネスプロフィールを整備してGoogleマップから集客できることを示唆する良い事例となりました。

運用が成功した後、代表取締役の竹重様はエフェクチュアルのインタビューに対して、「積極的に運用を促進していきたいと思っています」とおっしゃってくださいました。

参考:間借り形式の飲食店の認知・来店促進の成功事例!吉野家ホールディングスが運営する間借りマッチングプラットフォーム「シェアレストラン」のGoogleマップ活用法

株式会社 Be Bloom様

株式会社 Be Bloom様は複数ブランドの飲食店を沖縄を除く九州7件に展開している飲食店です。
現在は新店舗を出すたびにエフェクチュアルのGoogleビジネスプロフィール運用サービスをご利用していただいています。

Googleビジネスプロフィールの運用により、1日に20件ほど投稿された口コミへの対応もおよそ30分で完了できるようになりました。

さらに口コミが口コミを呼ぶ好循環を作ることにも成功し、口コミの投稿件数は1年前の177件から499件へと約2.8倍増加。レビュースコアも以前の3.5から4.1へアップと高い上昇率を記録しました

株式会社 Be Bloom様は口コミ投稿に対して、店舗マネジャーの名前を返信の冒頭に記載するなど独自の対策にも取り組まれておりました。

参考:口コミと向き合うことで客足の活性化に成功!九州7県で37店舗 飲食店を展開する株式会社 Be BloomのGoogleビジネスプロフィールの活用法

飲食店の集客で押さえるべき注意点とは?

デジタルとアナログの両方を組み合わせて集客すると、新規顧客の来店率が向上するだけでなく、リピーター獲得に繋がり店舗運営を安定化できます。
ただし、実店舗運営と集客の両立は大変なため、何らかの対策が必須となります。

デジタルとアナログの両方で集客を進める

デジタルとアナログのどちらか一方だけを使った集客方法は、効率の良い集客方法とはいえません。
デジタルとアナログを組み合わせて、それぞれの長所を生かした集客を行いましょう。

例えば、アナログ広告の長所を生かしデジタルのメリットも生かす方法として、店頭で配布するチラシに、自社サイトのURLを記載したりQRコードを貼り付けたりして、デジタルとアナログを組み合わせる方法が考えられます。

チラシは紙になって残るため、ふとした拍子に会社や自宅で話題にのぼる可能性もあります。
そしてチラシに記載したURLなどから自社サイトへの誘導に繋がり、最終的な来店まで促せるのです。

集客した新規顧客をリピーターへ繋げる

集客した新規顧客に対してリピーターに繋がる働きかけを行いましょう。
イベントや割引キャンペーンといった施策で集めた新規顧客から1人でも多くのリピーターを創出できれば、売上アップに繋がります。

新規顧客をリピーターへ繋げる具体的な方法はこちらです。

  • 次回来店時に使える割引券やクーポンを渡す
  • 来店ごとに使えるスタンプカードを用意する
  • SNSアカウントをフォローしてもらう
  • 紹介特典を紹介する

実店舗運営と集客の両立は大変

安定した店舗運営のためには集客が重要とわかっていても、飲食店を運営しながら空いた時間にMEO対策などの集客を実践する店舗オーナーの負担は少なくありません。

さらに多店舗運営しているオーナーならば、さらに大きな負担がかかります。

そこで、限りあるリソースを効率良く集客に生かすために、集客ツールの導入をおすすめします。
特にMEOに特化した集客ツールを活用すると、MEO対策の煩雑な作業にかかる時間や手間を大幅に削減することも可能です。

さらに集客に重要な口コミ管理もサポートしてくれるため負担を減らしつつ集客率アップに繋がります
また、多店舗運営に対応している集客ツールなら、各店舗のアカウント毎の設定や投稿を一元管理することも可能です。

飲食店の集客をロケーションコネクトで効率化させよう

飲食店の集客を効率良く進めたい店舗オーナー様は、ロケーションコネクトの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「ロケーションコネクト」は、MEO対策に特化したツールで、飲食店のMEO対策によくある「店舗情報の更新に時間がかかる」「口コミ管理が大変」といったお悩みを解決するための機能を多数備えており、MEO対策を行う全国のオーナー様をサポートしています。

これまで27,000店舗以上のMEO支援を行ってきた経験や実績から、Googleビジネスプロフィール運用の効率化ができる機能が揃っています
さらに、上位表示に欠かせない業務をサポートすることで、実店舗の業務にかけるリソースも確保します。

そして、ロケーションコネクトを利用すれば、これまで全店舗のアカウントを1つずつ確認して行っていた基本設定の更新や投稿を、データの一括更新によってまとめて行うことができます

またグループ作成機能を利用すれば、任意の店舗だけの情報更新もできるため、大幅な作業時間の削減に繋がります。

まとめ

飲食店に求める顧客のニーズを満たし、自店舗に合った集客ツールを導入し活用すれば、短期間で繁盛店になることも不可能ではありません。

本記事を参考に、自店舗の長所や強みを再考していただき、あなたが最も取り組みやすい集客方法で店舗運営を成功に導きましょう。