ブログ

MEO対策の費用の相場は?契約形態や業者の選定ポイントを解説

Googleマップエンジンの最適化によって、実店舗のオンライン集客の向上が見込めるのがMEO対策です。

このMEO対策は、自社で実施するのはもちろん、専門のMEO対策会社にアウトソースすることもできます。MEO対策サービスの費用や契約形態は、業者によって様々です。

そこで今回はMEO対策を検討している方に向けて、MEO対策の相場費用や費用を決める要素、また業者の選定ポイントなどについて解説していきます。

MEO対策の業者とは?

MEO対策の業者とは、実店舗へのオンライン集客をサポートするために、Googleマップエンジンの最適化を行う専門業者のことをいいます。

近年、「原宿 カフェ」や「難波 ランチ」といったように「地域×目的」の検索ニーズが増加傾向にあります。そのことから「MEO(Map Engine Optimization)」への関心が高まっているのです。

MEO対策を自社で行うには、専門の知識やスキルが必要です。検索・マップエンジンからの流入キーワード、店舗までの経路分析といった専門性の高いナレッジが必要となります。

そのため、MEO対策やWebマーケティングに関する知見が乏しい企業は、MEO対策の専門業者に依頼するのも一つの方法です。

MEO対策を自社で行う場合と専門業者に依頼する場合のメリット・デメリットは、以下のようなものがあげられます。

【1】自社
メリット ・・・費用を抑えられる、自由度が高い
デメリット・・・専門知識がないと難しい、人的リソースが必要

【2】専門業者
メリット ・・・自社で行うより高い成果が見込める、運用ノウハウが学べる
デメリット・・・費用がかかる、成果が保証されていない

MEO対策の契約形態

MEO対策の費用について解説する前に、まずMEO対策業者によって異なる契約形態を確認しておきましょう。MEO対策業者の中には、「成果報酬型」と「固定報酬型」という契約形態があります。

MEO対策を専門業者に依頼する場合は、まずこの契約形態の違いについて把握しておくことが大切です。それでは、それぞれの違いを解説していきます。

1、成果報酬型

成果報酬型は、グーグルマップ上で対策キーワードの上位表示が達成された場合に費用が発生する仕組みです。基本的には、上位表示されない限り費用がかかりません。

グーグルマップの上位枠に表示された場合は「表示日数×日額成果金額」で、月の支払い金額が決定するという契約形態です。

2、固定報酬型

固定報酬型は、グーグルマップ上で対策キーワードの上位表示の達成・不達成に関係なく一律で費用が発生する仕組みとなっています。

固定報酬型では、契約期間が設けられているのが一般的です。契約期間はMEO対策業者やプランによって異なりますが、6ヵ月や12ヵ月といった期間が設けられています。

MEO対策の費用を決める要素

MEO対策には、成果報酬型と固定報酬型の2つの契約形態があると説明しました。それでは、MEO対策の費用は、どういった要素から定められているのでしょうか。

ここからは、MEO対策の費用を決める要素として「初期・月額費用」「キーワード数」「契約期間」の3つに分けて解説していきます。

1、初期・月額費用

基本的には、対策にあたっての事前準備や実際に行われるMEO対策、効果測定といった部分に対する費用が含まれているケースがほとんどです。

例えば、MEO対策を行うために必要なGoogleビジネスのアカウント取得や店舗の基本情報の登録、写真撮影といった準備にかかる費用が含まれます。他にも日々の効果測定やレポート作成といった部分も費用に含まれるでしょう。

MEO対策においては、リスティング広告やSEO対策と比較すると対策に必要な事前準備の手間が少ないこともあり、最近では初期費用無料とする業者も多くなっています。

2、キーワード数

MEO対策の費用は、対策を依頼するキーワード数によって異なります。プランによって、あらかじめキーワード数を設けているところがあり、基本的に4、6キーワードが多いです。また1キーワードあたりの単価で計算する場合が一般的です。

成果報酬型のMEO対策業者の中には、「4キーワード中1キーワードが表示されれば成果発生」としているところもあるため、一概にたくさんのキーワードを依頼すればいいというわけではありません。

提案された対策キーワードに集客効果がなければ、無駄に費用がかかることになります。また集客したいキーワードとは別のキーワードが上位表示されているために、費用が発生するケースもあるため注意が必要です。

3、契約期間

契約期間によっても、MEO対策の費用が異なります。契約期間は、MEO対策業者によってさまざまですが、一般的には6ヵ月・12ヵ月としているところがほとんどです。

なかには6ヵ月プランのみ、または12ヵ月プランのみのところもあります。MEO対策のツールサービスを提供している業者には、お試しとして契約期間を設けず無料プランを提供しているところも存在します。

初めての利用で本当に効果が見込めるか不安という場合は、まず6ヵ月で導入するケースもあります。ただし12ヵ月のほうが月額換算すると費用を抑えられる場合もありますので、予算等に応じて選ぶといいでしょう。

MEO対策の相場費用

MEO対策は、成果報酬型か固定報酬型によって費用が異なります。また初期費用も業者によってさまざまです。では、MEO対策の初期・月額費用の相場費用がどれくらいなのか確認していきましょう。

