ブログ

店舗オーナー必見!MEO順位チェックツールの特徴やメリットを徹底解説

自店舗のMEO順位は、GoogleマップやGoogle検索エンジンからの流入数を左右する重要な要素です。
流入数が多ければ多いほど店舗の売上アップも期待できるため、MEO順位を上げたいと考えている店舗オーナーは少なくないのではないでしょうか。
MEO順位を正確に把握し、狙ったキーワードで上位表示させるためには、MEO順位チェックツールの活用が欠かせません。

そこで本記事では、MEO順位チェックツールのメリットデメリットやツールの選び方を詳しくご紹介するほか、無料でできるMEO順位の確認方法も解説します。
MEO順位のチェックと上位表示の両方を可能にする「ロケーションコネクト」もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

MEO順位チェックツールとは

MEOとは、Map Engine Optimizationの略称で、直訳するとマップエンジン最適化となります。
そして、Googleマップに掲載されている自店舗を上位表示させるための対策をMEO対策と呼びます。
MEO順位チェックツールとは、Googleマップ上に掲載されている自店舗の順位をチェックするためのツールです。

Googleマップで自店舗が上位表示されると、検索エンジンからの大幅な流入も期待できるため、自店舗が現在どの位置にいるのかを把握することは非常に大切です。
また自店舗の正確な順位がわかると、対策の成果を確かめることもできます。

そのため、飲食店や美容室といった地域密着型のビジネスを展開している店舗オーナーにとって、MEO順位チェックツールで自店舗の順位を確かめて、効果的な対策方法を探る方法こそ集客の近道になるのです。

さらにMEO順位チェックツールには、自店舗の正確な順位を確認できる機能のほかにも、対策の成果を分析できる機能も備わっています。
自店舗を効率的に上位表示させるために、MEO順位チェックツールを導入しましょう。

MEO順位チェックツールのメリット

MEO順位チェックツールを導入すると、「キーワードごとに自店舗の順位をチェックできる」「インサイトデータを分析できる」といった機能を活用できるようになります。

キーワードごとに自店舗の順位をチェックできる

MEO順位チェックツールなら、キーワードごとに自店舗の順位をチェックできます。
対策中のキーワードの順位を一つひとつ確認できるため、効果の出ているキーワードや注力すべきキーワードを短時間で見つけることも可能です。

自店舗が対策しているキーワードの順位を定期的にチェックすると、対策の効果が出ているかどうかわかるでしょう。
キーワードの順位を正確に早く確認できると、確認作業も効率的に進むため、上位表示までにかかる時間を短縮化することも可能になります。

インサイトデータを分析できる

インサイトデータを分析すると、自店舗が検索された回数や流入経路、自店舗の情報を閲覧した後のユーザーの行動などがわかります。
これまで行った対策の成果を具体的に確認できるため、対応策や改善策の立案にかかる労力を軽減できるでしょう。
また、過去のインサイトデータを再度分析することで、自店舗が他店舗より優れている点や苦手とするポイントも具体的につかめるようになります。

効率的に上位表示を目指せる

MEO順位チェックツールの活用は、自店舗の上位表示を効率化します。
自店舗の順位や対策の成果を可視化してくれるだけでなく対策の改善までサポートしてくれるため、MEO対策にかかる人手や時間の節約につながるのです。

またMEO順位チェックツールは、他のMEO対策ツールとの併用も可能です。
例えば、口コミ管理を得意とするツールと併用すれば、口コミ管理の成果をMEOの順位から正確に確認できるでしょう。
レビュースコアの向上や口コミ投稿数の増加があった際も、具体的な成果を順位の上昇によって確かめられるのです。

MEO順位チェックツールのデメリット

MEO順位チェックツールのデメリットも確認しましょう。

運用コストが発生する

MEO順位チェックツールを運用すると、コストが発生します。ほとんどのMEO順位チェックツールは月額料金制をとっており、毎月決まった固定費がかかります。
契約期間に定めのあるMEO順位チェックツールもあるため、事前にプラン内容を確かめることが大切です。
発生する金額ですが、月額数千円のものから月額1万円を超えるものまで幅広く、活用できる機能やサポート内容によっても金額は上下します。

無料のMEO順位チェックツールも存在しますが、有料のツールに比べて順位を確認できるキーワードの数が限定されていたり過去のデータなどを記録できないなど使い勝手の部分では劣ります。

対応策を自社で考える必要がある

MEO順位チェックツールは、対応策の立案に役立ちますが、具体的な内容は自社で考えなくてはいけません。
もしも、店舗オーナーが自店舗の運営と集客の両方を担当している場合、両方の対策にかかる負担は決して小さくないでしょう。

