ブログ

MEO対策業者の失敗しない選び方、依頼のポイントと注意点

実店舗や施設の集客やマーケティングにおいて、MEO対策は非常に有効です。ただ、知識のない店舗スタッフにはハードルが高く、十分な成果を期待するのは難しいでしょう。

そこで、実店舗や施設の経営者にお勧めするのが、MEO対策を専門業者に依頼する方法です。

ここでは、MEO対策業者の失敗しない選び方や依頼する際のポイント、注意点などを解説していきます。

MEO対策業者の失敗しない選び方

MEO対策業者とは、お客様に代わってMEO対策を実施する「代行サービス」を提供している業者を指します。高い専門知識と経験をもとに、質の高いMEO対策を提供します。

MEO対策業者を選ぶ際には、幾つかのポイントがあります。

そこで、失敗しないMEO対策業者の選び方について解説していきます。

実績を確認する

まずは、そのMEO対策業者の実績を確認しましょう。公式ホームページを覗けば、過去のクライアントへの導入事例などが掲載されていることがあります。

確かな実績を持っているMEO対策業者は、MEO対策の知識やスキルを保有している証拠です。安心して検討できるでしょう。

実績を確認する際は、自社と同業種のクライアントでの実績の有無を確認しましょう。

すでに、その業界におけるMEOの知見や経験があるため成果がでやすい、と考えられるためです。

キーワード選定方法の確認

キーワード選定

MEO対策の対象となるキーワードは、大抵はMEO対策業者が選定するものです。

そこで、どのような方法でキーワードを選定しているのかを必ず確認しましょう。

MEO対策の成果は、キーワードの選定による影響が大きいためです。

自社のビジネスと関係性の薄いキーワードで上位表示できても、来店数アップに繋がりません。

MEO対策業者が提案するキーワードに関しては、選定の方法や根拠など細かく確認しなければいけません。

独自ツール利用の有無を確認

MEO対策の独自ツールを開発するには、Google社の承認を受け、Google社提供のAPIを利用する必要があります。

つまり、独自ツールを利用している業者は、MEO対策の技術力や実績が担保されていると言えるのです。

効果測定の方法を確認

また、業者が実施するMEO対策の成果を、その業者どのように判定するかも確認しましょう。判定方法によって、代行サービスの成果の基準が異なってくるためです。

MEO対策は、特定の「エリア」において、対象の「キーワード」が上位表示されて初めて意味が生まれます。

単にキーワードが上位に表示されて「効果が出た」と主張されても、実店舗の経営者にとっては何のメリットもないのです。

MEO対策業者に依頼する際のポイント

MEO対策業者の選定ポイントを理解したところで、次は実際に依頼する際の注意点について解説していきます。

非常に数多くのMEO対策業者がいるなかで、成果を上げるつもりのない「悪徳業者」が存在するのも事実です。

失敗しないためにも、業者に依頼する際のポイントを理解しましょう。

費用は適切であるかを確認

必ず確認しなければいけないのが、業者が提示した費用の「妥当性」です。

しかし、MEO対策に関する知識がない実店舗・施設の経営者にとっては、業務内容に対する費用の妥当性を判断するのは難しいものです。

他のMEO対策業者のサービス費用と比較するなどして、妥当性を確認しましょう。

契約形態を理解する

契約形態

また、MEO対策業者が提供するサービスの契約形態を正しく理解するようにしましょう。

たとえば、固定報酬型の契約形態であれば、最低6ヶ月間からの長期契約が一般的です。その間はMEO対策の成果がでなくても、月額費用が固定で発生します。

MEO対策業者が定めている契約形態を正しく理解して、自社にあったサービスを選びましょう。

目的を明確にする

MEO対策を業者に依頼する目的を明確に定めておきましょう。目的が明確でなければ、プロジェクト自体の成果が曖昧になってしまうためです。

たとえば、Googleマイビジネスの店舗情報へのアクセスを増やす、というような目的です。

さらに、具体的な数字でMEO対策の目標を定めましょう。たとえば、「エリア名+特定キーワード」検索で上位3位内に表示させる、というような目標数値です。

自社の専任担当者を決める

実質的なMEO対策は業者に任せるとしても、自社で何も実施しない訳ではありません。

たとえば、業者の担当者との打ち合わせやミーティング、成果報告会などに参加して、プロジェクトを進めていくことになります。

そこで、自社の専任の担当者を決めると、MEO対策業者との連携がスムーズになり効果的です。プロジェクトの成功に向けて、社内の体制を整えましょう。

MEO対策は実店舗の集客アップに効果的

集客アップサービス

なぜ、MEO対策は実店舗の集客アップに効果的なのでしょうか。

それは、ネット環境の発展やスマートフォンの普及といった、時代的な背景も大きく影響しているといえます。

たとえば、外出先で飲食店などを、スマートフォンから検索した経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。その検索結果の上位に自社の飲食店名が表示されれば、来店する確率が高まるのはいうまでもありません。

