ブログ

MEO代理店の選び方とは?後悔しない6つのポイント

本記事は「MEO代理店に依頼するのが不安」「MEO代理店選びで後悔したくない」という店舗オーナー様に役立つ内容です。

Googleマップの検索結果で自社店舗を上位表示させるMEO対策は、集客に重要な対策の1つ。MEO代理店に依頼すると、一定の費用が発生しますが、自社の希望に合わせたMEO対策を行ってもらえるため、大幅な集客率アップを期待できます。

そこで本記事では、MEO代理店選びに失敗しないために、本記事ではMEO代理店の選び方について6つのポイントに絞って徹底解説していきます。MEO代理店のメリットデメリットも紹介しますので、今後の店舗運営の参考にしてください。

MEO代理店に依頼する理由とは?

店舗運営が忙しいオーナーにとって、MEO対策を一から学ぶのは決して楽な作業ではありません。MEO代理店に依頼すると、MEO対策のプロフェッショナルが集客に最適な施策を代行してくれます。

MEO代理店は集客に最適な対策を代行してくれる

Googleマップで上位表示するためには、上位表示を狙うキーワードのボリュームや地域の競合先の数など、さまざまな要素を検討しなければいけません。店舗オーナーの希望も確認しながら、より上位表示しやすい対策を考案して実施する必要があります。

そのように店舗ごとに実施すべき対策が異なる中で、最適な対策を考案して実施。実施後の評価も行い、改善案まで提示してくれるのがMEO代理店になります。

MEO代理店の中には、数千社以上の集客支援を行ってきた代理店もあります。実績のある代理店なら、自分の店舗に最適な対策を代行してくれるでしょう。

実店舗の運営とMEO対策の両立はむずかしい

MEO対策を行うのに、専門資格は必要なく、パソコンの基本操作ができればどなたでもはじめられます。書籍やWebサイトでも、MEO対策を詳しく解説したものがあるため、独学で学んでいくことも可能です。

しかし、実店舗の運営を行いながら勉強して対策を進めていくことは非常に大変です。対策を行っても思うように順位が伸びなければ、改善方法も自分で考えなくてはいけません。

店舗のサービスの質を落とさないためにも、MEO対策を専門家に依頼する方法をおすすめします。

MEO代理店に依頼するメリットとデメリットとは?

MEO代理店に依頼するメリットとデメリットを確認しましょう。

MEO代理店に依頼するメリット

提供する商品やサービスの品質向上に時間を充てられる点が大きなメリットです。

MEO対策では、Googleマップに掲載する店舗の情報を更新したり口コミを確認・返信したりと、定期的に取り組む作業があります。それらの業務から開放されると、本業であるサービス提供に集中できるようになります。

そして、これまで店舗運営とMEO対策の両方を行ってきた方なら、空いた時間をサービス改善だけでなく、家族と過ごす時間や休養にも使えるようになり、プライベートの時間も十分に確保できるでしょう。

MEO代理店に依頼するデメリット

MEO代理店選びで失敗しないためには、質のよい代理店を選ばなくてはいけません。

しかし、MEO対策についての知識が少な過ぎると、良質な業者と悪質な業者を見分けられない可能性があります。悪質な業者は、提供するサービスより多額な費用を要求してきたり、必要以上の契約期間を提示してきたりするため、顧客確保の機会を損失するばかりか店舗運営に悪影響を及ぼします。

しかし、店舗側にある程度のMEOに関する知識があれば、不審な点に気づけるようになるため悪質な業者を選ばずに済むのです。

MEO代理店選びで後悔しないための6つのポイント

代理店選びで後悔しないために、以下の6つのポイントを確認してください。いずれも重要項目ですので、全てのポイントを満たしている代理店を選ぶようにしましょう。

1.どんなことを代理してくれるか

MEO代理店選びでは、代行してくれる業務範囲の確認が大切です。Googleマップで上位表示するために重要な対策は、上位表示を狙えるキーワードの選定、Googleビジネスプロフィールの最適化、口コミの管理になります。

上位表示を狙えるキーワードの選定では、検索ボリュームが鍵となります。検索ボリュームとは、そのキーワードが検索エンジンで検索されている回数を指し、検索ボリュームが大きければ、多くの集客を見込める反面競合が増えるといった特徴があります。

検索ボリュームが大き過ぎると上位表示が困難になるため、店舗の集客したいターゲットに合わせたキーワードを提示できる代理店を選びましょう。

Googleビジネスプロフィールの最適化では、店舗情報などを正しく掲載し、Googleマップを利用するユーザーが選びやすいように情報を掲載します。必要な情報が網羅されている店舗は「視認性が高い」としてGoogleの評価が上がる傾向にあるのです。

また、Googleは、口コミの数や評価も重要視しています。口コミの数や評価は、検索結果の順位に重要な「視認性の高さ」につながるため、上位表示に欠かせない要素です。

参考元:Googleマップ|ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み

「上位表示を狙えるキーワードの選定」「Googleビジネスプロフィールの最適化」「口コミの管理」は、いずれもMEO対策では必須項目のため、対応していない代理店は避けるようにしましょう。

2.MEOによる集客実績があるか

MEO対策を行って、実際に集客できた実績の有無を確認しましょう。実績を公開していない代理店の場合、公表できる実績がない可能性もあります。

自社のホームページに過去の実績を公表している代理店が多いため、まずはホームページから集客実績を確認してください。

そして、集客につながるキーワードで上位表示ができたのかも確認しましょう。あるキーワードで上位表示できても、それが集客につながらなければ対策の意味がありません。MEO対策の前後でどのくらい集客率が変化したのかを確認できるとさらによいでしょう。

上位表示を獲得できたキーワードについて、選んだ理由まで説明できる代理店なら、MEO対策を熟知しているといえます。

3.自社の方針に合う料金プランを提示してくれるか

料金プランを複数提示してくれて、自社の方針に合わせたプランを選択できるかどうかも大切な要素です。1つのプランを強引に勧めてくる代理店の場合、契約後もスムーズな取引ができない可能性があります。

MEO代理店の料金プランは、主に「固定報酬型」と「成果報酬型」の2つにわかれます。

固定報酬型は、成果に関わらず一定の費用を支払うプランです。対策内容に関わらず一定の費用を支払うため、予算を立てやすい点がメリットです。ただし、満足できる成果が出なくても、費用は必ず支払わなければいけません。

成果報酬型は、成果分を支払う料金プランです。成果に応じて料金を支払うため、成果を確認してから料金を支払えるメリットがあります。ただし、上位表示される日数に加算して費用が大きくなるプランもあり、固定報酬型より費用が高くなるケースもあります。

MEO代理店選びの際は、自社の方針に合った料金プランを提示できるMEO代理店を選びましょう。

4.口コミ対応は迅速か

口コミの評価はユーザーの来店率を左右します。Googleマップの星評価が2.9以下の場合、約6割のユーザーが来店をやめると答えたアンケート結果もありました。

参照元:HOSHITORN|Googleマップの口コミ管理をしていないオーナー様は、今、大きな機会損失をしているかも…

そのため、口コミ対応をしっかりと行えるMEO代理店の中から、口コミ対応が迅速な代理店を選ぶ必要があるのです。

万が一、根拠のない誹謗中傷や悪意のある口コミが投稿されたら、運営に悪影響をあたえるおそれがあります。報告を行ったら迅速に対応してくれるMEO代理店を選びましょう。

5.独自のツールを持っているか

MEO対策の成果を評価できる独自のツールを持っているMEO代理店を選びましょう。

Googleマップの順位を確認できる自社ツールを持っている代理店なら、MEO対策のノウハウを身につけていると考えられます。

弊社ではMEO対策の提供の際に「on map eye」というMEO順位計測ツールを無料でご提供しています。MEO対策の進捗状況を確認するのにピッタリなツールですので、ご契約の際はぜひご活用ください。

6.円滑にコミュニケーションができそうか

MEO対策は、効果が出るまでにおよそ6ヶ月ほどかかると考えられています。そのため、契約後も円滑にコミュニケーションが取れる代理店を選びたいところです。

メールや電話で連絡してからのレスポンスが早ければ、問題の早期解決も期待できます。店舗側の希望や質問に丁寧に対応してくれる代理店なら、普段のコミュニケーションでストレスを感じずに済むでしょう。

代理店担当者とのコミュニケーションも、代理店選びの参考にしてみてください。

選んではいけないMEO代理店とは?

代理店選びで後悔しないために、選んではいけないMEO代理店の特徴を確認しましょう。

Googleのガイドラインを遵守していない

Googleのガイドラインを遵守しない施策は、たとえ上位表示できても、ペナルティを受ける可能性が高いです。最悪の場合、アカウントの停止や削除によって、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の運用ができなくなる恐れがあります。

例えば、顧客に口コミ投稿の見返りを渡す行為や、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の店舗名(ビジネス名)にお店の名前以外を入力する行為は、Googleのガイドライン違反です。

ガイドラインを遵守していない代理店はくれぐれも選ばないでください。

施策や予算の根拠が曖昧

施策や予算の根拠を明示できるMEO代理店を選びましょう。

施策の根拠を提示できる会社ほど、MEO対策のノウハウを持っていると考えられます。反対に、その施策を勧める根拠を説明できないMEO代理店の場合、MEO対策が成功するか確信が持てないだけでなく、成果が出ない場合に追加予算を請求されるおそれもあります。

契約期間は適切か

MEO対策の効果が出るまでに、およそ6ヶ月ほどかかると考えられています。しかし、1年以上の長期的な契約を強く勧めてくる代理店には注意してください。

成果が出なかったり代理店との付き合いに不満があったりして、解約を申し出たくても、途中解約ができなくなる可能性があります。仮に長期的な契約を提示された際は、契約期間の根拠の説明を必ず確認してください。

まとめ

MEO代理店選びを適切に行うと、店舗運営に取り組みながら、Web集客を無理なく進められるようになります。

効率的に集客を行いたい店舗オーナーは、ぜひMEO代理店の利用を検討してください。

弊社は、日本各地にある多種多様な店舗の集客を支援しています。その店舗支援実績は、7,000店舗以上。エフェクチュアルの店舗支援を利用していただいたお客様の約80%が継続を希望されるなど、高い信頼をいただいています。

より詳しい内容はこちらをご覧ください。