そこで対応策を効率的に作成するために、日頃から自店舗の強みや弱みを分析したり顧客の要望をリスト化しておくことをおすすめします。
その後にMEO順位チェックツールで得たデータを、自店舗に合った対応策の立案に役立ててください。

MEO順位チェックツールの導入で可能になる施策

MEO順位チェックツールを導入して可能になる施策を具体的に紹介します。

自店舗の順位に応じた対策を立てられる

MEO順位チェックツールを導入すると、自店舗の順位に応じた施策を実行できます。
Googleマップで上位表示を目指す際は、上位3位以内を目指しましょう。
Google検索で表示されるローカルパックには、検索されたキーワードの上位3店舗まで表示されることが多いためです。

上位3店舗以外の店舗を確認するには、「さらに表示」をクリックして他店舗を表示させる必要があり、どうしても上位3店舗よりクリック率が低下してしまうのです。

そこでキーワード別に自店舗の順位を把握したら、上位表示させたいキーワードでの自店舗の順位を確認しましょう。
もしも上位3店舗までに進出していない場合、対策を改善するか別のキーワードで上位表示を狙うことをおすすめします。

ライバル店舗の順位やデータを自店舗の改善に生かせる

MEO順位チェックツールを活用すると、ライバル店舗の順位を確認できます。順位と同時に口コミ数やレビュースコアなどのデータをチェックすれば、自店舗の改善に生かすことも可能です。

上位表示されているライバル店舗がどのようなMEO対策に力を入れているかを確認しましょう。
ライバル店舗の以下のポイントを参考にしてみてください。

  • 上位表示されているキーワード
  • 口コミ数やレビュースコア
  • 口コミへの対応
  • 店舗情報の充実度

ライバル店舗が行っている対策の中に、自店舗が手をつけていない対策があれば、それが自店舗が取り組むべき課題かもしれません。
反対に、自店舗がしっかり対策を行っているにも関わらず上位表示されていなかったり、ライバル店舗が取り組んでいないのに上位表示されているケースなら、「今は結果が出ていなくても、将来的に自店舗の順位が向上する」と捉えることもできるでしょう。

正確な分析レポートを作成できる

MEO順位チェックツールで得たデータは、レポートに転用することもできます。
MEOに関する正確なレポートは、今後の対策の参考になるだけでなく、従業員やビジネスパートナーへ説明する際にも役立つでしょう。

しかし複数店舗を運営している場合や過去に大きく遡ってデータを取得した場合、データ量が多くなりがちです。
それらを手作業で集計したり分類すると、膨大な時間がかかってしまいます。

MEO順位チェックツールなら、入手したデータをツール上で集計・分類することも可能です。
レポート作成にかかる時間や手間も削減できるため、空いた時間を店舗運営や新たな集客方法立案に活用しましょう。

MEO順位チェックツールの選び方

MEO順位チェックツールを選ぶ基準は、「費用対効果」「目的に合った機能」「サポート体制」の3つです。

費用対効果から選ぶ

MEO順位チェックツールを選ぶ際は、集客するために必要な機能と機能に対する費用のバランスを必ずチェックしましょう。
集客が成功して売上が大幅にアップしても、費用がそれを上回ってしまっては意味がありません。
また、費用が安くても思うような集客ができない場合は、料金プランやツールを再考することをおすすめします。

集客に取り組む最終的な目的は、利益を出すことです。
限られたコストで最大限の効果を出せるように、費用対効果の視点からもMEO順位チェックツールをチェックしてみてください。

目的別の機能が備わっているツールを選択する

自店舗の目的に合った機能を備えているMEO順位チェックツールを選択しましょう。

例えば、複数のキーワードで上位表示を目指す場合は、対策できるキーワード数の多い順位チェックツールを選ぶ必要があります。
すでにGoogleビジネスプロフィールを運用してきた方なら、過去に遡ってデータ収集できる機能のある順位チェックツールを選ぶ必要があるでしょう。
また、「まずは自店舗の順位をチェックしたい」「MEO対策を実行するかどうかの参考にしたい」という方なら、無料のMEO順位チェックツールがおすすめです。

自店舗が求める機能を事前に明確にしておくと、自店舗に合ったMEO順位チェックツールを選べるようになります。

サポート体制もチェックする

MEO順位チェックツールの運用をサポートしてくれる体制の有無も、導入前に確認しておきましょう。
特にはじめてMEO順位チェックツールを導入した場合、トラブルや困りごとが発生するおそれがあります。
導入後のスムーズな運用のためにも、サポート体制の有無やサポート内容をチェックしてください。

無料でMEO順位をチェックする方法

無料のMEO順位チェックツールを利用する以外に、無料でMEO順位をチェックする方法をご紹介します。

シークレットモードで自店舗の順位をみる

自店舗のMEO順位は、ブラウザのシークレットモードで確認します。
シークレットモードに設定しないと、過去の検索履歴や閲覧したページの情報を元にした検索結果が表示されてしまいます。
自店舗の順位が本来の位置より上がってしまうケースもあるため、シークレットモードで自店舗の順位を正確に把握しましょう。

