ブログ

【成功事例付】飲食店がMEO対策を行うメリット・デメリットと対策方法とは?

MEO対策は飲食店の集客に有効なマーケティング手法の1つですが、「MEO対策が本当に飲食店の集客に有効なの?」と、MEO対策の導入に慎重な店舗オーナーもいるのではないでしょうか。

そこで本記事では飲食店がMEO対策を行うメリット、デメリットを解説した上で、実際にMEO対策を行って集客を成功させた事例をご紹介します。

MEO対策に特化した専用ツールもご紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

飲食店がMEO対策を行うメリット

飲食店がMEO対策を行うメリットを4つご紹介します。

Googleマップの検索結果は上位に表示される

Google検索では、「地域名+店名」「地域名+居酒屋」などと地域性を持ったキーワードで検索すると、検索画面上部にGoogleマップの情報を表示する「ローカルパック」が表示されます。

ローカルパックには検索したキーワードの上位3店舗が表示される仕組みとなっています。ローカルパックは、食べログやぐるなびなどのポータルサイトよりも画面上部に掲載されるため、検索したユーザーの目につきやすく印象に残りやすいのが特徴です。

費用対効果の高い集客ができる

MEO対策は無料で実施できるため、費用対効果が高いことでも有名です。
Googleマップに自店舗が掲載しても掲載料は発生しません

飲食店の集客を進めるために、食べログやぐるなびといったポータルサイトの利用も効果的ですが、ポータルサイトでは有料プランに入らないと、その機能を十分に使いこなすことができません。

無料プランであれば掲載料金はかかりませんが、クーポンの発行などの機能を活用したい場合は有料プランに入会する必要があります。

また、来店人数ごとに課金が発生したりと、一定以上のコストが発生してします。

その点、MEO対策は無料で集客を行えるため、宣伝コストを節約したり浮いた資金をサービス向上に活用したりといった運用が可能になります。

SEO対策よりも競争相手が少ない

MEO対策は、SEO対策よりも競争相手が少なく上位表示されやすい点も大きなメリットです。
SEO対策は、自社サイトを上位表示させることで多くのユーザーの流入を促し、宣伝費をかけずに集客できる強みがありますが、そのメリットの大きさゆえに競争相手が多いという特徴もあります。

そして、SEO対策の競合は、ポータルサイトやまとめサイトといったSEOに強いサイトが多い点も特徴です。

一方のMEO対策は、競合先が地域の他店舗となりSEO対策に比べて競争相手が少なくなるため、上位表示されやすいのです

来店意欲の高いユーザーにアピールできる

MEO対策では来店意欲の高いユーザーに自店舗をアピールできます。
例えば、「駅名+ランチ」「駅名+ラーメン」といったキーワードで検索しているユーザーは、自分の行動範囲の内側にあるラーメン店を探していると考えられます。

そのため、すでに具体的な検討段階に入っている可能性が高く、近日中の来店が期待できます

つまり、Googleマップで上位表示されると具体的な検討段階に入っているユーザーに自店舗をアピールできるようになるため、より多くの集客が期待できるのです。

飲食店がMEO対策を行うデメリット

MEO対策は集客において有効ですが、事前に把握しておくべきデメリットも存在します。
具体的に確認しておきましょう。

低評価や否定的な口コミを投稿される可能性がある

飲食店がMEO対策を行うデメリットとして、低評価や否定的な口コミが投稿されて集客に悪影響を及ぼす可能性があるという点があります。

特に「これまで自店舗を利用したことのないユーザー」や「口コミを重要視するユーザー」がそれらの口コミを見て来店をやめてしてしまうかもしれません。

しかし、低評価や否定的な口コミが投稿されても、店舗側が意見を真摯に受け止めて改善する旨の返答を行ったりすると、それを見たユーザーが「お客の意見を大切にしている飲食店だ」「これから改善されるかもしれない」とポジティブな印象を持ってくれるようにもなります。

また、実際にお店を利用した顧客の率直な意見はサービス改善に生かせる貴重な意見とも考えられるでしょう。

低評価や否定的な口コミを投稿されても、慌てずに丁寧に対処すれば「ピンチをチャンスに変える」ことも可能になります。

投稿された口コミは自分で削除できない

Googleマップに口コミが投稿されると、たとえ自店舗に投稿された口コミでも自分で削除できません。

投稿された口コミを削除するには、「投稿された口コミがGoogleのガイドラインに違反していること」「店舗側からGoogleにレビュー報告を行うこと」という2つの条件があります。

ここではGoogleマップから申請する方法をご紹介します。

  1. 投稿された口コミがGoogleのガイドラインに違反した口コミであるかを確認
  2. パソコンでGoogleマップにアクセス
  3. 自店舗のビジネスプロフィールを選択
  4. 該当する口コミの投稿者名右横にある「その他アイコン」をクリック
  5. 「その他アイコン」から「レビューを報告」をクリック
  6. 「この口コミを報告する理由」を選択し「報告を送信」をクリック

