ブログ

MEO対策の進め方とGoogleマイビジネスの活用法

多くの飲食店などが集客のために取り組んでいるのが、MEO対策です。従来のチラシ配布などに変わり、実店舗や施設経営の集客手段として注目されています。

そして、MEO対策の中心となるのが、Googleマイビジネスです。MEO対策でお客様の来店数アップを実現できるかは、Googleマイビジネスの運用次第といっても過言ではないでしょう。

そこで、MEO対策の進め方とGoogleマイビジネスの活用法について解説していきます。

MEO対策で店舗集客を実現

MEO対策とは、Google検索やGoogleマップ検索において、自社の店舗情報が上位に表示されるための施策です。

MEOとは「Map Engine Optimization」の頭文字をとった略称です。日本語で「マップエンジン最適化」と呼ばれることもあります。

具体的には、MEO対策ツールやSNSなどのオンラインの媒体を利用して、特定のキーワードで検索した際に、店舗情報が上位に表示されるための取り組みを指します。

現代では、スマートフォンなどの端末で飲食店などを検索する人が増えたことから、その検索結果の上位に表示されることは、集客に大きく影響するのです。

だからこそ、多くの実店舗や施設の経営者は、コストと時間をかけてMEO対策に取り組んでいるのです。そして、MEO対策の中心となるのが、Googleマイビジネスの運用です。

MEO対策ツール Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスとは、Google社が提供しているMEO対策ツールです。自社の店舗情報を登録することで、登録した店舗情報が検索結果の画面に表示されるようになります。

店舗情報とは、店舗名や所在地、営業時間といった基本的な情報から、テイクアウトの可否や支払い・決済手段といった付帯情報も掲載することが可能です。

これらの店舗情報が、Google検索やマップ検索の結果に表示されて、検索ユーザーの興味に触れることができれば、来店の確率が大いに高まるわけです。

GoogleマイビジネスがMEO対策に優れている理由

それでは、なぜGoogleマイビジネスがMEO対策に優れているのか、その理由を詳しく解説していきたいと思います。

Google検索に反映される

Google社が自ら提供しているMEO対策ツールだけあって、Googleマップ検索結果の順位にダイレクトに反映されます。

また現在では、通常のGoogle検索であっても、マップの表示とともに、Googleマイビジネスの店舗情報が上位に表示されます。

そのため、Googleマイビジネスの活用は、MEO対策に大きな影響を及ぼすのです。

店舗情報のPRに優れている

Googleマイビジネスでは、飲食店などの店舗経営にとって便利な機能が揃っています。具体的には、新メニューを料理の画像(写真)とともに投稿できたり、メニュー表一覧を掲載できたりします。

たとえば、下記の画像のように、スマートフォンからメニューの一覧を表示できます。
 

 
さらに、画像や写真もマップ検索の結果画面に表示されるため、視覚的に検索ユーザーを引きつけることもできるのです。

お客様との交流が可能

また、Googleマイビジネスと通じて、口コミやメッセージのやり取りができるのも、大きなメリットといえます。

たとえば、お客様がスマートフォンから「メッセージ機能」を使って、営業時間やテイクアウトの可否などを、店舗に質問することができるのです。

また、お客様が「口コミ機能」を使って感想などを投稿してくれれば、店舗の評価アップにも繋がるでしょう。

なお、「口コミ機能」と「メッセージ機能」の詳細については、以下のページで解説していますので、ご確認ください。

データ分析機能が備わっている

Googleマイビジネスには、データ分析機能が備わっていることも、MEO対策に有効な理由のひとつ言えます。

たとえば、検索ユーザーが「どのようなキーワード」を使って、飲食店などを検索しているのかを分析できるのです。

下記の画像が、店舗情報が表示された際に、検索ユーザーが入力したキーワード分析の結果になります。(Googleマイビジネス インサイト機能)

頻繁に検索されるキーワードに向けたコンテンツを発信すれば、検索でヒットする確率は高まるため、集客アップに繋がるのです。

無料で利用できる

非常に多機能であり、MEO対策の効果が高いGoogleマイビジネスですが、なんと無料で利用できるのです。

コストをかける必要がないため、小規模経営やスモールビジネスの経営者たちの多くが、Googleマイビジネスを活用しています。

MEO対策の進め方

ここでは、Googleマイビジネスを活用して、具体的にどのようにMEO対策を進めていけば良いのかを解説していきます。

MEO対策の進め方としては、大きく以下の4ステップに分けることができます。

1.Googleマイビジネスの登録
2.Googleマイビジネスの情報整備
3.情報発信と口コミ対応
4.データ分析と改善

それぞれの詳細を解説していきます。

1.Googleマイビジネスの登録

MEO対策の中心となるのが、Googleマイビジネスの運用です。

そのため、まずはGoogleマイビジネスにアカウント登録を行い、MEO対策の第一歩を踏み出しましょう。

なお、Googleマイビジネスの登録方法、始め方については、下記のページで解説しておりますので、ご確認ください。

2.Googleマイビジネスの情報整備

次に、Googleマイビジネスの店舗情報を登録していきます。

店舗情報には、登録時に入力する所在地、電話番号、ビジネスカテゴリーといった「基本情報」の他にも、決済方法やテイクアウト受付時間などの「付帯情報」を登録できます。

たとえば、下記の画像のように、通常の営業時間とテイクアウトの対応時間を別々に表示できます。
 

 