シークレットモードの設定方法は、以下の通りです。

【Google Chromeの場合】

画面右上の設定から「新しいシークレットウィンドウを開く」をクリックしてください。

またはショートカットキー「Ctrl+Shift+N」を入力してもシークレットモードに変更されます。

シークレットモードに変更されたら、MEO順位を確認したいキーワードを入力すれば、検索履歴と閲覧履歴の影響を受けていない検索結果が表示されます。

【Microsoft Edgeの場合】
画面右上の設定から「新しいIn Privateウィンドウ」をクリックしてください。

またはショートカットキー「Ctrl+Shift+N」を入力しても、In Privateウィンドウに変更されます。

MicrosoftEdgeの場合、名称はIn Privateですが、中身はシークレットモードと変わりありません。
MEO順位を確認したいキーワードを入力して、自店舗の現在位置を確認してください。

Google広告の広告プレビュー診断を活用する

Google広告プレビュー診断機能も、無料でMEO順位を確認できるツールです。
Google広告の広告プレビュー診断とは、Google広告が正常に表示されているか確認するための機能ですが、特定のキーワードで検索が行われた際のMEO順位もチェックできます。

【Google広告の広告プレビュー診断の活用方法】

  1. Google広告の管理画面を開く
  2. 「ツールと設定」を選択
  3. 「プランニング」を選択
  4. 「広告プレビューと診断」を選択
  5. 「地域」「言語」「デバイス」「検索キーワード」をそれぞれ入力

広告プレビュー診断では、上位3位までの結果しかわかりません。
そのため自店舗が4位以下の場合、正確な順位がわからない点は注意が必要です。
しかし、「地域」「デバイス」に入力する内容によって、それぞれ異なる順位を確認できる点は、Googleプレビュー診断を利用するメリットといえるでしょう。

MEO順位チェックならMEO管理ツール「ロケーションコネクト」がおすすめ!

MEO順位をチェックしたい店舗オーナーは、MEO管理ツール「ロケーションコネクト」の導入を検討してください。
「ロケーションコネクト」は、MEO順位をチェックする機能を完備。そして煩雑になりがちな複数店舗の集客も手厚くサポートします。

複数店舗のデータ収集や分析をサポート

「ロケーションコネクト」は、複数店舗のデータ収集や分析を得意としており、Googleビジネスプロフィールの効率的な運用をサポートします。

集客に有効な機能を備えているGoogleビジネスプロフィールですが、店舗情報を一括で管理できないという欠点も存在します。
例えば、店舗ごとのインサイトデータを確認したい場合、1店舗ずつGoogleビジネスプロフィールにアクセスして確認する必要があるのです。

しかし「ロケーションコネクト」なら、複数店舗のデータを一括で収集・分析できるため、煩雑になりがちな複数店舗の分析を効率化できます。

改ざんを自動修正する機能も完備

突然ですが店舗オーナー以外の第三者が、Googleビジネスプロフィールを編集できることはご存知でしょうか。
Googleユーザーであれば、「ビジネス名」「営業時間」「サービス提供地域」といった情報を、「情報の修正を提案」という項目から編集できてしまいます。
誤った情報の編集は、自店舗の信頼低下につながってしまうため注意が必要です。
参考:Google|Google でビジネス プロフィールを編集する

「ロケーションコネクト」には、自店舗の情報が編集されたときに自動修正する機能があり、万が一自店舗の情報を改ざんされても、すぐに検知して自動で修正します。
複数店舗を運営しているオーナーの場合、定期的に自店舗の情報を確認することは大変な作業です。
「ロケーションコネクト」を活用すれば、情報改ざんされるリスクを低減し空いた時間を別の業務にあてられるようになります。

口コミ管理で店舗のファン化を実現

「ロケーションコネクト」は、口コミ数の増加やレビュースコアの上昇に役立つ口コミ管理機能も完備。投稿された口コミの傾向を分析して、適切な対処方法をサポートするため、顧客のファン化にかかる時間も短縮化できます。
さらに、集客に悪影響を及ぼしかねないネガティブな口コミへの対応も、「ロケーションコネクト」を活用すれば適切に対処可能。機会損失を予防して、顧客の再来店を促すために役立ててください。

まとめ

Googleマップから集客を進めるためには、まずGoogleマップにおける自店舗の順位を把握することが大切です。
キーワードごとに自店舗の順位を把握できたら、注力すべきキーワードを決めて上位表示を目指しましょう。
本記事を参考にして自店舗に合ったMEO順位チェックツールを見つけ出し、店舗運営を黒字化してください。