【MEO対策の費用相場】
初期費用  1万円〜5万円
成果報酬型 日額800円〜1,200円
固定報酬型 月額2万円〜8万円

初期費用に関しては、無料の業者も存在します。また上表は、あくまで相場費用です。MEO対策の業者によっては、もっと高額の費用がかかる場合もあるでしょう。

MEO対策 選定ポイント

ここまでMEO対策の契約形態や費用相場、また費用を決める要素などについてお話してきました。MEO対策業者を選ぶうえで費用面は確かに重要なポイントです。

しかし費用面だけで判断するのではなく、さまざまな観点から業者を選定していくことが大切です。ここからは、MEO対策の業者を選定するポイントについて解説していきます。

1、確かな実績があるか

MEO対策の業者を選定するうえで、まずチェックしておきたいのが「実績」です。MEO対策における実績とは、「対策キーワードが上位表示されているかどうか」になります。

多くのMEO対策業者は、自社サイトに過去実績を掲載しているはずです。どのようなキーワードで上位表示されているのかを確認してみましょう。

また掲載されているキーワードを実際に検索してみて、きちんと上位表示されているかを確かめてみるのも一つの方法です。さらに対策キーワードが検索ニーズのあるものかどうかについても注目してみるとよいでしょう。

上位表示率や導入数などが記載されていれば、そういった数字を業者選定の参考にするのも選定のポイントです。

2、独自ツールを利用しているか

MEO対策業者の中には、MEOの順位計測ツールや効果測定ツールを使っているところがほとんどです。業者によっては、他社開発ツールを使っているところもあれば、自社開発ツールを使っているところもあるでしょう。

MEO自社開発ツールを使っているということは、GoogleのAPIを利用してツール開発していることが考えられます。これはMEO対策におけるデータやノウハウ、つまり実績を有している証拠にもなるため、独自ツールを利用した業者を見つけることは一つのポイントです。

またツールによっては、順位の可視化やレポーティング機能などもついており、体感的に成果が出ているかを確認するうえでも便利なものとなっています。

3、費用は適正か

MEO対策業者を選定する際は、掲載されている費用が適正かどうかを確認しましょう。業者によっては、費用の内訳が不明瞭になっている場合があります。その場合、想定よりもコストがかかってしまったということにもなりかねません。

費用に関して不安な部分がある場合は、事前にどういった方法で対策キーワードを選定するのか、レポート提出や担当者はつくのか、というようなことも確認しておきましょう。

また上述でご紹介した「MEO対策の相場費用」を参考に相場よりも高くないか、高い場合はなぜ高いのか、なども忘れずにチェックすることをおすすめします。

4、適正な契約期間か

契約期間も、MEO対策業者によって様々です。一般的には、上記でご紹介したように6ヵ月・12ヵ月の業者が多い傾向にあります。契約期間が極端に短かったり長かったりしないかも、選定ポイントの一つです。

MEO対策は、成果が出るまでにある程度の期間を要する場合があります。成果が出るまでに契約期間満了となれば、MEO対策を依頼した意味が薄れてしまいます。

そうは言っても契約期間が長すぎれば、その期間内に成果が出なければ無駄な出費となる可能性があります。成果が出るまでの期間を考慮した契約期間になっているかを確認することが大切です。

5、効果測定の方法を確認

MEO対策における検索結果は、ロケーションによって異なります。例えば、店舗が大阪にあって、MEO対策業者が東京にある場合、同じキーワードで検索しても、検索結果に違いが出る可能性があるのです。

そのためMEO対策業者に依頼する場合は、効果測定の方法を確認しておくようにしましょう。MEO対策業者から「上位表示されています」と伝えられても、上位表示させたいエリアでは上位表示されていないケースもあるため要注意です。

そういった意味でも、ツールを使った効果測定などのノウハウを有したMEO対策業者を選定するとよいでしょう。

6、Googleマイビジネスのガイドラインに準拠しているか

Googleマイビジネスには、ガイドラインが設けられています。MEO対策をする場合も、このGoogleマイビジネスのガイドラインに準拠した対策を行なっているかが重要です。

Googleに掲載するローカルビジネス情報のガイドライン

例えば、上記のようなGoogleが定めているガイドラインに準拠しないMEO対策を行なった場合、Googleマイビジネスのアカウント停止処分が下されるケースがあります。

しっかりとGoogleのガイドラインやポリシーを守ったうえで、MEO対策を行なってくれるMEO対策業者を選定しましょう。

MEO対策なら実績が豊富な業者に任せる

集客アップサービス
専門知識を持ったプロフェッショナルにMEO対策を任せることで、高い効果が期待できます。しかし、ネットなどで調べてみると、MEO対策の業者が数多く検索できて、どのような業者に任せればよいのか判断できないでしょう。

ただ、最も確実な選択方法が「実績」が豊富な業者です。実績はホームページや問い合わせすることで確認できますので、実際に効果があがった実績がある業者を選ぶようにしましょう。実績がある、イコール成果があがる可能性が高いと言えるからです。

エフェクチュアルのMEO対策は、導入事例の詳細から料金までホームページに明確に記載しております。ぜひ、以下のリンクから、ご確認ください。

→『MEO対策サービス』をチェック