可能な限りの情報を登録して、検索ユーザーに店舗をアピールできるようにしておきましょう。

3.情報発信と口コミ対応

マップ検索の上位表示において、Googleは定期的に更新されるアカウントを優遇する傾向があります。そのため、継続的に情報発信しましょう。

また、お客様からの口コミ投稿に返信することで、店舗やスタッフの信頼を高めることができます。全ての口コミに返信するように心がけましょう。

4.データ分析と改善

前述したGoogleマイビジネスのデータ分析によって、お客様のニーズや興味関心を分析しましょう。

自社の店舗情報に適したキーワードではない場合、投稿するコンテンツの内容を改善するなどして、試行錯誤を繰り返していきましょう。

Googleマイビジネスで集客アップを実現するには

集客アップサービス

Googleマイビジネスの活用により、実店舗や施設への集客を目指すMEO対策ですが、もちろん一定の知識や経験が必要になります。

たとえば、Googleマイビジネスに店舗情報を登録しただけでは、自社の店舗情報はマップ検索の上位に表示されることはないでしょう。

MEO対策の観点から見て、適切に設定されたGoogleマイビジネスであり、なおかつ定期的に更新されているアカウントが優遇されるためです。

マップ検索の上位に表示されるためには、MEO対策の基礎的な知識や経験はもちろん、口コミへの対応能力やデータを分析するスキルなどが求められます。

しかし、このような人材は少人数で経営する中小企業やスモールビジネスの経営者には、ハードルが高いといえるでしょう。そこで、お勧めするのがMEO対策の代行サービスを利用する方法です。

弊社が提供する「MEO対策サービス」も、お客様に代わってMEO対策を実施する代行サービスです。豊富な知識や経験をもとに、専門のコンサルタントが質の高いMEO対策を実施します。

弊社の「MEO対策サービス」の詳細は、以下のページよりご確認ください。

→『MEO対策サービス』をチェック

Googleマイビジネスの活用法

自店舗や施設の集客アップに有効なMEO対策は、Googleマイビジネスの運用が中心になります。

そこで、どのようにGoogleマイビジネスを活用すれば、集客アップに繋がるのかを解説していきます。

魅力的な店舗情報の掲載

検索ユーザーの目にとまるような、魅力的な店舗情報を掲載しましょう。検索ユーザーの注目が集まることで、クリック率も高まりMEO対策の効果が高まるためです。

たとえば、プロのカメラマンに店舗や料理の写真を撮影してもらい、Googleマイビジネスでピーアールすることは非常に有効です。

写真撮影にコストはかかりますが、ホームページやInstagramなどのSNSなどでも活用できるため、コストパフォーマンスは高いといえるでしょう。

口コミ投稿の促進

Googleマイビジネスに投稿されたお客様の口コミに返信することはもちろん、口コミの件数を増やす工夫をしましょう。

口コミの件数が増えるほど、MEO対策の効果が期待できるためです。

たとえば、店舗のポスターやメニュー表などで、お客様が口コミを投稿できることを案内しましょう。口コミ機能を知らないお客様もいるため、案内するだけでも反応は良くなります。

なお、Googleマイビジネスの口コミの増やし方や注意点などは、以下のページで詳細を解説しておりますので、ご確認ください。

Googleマイビジネスの運用スタッフに悩む方へ

集客アップサービス

前章で説明したGoogleマイビジネスの活用法を適切に実行すれば、集客アップの効果が期待できるでしょう。

ただ、Googleマイビジネスを運用していくにあたって、問題点がひとつ存在します。それが、人的なリソースです。Googleマイビジネスの運用には、マップ検索の上位表示の仕組みやWebマーケティングの知識や経験が求められるためです。

マーケティング担当部門が設定されている大企業ならまだしも、飲食店などの少人数で営業する企業にとっては、MEO対策に精通した店舗スタッフなどいないでしょう。

そのような実店舗や施設のオーナーにお勧めするのが、Googleマイビジネスの運用を専門業者に任せてしまう方法です。高い技術と経験豊富なプロフェッショナルに依頼することで、高い成果を期待できます。

弊社の「Googleマイビジネス運用サービス」は、お客様に代わってGoogleマイビジネスの全運用を代行するサービスです。

MEO対策の観点から、店舗情報の登録内容を整備し、集客効果を最適化します。また、お客様のビジネス内容や地域にあわせたコンテンツ投稿を代行で実施します。

「Googleマイビジネス運用サービス」の詳細は、以下のページよりご確認ください。

→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック