ブログ

MEO対策とは?具体的な進め方と集客のポイントを解説

実店舗や施設の経営者が頭を悩ませるのが、集客対策ではないでしょうか。売上を安定させるためには、継続的にお客様が来店しなければいけません。

そして現在、実店舗や施設の集客施策として、注目されているのがMEO対策です。

そこで、ここではMEO対策の基本や具体的な進め方、MEO対策で集客をアップさせるための秘訣について解説していきます。

MEO対策とは

MEO対策とは、ネット検索やマップ検索の結果において、上位に表示されるための施策です。MEOは「Map Engine Optimization」の頭文字をとった略称であり、日本語では「マップエンジン最適化」と訳されています。

具体的には、GoogleマイビジネスなどのMEO対策ツールやホームページ、ソーシャルメディアなどの媒体を活用して、自社の店舗情報が上位に表示されるように最適化する施策を指します。

MEO対策によって、マップ検索の上位に表示されれば、実店舗や施設の情報がクリックする確率は高まります。クリック数が増加するほど、来店するお客様も増えるため、集客の効果が期待できるのです。

ローカル検索とは

外出先で飲食店などを探すとき、スマートフォンを使って近くの店舗を探したことは誰にでもあるのではないでしょうか。このとき、「地域名+業種名」というようなキーワードで、多くの人が検索します。

この「地域名+業種名」で検索することを、ローカル検索といいます。そして、MEO対策とは主に、このローカル検索において上位に表示されることを目的としています。

たとえば、新宿駅前でラーメン店を探しているときは、「新宿駅 ラーメン」というキーワードで検索するでしょう。

このローカル検索によって、Google社の地図アプリ「Googleマップ」で検索した場合の結果が以下になります。
 
例)表示される店舗情報(Googleマップアプリ)

(出典:Googleマップ 地図データ©2021)
 
 
このように、新宿駅前付近の地図上にラーメン店の所在地が表示され、幾つかのラーメン店舗情報がピックアップされます。これらの情報に掲載されるための取り組みが、MEO対策なのです。

MEO対策ツール Googleマイビジネス

なお、Google検索やGoogleマップ(アプリ)の検索結果に表示される店舗情報は、Googleマイビジネスに登録した情報が掲載されます。

Googleマイビジネスとは、Google社が提供するMEO対策ツールです。実店舗や施設の店舗名や所在地、営業時間といった情報を登録できます。

たとえば、下記の画像のように、ラーメン店の店舗概要や料理の写真、テイクアウトの有無というような情報が検索結果に表示されます。
 
例)表示される店舗情報(パソコン)

(出典:Googleマップ 地図データ©2021)
 
 
Googleマイビジネスは、Googleの検索結果にダイレクトに影響するため、多くの飲食店や施設の経営者がMEO対策に活用しています。

このGoogleマイビジネスの活用を始めることが、MEO対策の第一歩と言っても良いでしょう。

MEO対策の効果、メリット

それでは、実店舗や施設の経営者がMEO対策に取り組むことで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

ここでは、具体的なMEO対策のメリットについて解説していきます。

来店数アップ

先程も説明したとおり、マップ検索などで上位に表示されることで、お客様が来店する確率が高まります。これにより、実店舗や施設への来店数の増加が見込めます。

また、Googleマイビジネスのみならず、ホームページやSNSを充実させておくことも集客アップに繋がります。Googleマイビジネスの店舗情報から、SNSなどに移動して来店を決意する検索ユーザーも多いためです。

知名度の向上

検索結果の上位に表示されれば、多くの検索ユーザーの目にとまるため、飲食店などの知名度の向上に繋がります。

たとえば、直接の来店に繋がらなかったとしても、「新宿駅前にあるラーメン店」という情報を検索ユーザーに認識させることができます。

また、Googleマイビジネスに魅力的なメニューの写真を掲載しておけば、それを見た検索ユーザーに「いつかは行ってみたい」と思わせることもできるでしょう。

高い費用対効果

MEO対策は、非常に高い費用対効果と言うことができます。GoogleマイビジネスやSNSといったツールは、無料で利用できるためです。

適切にMEO対策を実施すれば、無料で集客アップを実現できるうえに、売上の向上も期待できるのです。非常に優れたコストパフォマンスといえるでしょう。

なぜ、MEO対策を実施する必要があるのか?

従来のチラシ配布や広告といった集客方法があるなかで、なぜMEO対策を実施する必要があるのでしょうか。

ここでは、実店舗や施設の経営者が、MEO対策を実施するべき理由について解説していきます。

モバイル検索ユーザーの増加

MEO対策が注目されている理由として、モバイル端末(スマホ、タブレット端末など)が普及したことが挙げられます。インターネットの通信環境も発達し、簡単に外出先でモバイル検索できるようになりました。

たとえば、旅行先などで飲食店などを探すときに、Googleマップなどを利用して探す人が圧倒的に多いのです。

だからこそ、マップ検索結果の上位に表示されるためのMEO対策が、現代の店舗集客には最適とされているのです。

アクティブユーザーへの訴求が可能

モバイル検索ユーザーにアプローチする方法は、非常に効率の良い集客方法です。モバイル検索ユーザーは、来店の可能性が高いアクティブユーザーであるためです。

アクティブユーザーとは、来店する可能性が高い見込み客のことを指します。

先程のように「新宿駅前にあるラーメン店」」を探しているユーザーは、いずれかのラーメン店に食事にいくユーザーです。このような、来店する可能性が高い見込み客にアプローチできるため、効率の良い集客方法なのです。