以上で申請は完了となります。

申請後、Googleが報告を審査する流れとなりますが、場合によっては口コミが削除されないケースもあるため、万が一根拠のない悪評などを投稿された際には、毅然とした対応をとる必要があります。

飲食店がMEO対策で集客に成功した事例

ここでは、飲食店におけるMEO対策の成功事例を2つご紹介いたします。

いずれも、弊社エフェクチュアルのMEO対策ツール「ロケーションコネクト」を活用した事例となります。

焼肉店「陽山道」様

焼肉店「陽山道」様は、Googleマップの自社店舗にテイクアウトやデリバリーに関する情報を掲載するなどGoogleビジネスプロフィール(Googleマップ)の情報整備を行いました。

さらに、Googleビジネスプロフィール(Googleマップ)を活用してユーザーのニーズに応える発信を行った結果、2020年の6月から11月にかけて間接検索数が増大

2020年8月では前年の2.0倍にまで上昇したほか、いずれの月においても1.5倍以上の検索数の増加が認められるなど、MEO対策の成果がハッキリと目に見えて表れました。

参考:ロケコネ|社会のニーズに合わせた情報発信が売上を支えた!焼肉店「陽山道」のGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)活用法

株式会社シェアレストラン様

株式会社シェアレストラン様は、MEO対策の運用開始から短期間で成果をあげられた事例です。

2020年11月から運用開始して、その3ヶ月後の2021年2月にはWebサイトへのアクセス数が約1.8倍、ルートのリクエスト数は約5倍と大幅なアップ率を達成しました

株式会社シェアレストランの代表取締役である武重準氏からも「運用開始から短期間ではありますが、非常に大きな効果を感じることができたので導入して良かったと思っています」と喜びの声を戴きました。

また株式会社シェアレストラン様の事例では、間借りレストランという新しいビジネス形態においてもMEO対策が効果を発揮できることがわかりました。

参考:ロケコネ|間借り形式の飲食店の認知・来店促進の成功事例!吉野家ホールディングスが運営する間借りマッチングプラットフォーム「シェアレストラン」のGoogleマップ活用法

飲食店がMEO対策で効果的に集客を進める方法

飲食店がMEO対策を行い集客を進める方法を具体的に解説します。
MEO対策の長所を引き出すために、以下の流れに沿って対策を進めていきましょう。

1.Googleビジネスプロフィール(Googleマップ)の店舗情報を整備する

Googleビジネスプロフィールに掲載される自店舗の情報は、編集作業を行うと自動的にGoogleマップに反映されます。
検索したユーザーが自店舗の利用を検討できるように店舗情報を整備しましょう

飲食店が最低限記載しておきたい情報は以下の通りです。

  • ビジネス名(店舗名)
  • ビジネスカテゴリ
  • 概要説明文
  • 電話番号
  • Webサイト
  • メニューリンク
  • 所在地
  • 営業時間

ほかにも「バリアフリー対応の有無」「クレジットカード決済の可否」「子ども向け設備の有無」といった情報を掲載できます。
自店舗の特徴やターゲットユーザーに合わせて必要な情報を入力しましょう。

2・写真を活用する

お店で提供している料理やドリンクの写真を投稿して、ユーザーの視覚にアピールします。
お店の魅力がより伝わるように外装や内装写真も掲載するとユーザーの来店意欲を高められるでしょう。

画像を投稿する際は、以下の項目に注意してください。

  • 画像は「JPG」または「PNG」形式のどちらかであること
  • 画像サイズは10KB以上5MBまで
  • 推奨解像度は縦720ピクセル横720ピクセル
  • Googleのコンテンツポリシーに違反していないこと

動画を投稿する際のガイドラインも確認しておきましょう。

  • 動画の時間は最大30秒
  • ファイルサイズは最大75MB
  • 解像度は720p以上であること

参考元:Google|ビジネス プロフィールの写真や動画を管理する

3・店舗情報を最新に保つ

ローカル検索では、検索されるキーワードとの関連性が高いサイトほど上位表示されやすいため、店舗情報は常に最新の状態を保つことが大切です。

特に、「住所」「電話番号」「ビジネスのカテゴリ」に変更があった場合は、店舗への来店率に直接影響するため、なるべく早く更新しましょう。

これらの情報を更新した後は、「出前やイートイン対応の有無」といった飲食店のビジネスに関する詳細な情報を追加して過不足のない情報をユーザーに届けると集客率アップにつながります。

参考元:Google|Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法

4・NAP情報を整える

NAPとは、「Name」「Address」「Phone」の頭文字をとった言葉で、「店舗名」「住所」「電話番号」を指しています。NAP情報を整えるとは、Googleビジネスプロフィールに掲載しているNAP情報を、Googleビジネスプロフィール以外の自社サイトやSNSのNAP情報の表記を同一にすることを意味します。

例えば、正式な店名が「〇〇カフェ」だったとするとGoogleビジネスプロフィールでは「〇〇カフェ」。
ぐるなび掲載されるときは「〇〇Cafe」。SNSでは「カフェ〇〇」といったように、表記がバラバラになっていてはいけません。

NAP情報がバラバラだと店舗を評価するGoogleもそれぞれ違うお店だと認識してしまい、自店舗が正しい評価を受けられなくなるおそれがあるため、必ず表記は統一してください。

5・口コミの数や評価を向上させる

Googleマップで上位表示されるためには、検索キーワードとの関連性以外にも「視認性の高さ」が重要です。

自店舗に投稿される口コミ数やレビュースコアは、Googleが評価する「視認性の高さ」に該当するため、口コミ管理を行って口コミ数やレビュースコアを向上させると、Googleマップの上位表示につながります。

参考元:Google|Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法

6.SNSツールを使ってサイテーションを増やす

Googleマップのランキングを決める要素に「知名度」があります。

知名度はサイテーションの増加によって高まると考えられています。
サイテーションとは、特定の店舗名や企業名などが、ブログや検索エンジン、TwitterやInstagramなどのSNSで言及されることを指します。

飲食店の場合、看板メニューがSNSやブログなどで話題になりサイテーションが増える(獲得する)ケースが一般的です。

サイテーションを獲得手段の1つとして、SNSの活用がおすすめです。

TwitterやInstagramなどのSNSツールは、拡散スピードが早く飲食店の集客に有利なツールのため、SNSを活用して店舗の魅力も発信しサイテーションを増やしていきましょう。

7・自社ホームページとGoogleビジネスプロフィールを連動させる

Googleビジネスプロフィールに自社サイトのURLを設置して、興味を持ってくれたユーザーにより詳しい情報を提供しましょう。

MEO対策では、Googleから提供されたプラットフォームを利用するため、どの店舗も同じような見た目になりがちです。
その分、競合と差別化しにくいといった特徴もあります。

そこで、Googleビジネスプロフィールと自社サイトを連携させることで、自店舗の魅力をユーザーに訴求して来店を促しましょう

飲食店がMEO対策を行う際に確認すべき注意点

MEO対策では主にGoogleマップでの上位表示を目指しますが、GoogleマップはGoogleが管理運営する地図アプリのため、Googleのガイドラインを遵守することは大切です。

また、MEO対策は即効性のある対策ではないため、成果が出るまで対策を継続することも重要になります。

Googleのガイドラインは遵守する

Googleのガイドラインでは、見返りを用意して投稿依頼することを禁止しています。
また、利用していないにも関わらず口コミを投稿する行為もGoogleのガイドライン違反に当たるため、行ってはいけません

Googleのガイドラインに違反しGoogleから不適切なコンテンツと認定された場合、削除の対象となる上に、最悪の場合Googleビジネスプロフィールの運用ができなくなるおそれもあります。

Googleのガイドラインはこちらに詳しい内容が掲載されていますので、目を通しておきましょう。

参考:Google|禁止および制限されているコンテンツ

成果が出るまでに一定の時間がかかる

MEO対策は成果が出るまでに一定の時間がかかるため、Web広告やSNSを使った割引キャンペーンのような即効性はあまり期待できません。

しかし、MEO対策と同じくGoogle検索エンジンで上位表示を目指すSEO対策に比べると、短期間で成果が出やすい集客方法です。

MEO対策を振り返り、実施した施策を分析し改善を行うことで、成果が出るまでの期間を短縮化するべきですが、実店舗を運営しながらMEO対策に取り組める時間の捻出はむずかしく、多くの飲食店の課題となっています

複数店舗運営の飲食店は「ロケーションコネクト」で一括管理・効率化しよう

実店舗の運営とMEO対策の両立や時短化に悩まれる方のために、飲食店のMEO対策に有効な専用ツール「ロケーションコネクト」をご紹介します。

複数店舗を運営しながらMEO対策を行うのは大変

MEO対策はWeb集客を始めたばかりの方でも取り組める集客方法ですが、それでも飲食店のオーナーにとって店舗運営と両立することは大変です。

まして複数店舗を運営すると大きな負担がかかってしまいます。

そこで、MEO対策専用ツール「ロケーションコネクト」の導入をおすすめします。
「ロケーションコネクト」には、店舗情報の更新や口コミ管理といった店舗数が多いほど大変な作業を効率化できる機能が備わっています。

ロケーションコネクトは店舗情報の一括更新ができる店舗集客ツール

ロケーションコネクトは、煩雑になりやすい複数店舗の情報を一括更新も可能なツールです。

例えば、それまで1店舗ずつアカウントを変更して編集していた店舗情報をまとめて更新することができます
また、特定の店舗をグループ化して編集作業に進めるため、作業時間の大幅な削減にも役立つのです。

まとめ

本記事を参考にしてMEO対策に必要な施策を行えば、飲食店の集客はこれまで以上に効率良く進むでしょう。

そしてMEO対策の注意点を守って継続的に運用すれば、成功事例のように検索数や問い合わせ数の増加により、店舗への注目度を高めることも十分に可能です。

この機会にMEO対策ツールも取り入れて店舗集客にかかる負担も軽減させて、店舗運営を今まで以上に安定させましょう。