ブログ

Google口コミの自作自演はガイドライン違反!良質な口コミを増やす方法は?

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に表示される口コミは、ユーザーの素直な意見であり、評価や信頼性が高いため集客に効果的です。

また、MEO効果も期待できるため、多くの店舗が口コミ増加に注力しています。

しかし、評価を気にするあまり、口コミを自作自演してしまう方がいますが、自作自演の口コミはガイドライン違反です。

本記事では、Google口コミの自作自演による投稿のリスクやバレてしまった場合に起きること、また、良質な口コミを増やすポイントについて解説します。

Google口コミの自作自演はガイドライン違反になる

自店舗のGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の評価を上げたい気持ちから、自作自演の口コミを投稿してしまう店舗・企業が実際にいます。

Google口コミはお店での実体験に基づいている必要があるため、Googleは自作自演の口コミをガイドライン違反としています。

また、GoogleのAIとオペレーターチームにより監視されているため、口コミが自作自演と認識された場合、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)のアカウントが停止される可能性があります。

Googleに自作自演口コミをするとバレる?

Googleによってアカウントのデータや位置情報、口コミ投稿した端末や投稿日時などが監視されています。

そのため、Googleアカウントを複数用意して自店舗に口コミを投稿しても「同じ投稿者」だとGoogleに判断される可能性が高いです。

また、多くユーザーがGoogleの口コミを頼りにしているため、不自然な口コミは気づかれやすくユーザーがガイドライン違反の口コミを報告して、通報により発覚することもあります。

このように口コミはGoogleとユーザーにより監視されているため、口コミの自作自演はとてもバレやすいです。

参考:Google のクチコミの仕組みについて

自作自演の口コミが引き起こすリスク

Google口コミの自作自演がバレてしまったらどうなるのでしょうか。

ここからは自作自演の口コミを投稿すると、どのようなリスクがあるのか紹介します。

お客様からの信頼を失う

自作自演の口コミは不自然に見えるものが多いです。自作自演がバレた場合、お客様からの信頼を失います

また、お客様の本物の口コミも自作自演なのではないかと疑われて、口コミ全体の信憑性も落ちてしまいます

すると口コミを参考に来店する新規顧客の獲得が困難になってしまいます。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)のアカウント停止

Google口コミの自作自演はガイドライン違反です。最悪の場合、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)のアカウントが停止される可能性があります。

アカウントが停止すると、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)がGoogleマップに表示されないため、お客様が店舗を見つけることができなくなります。

とくにホームページを持っていない店舗は、お客様がGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)を頼りにしていることが多いため、アカウント停止は集客に大きな影響を及ぼします

口コミが削除される

前述の通り、Googleマップの口コミは実体験に基づいている必要があります。

自作自演で星5の口コミ投稿を沢山していた場合、それらの口コミが削除されることで全体の評価も下がります。

店舗のスタッフや自身による口コミ投稿は「なりすまし行為」と判断され、口コミの削除対象となります。

良質な口コミを増やすポイント

ここからは、自作自演をせずに良質な口コミを増やすためのポイントを紹介します。

ポイントを知ってうまく口コミを活用し集客に繋げましょう。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の情報を充実させる

口コミを集めるためには、多くのユーザーにGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)のページを見てもらうことが重要です。

まずは「店舗名・ビジネスカテゴリ・住所・電話番号・営業日・営業時間・写真」などの店舗情報を追加し、お客様が困らないようビジネス情報を充実させましょう。

さらに、お客様の目を引くためには写真や動画が有効的で、たとえばレストランの場合、「美味しそうな写真や綺麗な店内の写真」または動画を投稿して、お客様に興味を持ってもらうことが大切です。

良い商品やサービスを提供するため口コミを分析する

お客様は店舗で味わった感動を他の人に伝えたい・共有したいという気持ちがあります。

そのため、王道ではありますが、お客様が周りに進めたくなるような商品、質の良いサービスや対応をして、口コミに感想を書きたくなるような取り組みが大切です。

口コミで感動を伝えたい・共有したいと思われるように、商品やサービスの改善に努めましょう。

そのためにも、現状の口コミを分析の上、「お客様が自店舗のどのようなところに魅力を感じているのか」「自店舗の何を嫌がっているのか」を把握する必要があります。

口コミを書くハードルを下げる

口コミを書くまでにかかる時間や労力を減らしてあげることも大切です。

レジやテーブルにQRコードを載せたポップなどを設置して、口コミ投稿の画面へアクセスしやすいようにしましょう。

また、口コミにより個人が特定されないか不安なお客様もいるため、個人情報がどこまで表示されるのか・安全なのかを確認してもらい、安心して口コミが投稿できるよう不安を減らしてあげることも大切です。

口コミに返信する

口コミの返信は店舗の好感度が上がる要因のひとつです。

返信があることで、次回の口コミを投稿しやすくし、新規のお客様も口コミを投稿したいと思うような環境づくりが大切です。

高評価、低評価にかかわらず丁寧な返信をすることで、お客様に対する姿勢が伝わり信頼度が増します。

口コミの返信は来店後にお客様とコミュニケーションが取れる最高の機会です。

まとめ

口コミの自作自演はガイドライン違反となり、Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)のアカウント停止の可能性があります。

口コミを増やすポイントを知り、実際に行うことで、良質な口コミを集めることができます。そのためには、特に以下の業務が必要です。

・良い口コミ・悪い口コミを分析し、店舗の改善点を洗い出す

・全ての口コミを管理し、高評価・低評価にかかわらず早めに対応

しかし、店舗数が多いと口コミを1件1件読み解くのは時間がかかり、また全ての口コミに返信するのは大変です。

口コミ獲得を効率的に行うには、Googleマップ専用の口コミ管理ツールの使用がおすすめです。

「Hoshitorn」なら、口コミ状況の確認・改善策の分析・口コミ依頼など様々な機能を活用して、Google口コミの一括管理が手軽に行えます。

複数の店舗があり口コミ管理を手軽に行いたい方、口コミを活用して集客を増やしたい方は、ぜひ「Hoshitorn」を検討してください。