来店を促す情報の提供が可能

MEO対策ツールであるGoogleマイビジネスを活用することで、検索ユーザーの来店を促せる情報の提供が可能です。MEO対策の大きな効果といえます。

たとえば、ラーメン店であれば、「写真」とともに「メニュー」の情報を検索ユーザーに提供することができるのです。

 
例)表示される店舗情報(Googleマップアプリ)

(出典:Googleマップ 地図データ©2021)
 
 

魅力的な料理の写真や画像、特徴の説明文などは、検索ユーザーを惹きつけるため、集客に大きな効果があるのです。

MEO対策で集客アップを実現するには

集客アップサービス

実店舗や施設経営のMEO対策は、Googleマイビジネスなどの無料のツールで始められるため、ハードルは低いといえます。

しかし、どのような店舗も取り組めるため、MEO対策の競争は激しく、集客アップを実現できるのは難しいのです。

実際に、Googleマイビジネスに登録を行っただけで、全く集客の成果が現れていない企業は多いです。

MEO対策で集客アップを実現するには、上位に表示させるための検索エンジンの仕組みやアルゴリズムの理解、マーケティングの知識や経験などが必要になります。

ただ、このような人材は、少人数で営業する飲食店などにはいないでしょう。そこで、お勧めするのが、MEO対策を専門業者にアウトソースする方法です。

弊社の「MEO対策サービス」は、お客様に代わってMEO対策を実施するサービスです。7,000店舗以上の集客支援の経験をもとに、Googleマイビジネス経由でのアクセスや来店数のアップを実現します。

弊社が提供する「MEO対策サービス」の詳細は、以下のページよりご確認ください。

→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック

MEO対策の進め方と集客のポイント

MEO対策の具体的な始め方は、以下の4つに分けることができます。

1.Googleマイビジネスへ登録
2.店舗情報の充実
3.コンテンツの投稿
4.外部での情報発信

それぞれの詳細を解説していきます。

1.Googleマイビジネスへ登録

前述したGoogleマイビジネスへの登録が、MEO対策の第一歩となります。

実店舗や施設の経営者で、まだGoogleマイビジネスに登録していない方は、今すぐに利用を始めたほうが良いでしょう。

なお、Googleマイビジネスに登録するには、実店舗や施設のオーナーであることを証明するための「オーナー確認」が必要です。

Googleマイビジネスへの登録やオーナー確認については、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

2.店舗情報の充実

Googleマイビジネスでは、店舗の基本情報だけではなく、提供サービスや支払い方法などの付帯情報も登録できます。

これらの情報は、他の店舗との差別化になりため、集客に繋がる可能性が高いのです。そのため、必ず充実させましょう。

たとえば、特定の時間のみテイクアウトを実施しているのであれば、その営業時間も個別に表示させるようにしましょう。
 

 
新型コロナの影響により、イートインでの飲食をためらっているお客様がいたとしても、テイクアウトの時間に間に合うことが分かれば、集客の確率も高まります。

また、店舗の内観や外観の写真をアップしたり、ホームページやSNSなどへのリンクも設定したりすることもできます。様々な情報をユーザーに提供して、来店する確率を高めていきましょう。

なお、Googleマイビジネスでテイクアウトが可能であることをアピールする方法については、以下の記事で解説していますので、参考にしてください。

3.コンテンツの投稿

Googleマイビジネスでは、店舗情報を登録するだけでは上位に表示されません。

定期的にコンテンツを更新することで、登録のアカウントと店舗情報が評価され、上位に表示される仕組みになっているためです。

継続的にコンテンツを投稿することが、集客に繋がるのです。店舗内で担当のスタッフを決めるなどして、上手にGoogleマイビジネスを運用していきましょう。

4.外部での情報発信

最後のステップが、Googleマイビジネス以外の媒体の活用です。

たとえば、自社のブログやTwitter、Instagramなどでも店舗の情報を発信しましょう。これらの情報は、Google検索の結果に表示されるため、さらなる集客効果が期待できます。

Googleマイビジネスの運用スタッフに悩んだときは

集客アップサービス

Googleマイビジネスで集客アップを実現するには、コンテンツ発信の他にも、やるべき業務が数多く存在します。

たとえば、アクセス状況のデータ分析です。

どのようなキーワードで検索して、どのような情報を閲覧しているのかを分析するのです。この分析の結果を反映させて、コンテンツの質を高めていくのです。

ただ、このような業務にはMEOの知識や経験が不可欠であり、飲食店などではハードルが高いといえるでしょう。

このような実店舗の経営者にお勧めするのが、Googleマイビジネスの運用を外部に任せてしまう方法です。

弊社の「Googleマイビジネス運用サービス」は、お客様に代わってGoogleマイビジネスの全運用を実施するサービスです。

コンテンツ発信の代行やデータ分析、口コミへのアドバイスまでを実施します。

サービスの詳細は、以下のページからご確認ください。
 
→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック