ブログ

自分でできるMEO対策の始め方、注意点と集客のポイント

飲食店などの実店舗の集客において、非常に注目されているのがMEO対策です。なかには、専門の業者に依頼して、MEO対策を進めている飲食店もあるほどです。

しかし、MEO対策には自分で実施できて、効果の出やすい施策も十分にあります。

そこで、ここでは自分でできるMEO対策の始め方や注意点、集客のポイントなどについて解説していきます。

自分でできるMEO対策の始め方

自分で実施できるMEO対策としては、Googleマイビジネスの活用がメインになります。

Googleマイビジネスとは、Google社が提供しているMEO対策ツールであり、多くの企業が利用している信頼できるツールです。

無料で利用できるため、自分でMEO対策を始めたい方には最適です。大まかな流れとしては、下記の6ステップになります。

1.Googleマイビジネスへ登録
2.店舗情報の充実
3.コンテンツの投稿
4.口コミ投稿の促進
5.キャンペーンやクーポンの活用
6.外部での情報発信

それぞれの詳細を解説していきます。

1.Googleマイビジネスへ登録

まずは、Googleマイビジネスにアカウントを登録することです。Googleのアカウントを保有していれば、誰でも自社の店舗情報を登録できます。

このGoogleマイビジネスに店舗情報を登録することで、下記のようにGoogle検索の結果に表示されます。
 
例)「札幌 ラーメン」での検索結果

上記のように、「地名+業種名」で検索した際に店舗名が表示されることで、お客様が来店する確率が高まるという訳です。これが、MEO対策の基本といえるでしょう。

なお、Googleマイビジネスの登録方法や操作手順などについては、下記の記事で詳細を解説しておりますので、参考にしてください。

2.店舗情報の充実

アカウントの登録が完了したら、店舗情報を充実させましょう。店舗の基本情報は、アカウント登録の際に入力しますが、それ以外にも項目がありますので、登録していきます。

具体的には、「商品メニュー」や「店舗内の写真」、「テイクアウト可」「決済手段」というような情報です。

これらの付帯情報を充実させることで、Googleマイビジネスの店舗情報はより魅力的になります。

なお、店舗情報の各項目の入力のポイントについては、下記の記事で詳細を解説しておりますので、参考にしてください。

3.コンテンツの投稿

飲食店でできた新メニューや割引サービスなどを、Googleマイビジネスの投稿機能を使って情報発信できます。

検索したユーザーの目にとまれば、興味を高めることができ来店に繋がります。MEO対策の成果を高めるうえで、コンテンツの投稿は重要視されています。

4.口コミ機能の活用

Googleマイビジネスには、無料で利用できる口コミの機能が備わっています。

たとえば、来店したお客様が「料理の感想」などを投稿できたりします。

また下記のように、お客様の投稿に対して、店舗スタッフが返信することもできます。
 
 

5.キャンペーンやクーポンの活用

Googleマイビジネスには、店舗がキャンペーンやクーポン割引のイベントに対応した投稿を行えます。

たとえば、クーポン割引であれば、下記のように「クーポンコード」を発行して、お客様を集客することができます。
 
 

6.外部での情報発信

Googleマイビジネスだけではなく、他の媒体でも情報発信を行い、MEO対策の効果を高めることができます。

具体的には、自社のホームページやブログ、SNSやなどでの情報発信です。

「地名+業種名」で検索した際に表示されれば、Googleマイビジネスと同様に、来店に繋がることが期待されます。

自分で行うメリット&デメリット

自分でできるMEO対策について、6つの施策について解説してきました。

しかし、専門業者にMEO対策を依頼する企業も多いです。自分で実施する場合と、どのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、MEO対策を自分で実施した場合のメリットとデメリットを解説していきます。

自分で行うメリット

自分で実施する場合は、何と言ってもコストを抑えられる点です。専門業者に依頼すれば、月額2万円~費用が発生するのが相場となっています。

また、自社でGoogleマイビジネスを運用するため自由度が高く、様々な施策にも迅速に対応できる点も大きなメリットでしょう。

自分で行うデメリット

最大のデメリットは、MEO対策にかかる労力です。前章で説明したとおり、自分で実施できるMEO対策は多岐にわたります。これらの施策を実施していくには、相当な労力と時間を使わなければいけません。