しかし、この検索結果の「上位に表示される」というのが非常に大変なのです。

ただ単に、MEO対策ツールを活用するだけでは、上位に表示されるのは困難です。検索キーワードの絞り込みや、検索順位やアクセスの分析、他社との差別化というようなスキルの高い業務が求められるためです。

だからこそ、スキルのない飲食店や美容室などは、コストをかけて専門業者にMEO対策を任せるのです。

弊社の「MEO対策サービス」は、7,000店以上もの店舗集客を支援してきた経験をもとに、お客様に代わってMEO対策を実施するサービスです。

特定のキーワードでの検索順位を上位に上げて、店舗の検索数や来店数を確実に向上させていきます。

すでに、多くの実店舗において成果が上がっており、その具体的な導入事例も公開しております。この導入事例とあわせて、「MEO対策サービス」の詳細は、以下のページよりご確認ください。

→『MEO対策サービス』をチェック

MEO対策業者に依頼した場合の注意点

ここからは、実際にMEO対策を業者に依頼した後、自社が注意するべき点について解説していきます。

MEO対策を任せきりにしない

MEO対策をアウトソースしたからといって、専門業者に任せきりにしてはいけません。自社で実施できる集客の施策も数多く存在するためです。

たとえば、Googleマイビジネスでのコンテンツ投稿や情報発信といった業務です。Googleマイビジネスの定期更新はMEO対策に有効なため、代行サービスの成果に加えて、さらなる効果が期待できるでしょう。

知識やノウハウの吸収

専門業者のMEO対策サービスを受けながら、MEO対策に関する知識やノウハウを吸収することを意識しましょう。

MEO対策業者が行っている施策は、豊富な知識と経験に基づいた質の高い対策である可能性が高いためです。

質の高いMEO対策のサービスを受けながら、それを学ぶことができると考えれば、MEO対策の代行サービスは非常にコスパが良いといえるのではないでしょうか。

効果測定の確認

業者が実施しているMEO対策の進捗や効果測定は、必ず確認するようにしましょう。

一般的には、MEO対策業者から「月次レポート」によって報告を受けたり、定例ミーティングを設けて成果を確認したりします。

効果測定の結果が思わしくなければ、業者に改善案を提案してもらうなどして、プロジェクトの目標達成に向けてアクションを取らなければいけません。

業者の評価を実施する

業者の評価

自社のMEO対策における目標達成に向けて、依頼しているMEO対策業が信頼できるパートナーであるかを判断しましょう。

MEO対策の代行サービスを利用している目的は、もちろん自社のMEO対策の強化です。

具体的には、実店舗への来店数や売上が向上するといったビジネス上での成果です。

このような成果が望めないような代行サービスであれば、他のMEO対策業者に変更することも検討しなければいけません。

実際に現れているMEO対策の成果や、プロジェクトメンバーとの相性などから客観的に判断しましょう。

自社対策への準備、長期計画

多くの飲食店などが取り組んでいない施策が、自社対策への準備です。将来的にMEO対策業者へ依頼しなくても、自店舗でMEO対策を実施できるようになるための準備です。

前述したとおり、MEO対策の代行サービスを受けながら知識やノウハウを吸収し、そのスタッフを中心に自社対策の体制作りを計画するのです。

MEO対策の代行サービスは長期的な契約になることが一般的なため、本業の業務を進めながら徐々にスキルアップすることは可能です。数名のスタッフにMEO対策の知識や経験を積ませておくだけで、将来の大きな財産になることは間違いないでしょう。

Googleマイビジネスの運用に必要な要素

集客アップサービス

多くの実店舗や施設の経営者がMEO対策のツールとして利用しているのが、Google社が提供している「Googleマイビジネス」です。

Googleマイビジネスに登録した店舗情報は、Google検索やGoogleマップの検索結果に反映されるため、非常に高いMEO対策の効果があります。

しかし、Googleマイビジネスに店舗情報を登録するだけでは、一般のキーワードでは検索結果に表示すらされないでしょう。おそらく、同業他社の飲食店がズラッと並ぶはずです。

上位表示されるには、ここで解説してきた「MEO対策」と同様に、深い知識や経験をもとに適切にGoogleマイビジネスを運用しなければならないのです。

そこで、実店舗や施設の経営者にお勧めするのが、MEO対策と同様にGoogleマイビジネスの運用をアウトソースする方法です。

弊社の「Googleマイビジネス運用サービス」は、お客様に代わってGoogleマイビジネスの全運用を実施するサービスです。

基本的なMEO対策の設定はもちろん、コンテンツ発信からデータ分析、口コミの管理などをお客様に代わって実施します。7,000店以上もの店舗集客の支援をしてきた経験をもとに、質の高いMEO対策を提供します。

「Googleマイビジネス運用サービス」の詳細は、以下のページよりご確認ください。

→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック