ブログ

MEO対策キーワードの選定方法、注意点と選定ツールを紹介

多くの企業が集客アップのために取り組んでいるのが、MEO対策です。従来の集客活動に代わって、実店舗や施設の経営者に注目されています。

そして、MEO対策を取り組むにあたって重要になるのが、キーワード選定です。対策するキーワードによって、集客の成果が大きく左右されるためです。

そこで、ここではMEO対策で狙うべきキーワードの選定方法や注意点、お勧めのキーワード選定ツールなどについて解説していきます。

MEO対策のキーワードとは?

MEO対策のキーワードとは、検索ユーザーが使うであろう検索ワードを想定して、設定されたキーワードを指します。このキーワードで検索されたときに、上位に表示されるためにMEO対策を進めていくのです。

たとえば、駅前にあるラーメン店であれば、検索ユーザーは「○○駅 ラーメン」などの検索ワードで検索します。

例)「新宿駅 ラーメン」の検索結果(Googleマップアプリ)

(出典:Googleマップ 地図データ©2021)

この「○○駅 ラーメン」のキーワード検索が実施された際に、自社の店舗情報が上位に表示されるために、コンテンツ発信などを行っていくのです。

キーワード選定が重要な理由

なぜ、MEO対策を進めるにあたって、キーワードの選定が重要なのでしょうか。おもに、2つの理由があります。

理由1.上位に表示させるため

Google検索やマップ検索では、検索ワードと関連性の深い店舗情報が上位に表示される仕組みになっています。そのため、上位に表示させるためには、自社にあった適切なキーワードを選定することが、MEO対策では重要なのです。

たとえば、ラーメン店を経営しているにもかかわらず、Googleマイビジネス(※)で趣味のスポーツ観戦の話題ばかりを投稿していたら、ラーメン店とは関連性が低いと判断されてしまう可能性があります。

そのため、「○○駅 ラーメン」の検索結果に表示されるのは難しいでしょう。自社のビジネスや店舗にあったキーワードを設定することが、上位表示への第一歩なのです。

理由2.ターゲット顧客の集客

キーワードを特定することで、ターゲット顧客にアプローチできるメリットもあります。ターゲット顧客とは、店舗や施設に来店する可能性が高い検索ユーザーです。

たとえば、「○○駅 ラーメン」のキーワードで検索するユーザーは、駅前で食事をするラーメン店を探している人です。つまり、いずれかのラーメン店に来店する可能性が非常に高いのです。

自社のビジネスにあったキーワードを選定できれば、来店する可能性が高いターゲット顧客にアプローチできるため、集客アップが期待できるという訳です。

キーワード選定方法と注意点

キーワードを選定することの重要性が理解できたところで、具体的なキーワードの選定方法を解説していきます。

「地域名+業種名」が基本

キーワードを選定するときは、「地域名+業種名」の複合キーワードが基本です。飲食店などを検索する際に、このキーワードの組み合わせで検索することが多いからです。

地域名は、範囲が広すぎることもあるため、場合によっては最寄りの駅名であっても良いでしょう。

また、マップ検索の結果は、ユーザーが検索する場所や地域によっても変動します。この点も考慮しながら、キーワードを選ばなければいけません。

業種名とは、「ラーメン店」や「美容室」などのワードを指します。検索ユーザーが、「どのような検索ワードを使うのか」を想定したうえで、キーワードを選定しましょう。

検索ニーズのあるキーワードを選ぶ

当然ながら、検索ニーズがあるキーワードでなければ意味がありません。自分の拘りでキーワードを設定しても、検索ワードとして使われなければ表示される可能性が低いためです。

検索数の多いキーワードを「ビッグワード」、少ないキーワードを「スモールワード」と呼ぶことがあります。明確な定義はありませんが、月間に数万回以上も検索されるキーワードをビッグキーワード、月間数十から数百程度がスモールワードです。

たとえば、「新宿 居酒屋」「渋谷 居酒屋」などのキーワードは、月間数万回以上も検索されるビッグワードです。

「検索される回数が多いビッグワードを狙った方が良いのでは」と考えるかも知れませんが、そうとも限りません。ビッグワードは他の飲食店なども対策しているため、非常に競合が多いのです。

競合が多いビッグワードと、競合が少ないスモールワードをバランス良く選定していくと良いでしょう。

ビジネスプロフィールとの関連性

また、Googleマイビジネス(※)に設定するビジネスプロフィールと一致するキーワードを選定するのもお勧めです。Googleマイビジネス(※)のビジネスプロフィールと関連性が深い店舗情報が、マップ検索の上位に表示されやすいためです。

Googleマイビジネス(※)の公式サイトでも、下記のように明記されています。

『ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度などの要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。関連性とは、検索語句とローカルビジネスプロフィールが合致する度合いを指します。』

引用元:Googleマイビジネス(※)ヘルプ
「ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み」
https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja&ref_topic=4854129

なお、Googleマイビジネス(※)のビジネスプロフィールの各項目に関しては、以下のページで詳細を解説しておりますので、ご確認ください。

ツールでキーワードを選ぶ

キーワードの選定においては、ツールを利用するのもお勧めです。ツールとは、キーワードの検索数や関連キーワードなどを確認できるキーワード対策のツールです。

たとえば、「新宿 ラーメン」という複合キーワードを入力して調査すれば、月間の検索回数が「1万~10万」というに確認することができるのです。

MEO対策で設定したキーワードや個別のワードが、「どのぐらい検索されているのか」という検索ニーズを知ることができる便利なツールです。

MEO対策のキーワード選定においては、必須のツールといっても良いでしょう。なお、お勧めのキーワード対策ツールについては、後述します。

適切なキーワードの数は?

MEO対策で選定するキーワードの数は、幾つぐらいが良いのでしょうか。

マップ検索の結果に表示される確率が高まるため、対策するキーワードは多いほうが良いのでは、と考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、対策するキーワードは多ければ良いという訳ではありません。キーワードが多すぎると、Googleマイビジネス(※)のコンテンツの方向性が定まらないためです。

MEO対策を始めた当初は、3~5個のキーワードを設定し、上位に表示されるに従ってキーワードを追加していく流れがお勧めです。

MEO対策はキーワード選定で決まる

集客アップサービス

ここまで解説してきたとおり、キーワードの選定は非常に重要です。MEO対策の成果は、「キーワードの選定で決まる」と言っても過言ではありません。

しかし、MEO対策やGoogleマイビジネス(※)の運用の経験が少ない方にとって、適切なキーワードを選定するのは非常に難しいでしょう。MEO対策や上位表示の仕組みなどを理解していなければならないためです。

そこで、知識や経験のない経営オーナーにお勧めするのが、専門業者が提供するMEO対策サービスを利用する方法です。

弊社の「MEO対策サービス」は、お客様に代わってMEO対策を実施するサービスです。

数多くの集客支援に携わってきた経験をもとに、お客様に代わって最適なキーワードを設定し、MEO対策を進めていきます。Googleマップ経由での来店客数を増加させることで、大幅な売上アップを期待できます。

弊社の「MEO対策サービス」の詳細は、以下のページからご確認ください。

★リンク★

お勧めのキーワード選定ツール

ここからは、前述したキーワード対策ツールを紹介していきます。無料で利用できる対策ツールもありますので、ぜひ実際に使ってみてください。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーとは、Google社が提供しているツールで、Google広告にアカウント登録することで利用できます。

たとえば、下記の画像のように、指定したキーワードの月間平均検索ボリュームや競合性を確認することができます。

例)キーワードプランナーでの調査結果

Google社が提供しているツールだけに、そのデータは信用性が高く、MEO対策のキーワード選定においては、必ず活用したいツールです。

Googleマイビジネス(※) インサイト機能

Googleマイビジネス(※)のインサイト機能も、キーワード選定に役立つツールといえます。インサイト機能とは、アクセス状況などのデータ分析を実施できる機能で、アカウントがあれば誰でも利用できます。

たとえば、下記の画像のように、店舗情報が表示されたときの検索キーワードを確認することができます。

例)インサイト機能での調査結果

この検索キーワードをもとに、コンテンツや情報発信を充実させることで、検索ランキングの改善が期待できるでしょう。

なお、Googleマイビジネス(※)のインサイト機能とデータの活用法については、下記のページで解説しております。

On map eye

最後に紹介するツールが、弊社が提供する「On map eye」です。Googleマップの検索順位を常時測定できるため、MEO対策の成果をひと目で確認できます。

また、下記の画像のように、検索順位の推移をグラフで閲覧することも可能です。

onmap
MEO対策を実施していると、「本当に成果が出ているのか?」と不安になる方も多いはずです。そのような悩みを解決するのが、弊社の「On map eye」なのです。

なお、「On map eye」の詳細は、以下のページからご確認ください。

→『On map eye』をチェック

Googleマイビジネス(※)を自社で運用できない場合は

集客アップサービス

MEO対策の中心になるのが、Googleマイビジネス(※)です。Googleマイビジネス(※)を適切に運用しなければ、集客アップは見込めないでしょう。

しかし、Googleマイビジネス(※)には、MEO対策の成果に関わる多くの機能が準備されています。それらの機能を適切に使いこなすには、運用の知識と経験が欠かせません。

ただ、少人数で営業する飲食店などでは、運用経験が豊富な人材がいないことがほとんどではないでしょうか。

そのような企業にお勧めするのが、弊社が提供している「Googleマイビジネス(※)運用サービス」です。

お客様に代わって、Googleマイビジネス(※)の全運用を実施するため、人材リソースを心配する必要はありません。店舗スタッフの負担を軽減しながら、集客アップを期待できるサービスです。

「Googleマイビジネス(※)運用サービス」の詳細は、以下のページからご確認ください。

→『Googleマイビジネス(※)サービス』をチェック

 

※「Googleマイビジネス」は、2021年11月に「Googleビジネスプロフィール」に名称変更しました。