また、十分な集客の成果を上げるには、MEO対策やWebマーケティングの知識や経験が必要となります。このような人材を雇うのは、数名のスタッフで経営する飲食店などにとっては困難であり、大きなデメリットといえます。

上位表示で確実に集客アップを実現するには

集客アップサービス

MEO対策とはGoogleマイビジネスの機能を活用して、特定のキーワードを上位に表示させることです。スマートフォンなどで検索するユーザーが増えた現在では、非常に効果がある施策です。

たとえば、外出先などで飲食店を探すときに、地図アプリなどで近くの店舗を検索した経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。このとき、上位に表示された店舗ほど、注目されるのはいうまでもありません。

ただ、ひとことで「キーワードを上位に表示させる」といっても、その目標はハードルが高く、MEOの知識や経験が必要不可欠です。

たとえば、自社が狙っているキーワードと対象エリアにおいて、店舗情報が表示されないとします。この場合、独自ツールなどを利用してキーワードの順位をチェックし、競合他社の順位と比較のうえ、MEO対策の方針を改善していかなければいけません。

数名のスタッフで経営する飲食店などでは、このような対策が取れる人材はいるはずもありません。そこでお勧めするのが、MEO対策をアウトソースする方法です。

弊社の「MEO対策サービス」は、知識や経験の乏しい飲食店の経営者に代わって、MEO対策を実施するサービスです。

お客様に適したキーワードを提案し、豊富な知識にもとづいたMEO対策により上位表示を実現します。「MEO対策サービス」の詳細は、以下のページよりご確認ください。

→『MEO対策サービス』をチェック

MEO対策 集客のポイント

自分で実施できるMEO対策を紹介してきましたが、単にこれらを実施していれば良い訳ではありません。

MEO対策により集客を実現するには、幾つかのポイントがあります。

そこで、ここでは集客のポイントについて解説していきます。

コンテンツの定期更新

Googleマイビジネスのコンテンツは、定期的に更新するとMEO対策では効果的です。定期的に更新されている店舗情報は、上位に表示されやすくなるためです。

たとえば、店舗の営業時間が変更になったのであれば、迅速にGoogleマイビジネスに反映させましょう。古い情報のままにしておくと、お客様とのトラブルにもなりかねません。

また、店舗のスタッフが頻繁に情報を更新していれば、それを見た検索ユーザーは信頼感を抱くでしょう。当然ながら、来店に繋がりやすくなるのです。

なお、定期的な投稿のメリットや注意点などについては、下記の記事で詳細を解説しておりますので、参考にしてください。

口コミ投稿の促進

Googleマイビジネスに投稿された口コミは、その内容や件数を誰でも閲覧することができます。口コミ件数が多い飲食店は、人気店であることの証明になるため、口コミを増やすための工夫をしましょう。

また、口コミの件数が増えると、その店舗情報はGoogle検索の上位に表示されやすくなるのです。Googleマイビジネスの公式サイトでも、下記のように明言されています。

【Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。】

引用元:Googleマイビジネスヘルプ「Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する」
https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja&ref_topic=4854129#

なお、口コミの増やし方や注意点などについては、下記の記事で詳細を解説しておりますので、参考にしてください。

Googleマイビジネスの運用には知識と経験が必要

集客アップサービス

前述したとおり、コンテンツを定期的に投稿することで、上位に表示されやすくなると言われています。しかし、闇雲にコンテンツを投稿しても意味がありません。

ターゲット顧客の関心や地域エリアを意識したキーワードをもとに、コンテンツを作成していく必要があります。つまり、MEO対策を意識しなければいけないのです。

しかし、MEO対策を理解したうえでGoogleマイビジネスを運用していくには、MEOはもちろん、Webマーケティングなどの豊富な知識と経験が必要です。

少人数で経営する飲食店にとっては、そのようなスタッフがいるのは稀でしょう。そのような方にお勧めするのが、Googleマイビジネスの運用をアウトソースする方法です。

弊社が提供する「Googleマイビジネス運用サービス」は、お客様に代わってGoogleマイビジネスの全運用を行い、来店数や売上アップに貢献するサービスです。

基本的なGoogleマイビジネスの設定はもちろん、アクセスデータの分析からコンテンツ発信、口コミ対応へのアドバイスまでを実施します。

すでに、多くの実店舗で成果が出ている「Googleマイビジネス運用サービス」は、以下のページよりご確認ください。
→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック