ブログ

美容室がMEO対策を行うメリットを解説!多店舗運営の管理方法もご紹介

MEO対策には美容室の集客を効率良く進められるいくつものメリットがあります。
ただし、せっかくのメリットも正しい方法やノウハウを守って運用しなければ効果が半減してしまいます。

そこで本記事では、美容室の集客にMEO対策が有効なポイントを解説してから、MEO対策で成果を出すコツを詳しくご紹介します。

本業にかける工数を確保できるMEO対策専用ツールもご紹介しますので、多店舗運営の方もぜひ最後までご覧ください。

美容室がMEO対策を行うメリット

美容室がMEO対策を成功させると、Googleマップで自店舗が上位表示されるようになります。
その結果、Googleマップで美容室を検索するユーザーに自店舗を効果的にアピールできるのです。

Googleマップは無料で利用できる地図アプリで、美容室はもちろん、飲食店やレジャー施設など行きたい施設を簡単に検索できる、地図アプリの代表的な存在です。
そのため美容室がMEO対策を行えば、これまで以上の新規顧客の流入を期待できます。

美容室がMEO対策を行うメリットをより詳しくみていきましょう。

ポータルサイトよりも上位に表示されやすい

「ホットペッパービューティー」「EPARK ビューティ」「楽天ビューティー」など美容室の集客方法として人気のポータルサイトですが、「地域名+美容室」で検索をすると、以下の画面のようにポータルサイトより先にGoogleマップの情報が表示されます。

この枠を「ローカルパック」と呼びます。

ユーザーはページの上の方から情報を収集するため、ポータルサイトや美容室のホームページなどよりも先に検索したユーザーの目に入りやすく印象にも残りやすいです。
そのため、ポータルサイトよりも先にGoogleマップ上でユーザーがお店を探す可能性が高くなります。

Googleの検索結果で自店舗をアピールできる

ローカルパックでは、上位3店舗までの店名や口コミの評価などがマップと共に表示されます。
ローカルパック上で上位表示されると検索画面上にそのままお店の情報が表示されることになり、ユーザーに自店舗を効果的にアピールできます。

上位表示のためには、Googleビジネスプロフィールに登録する内容を充実させる他、口コミ件数を増やしたりレビュースコアを高めたりとさまざまな対策が必要になりますが、上位表示されるとユーザーの目にとまりやすくなります

無料で取り組めてコストパフォーマンスが高い

ポータルサイトは、毎月掲載料金が発生するものや顧客が予約するたびに手数料を引かれたりするサイトが多いです。
中には無料のサイトもありますが、支払った広告費によって掲載順位が変動することもあるなど、コストがかさむ傾向があります。

そのため、無料でMEO対策を行えるGoogleマップが美容室の集客におすすめの集客となります。
さらに美容室を探すユーザーの目を引く「スタイルの写真」「美容室の内装」「施術を行うスタイリスト」といった写真の投稿も無料で行えるため、集客方法の中でもコストパフォーマンスが非常に高いのです。

他にも無料でできるMEO対策がこちらです。

  • 投稿機能を使ったキャンペーンやイベントの告知
  • 店舗の雰囲気を伝えられる動画の投稿
  • 検索数や閲覧数がわかるインサイト分析
  • 口コミへの返信

口コミを参考にするユーザーを呼び込める

誰もが必要な情報を簡単に収集できる現在、ユーザーは企業側からの広告だけでなく、実際に利用したユーザーの生の声も参考にするようになりました。

調査によると、「口コミ・レビューを見て来店をやめようと考える点数は5点満点中、何点でしょうか」という質問に対して、「3点未満」の場合に来店をやめると答えた人が全体の61.9%と高い数値を記録したことがわかりました。
引用元:【2021年版 定点調査】口コミ・レビューはどのサービスを参考にする? 行くのをやめる点数、参考にするサービスなど、医療、飲食、理・美容室、リラクゼーション、不動産の5業種を徹底調査!

ユーザーの多くが口コミの評価を来店の決め手にしているのです。

反対に言えば、ポジティブな口コミが多いと、ユーザーの来店意欲が高まると考えられるため、MEO対策を行い口コミを適切に管理できれば、店舗に寄せられる口コミ件数や口コミ評価を来店の参考にするユーザーを呼び込めると言えます。

ちなみに「美容室・理容室を選ぶ際にどのサービスの口コミ・レビューを信頼しますか?」という質問に対しては以下のような結果となりました。

  • 男性の1位はGoogleマップで全体の39.9%
  • 女性の1位はホットペッパービューティーで全体の58.6%
  • 女性でGoogleマップと回答した人は全体の15.1%で2位

参考:【2021年版 定点調査】口コミ・レビューはどのサービスを参考にする? 行くのをやめる点数、参考にするサービスなど、医療、飲食、理・美容室、リラクゼーション、不動産の5業種を徹底調査!

Googleマップから予約も可能

「Googleで予約」を利用すると、Googleマップ上からオンライン予約が可能になります。

Google検索結果から直接予約ができるため、Google検索を利用するユーザーの予約までの導線を確保できるのが大きなメリットです。

これまでオンラインから予約するためには、店舗ページに移動する必要がありましたが、予約ボタン一つで予約手続きに入れます
美容室の場合はカレンダー予約ボタンを設置できるため、ユーザーが曜日や日時を確認しながら具体的に検討できるのです。

「Googleで予約」を利用して予約ボタンを設置するためには、Googleビジネスと提携しているシステムサイトの利用が条件となります。Googleが提携しているサロン予約サイトでは、EPARK BeautyやOzmallなどが利用可能です。
参考:Google|「Googleで予約」のパートナー

美容室がMEO対策で成果を出すコツ8選

美容室がMEO対策で成果を出すコツをご紹介します。

1.適切なキーワードを選定する

多くの顧客を獲得するためには、適切なキーワードを設定することが大切です。

「人気のあるキーワードを選択すれば多くのユーザーに見てもらえるのでは?」と思うかもしれませんが、人気のあるキーワードは競合も多いため、上位表示するまでに時間がかかったり上位表示自体が難しかったりするケースが少なくありません

そのため、例えば「銀座 オーガニック 美容室」などの店舗の特徴を対策キーワードに盛り込んだり「銀座 縮毛矯正 美容室」などとより細かいニーズに応えるキーワードを設定したりと、競合が少なく上位表示が狙えるスモールキーワードを探すと上位表示されやすいでしょう。

ただし、検索ボリュームが少なすぎるとキーワードで上位表示されても、検索するユーザーが少ないため多くの集客にはつながりにくい点は注意が必要です。
自店舗のターゲットユーザーや特徴、立地などに合わせて適切なキーワードを探してみましょう

2.Googleビジネスプロフィールの店舗情報を充実させる

Googleビジネスプロフィールに掲載されている自店舗の情報を充実させると、美容室を探すユーザーに比較検討してもらいやすくなります。

自店舗の住所や連絡先、施術のメニューといった美容室を検討するために必要な項目を正しい情報で埋めておきましょう。
美容室が記載すべきGoogleビジネスプロフィールの項目はこちらです。

  • 店舗名
  • 住所
  • 営業時間
  • 定休日
  • 電話番号
  • 施術のメニュー
  • 施術の料金
  • ヘアスタイルなどの写真
  • Webサイト

3.Googleビジネスプロフィールにメニュー情報を掲載

カットやカラーといった施術内容と料金を掲載すると、メニューを見たユーザーが具体的に検討をしてくれるようになります。

また「新規様限定!カットメニュー」「学生限定メニュー」といった店舗オリジナルの施術を掲載すると、競合との差別化ができユーザーの興味を引くことができるでしょう。
他にも「ハイライト」「バレイヤージュ」といった技術名で登録するのもおすすめです。

さらに地名と技術名を組み合わせると、ユーザーに見つけてもらいやすくなります。

メニューを掲載する際は、ユーザーの混乱を招かないように「税込」なのか「税抜き」なのかわかるように料金を掲載しましょう

また、料金メニューをクリックしたユーザーはそのメニューや商品に興味を持っているため、ポップアップされた画像に料金だけでなく施術や商品の説明文を入れると購買意欲が高まります。

4.魅力的な写真を追加する

スタイル写真を掲載するのもおすすめです

カットやカラーといった施術後の写真はもちろん、トレンドのヘアスタイルを掲載したり写真の色味やアングルにこだわったりと写真の質にも気を配れば、ユーザーの興味を強く引くことができるでしょう。

また、店内の居心地の良さを重視しているユーザーも多いため、内装写真を掲載したりして店内の雰囲気がわかるような写真を掲載するのもおすすめです。

ちなみにGoogleビジネスプロフィールに投稿する写真には次の条件がありますので確認しておきましょう。

  • 掲載できる写真は「JPG」または「PNG」形式のどちらかであること
  • 写真サイズは10KB以上5MBまで
  • 推奨解像度は縦720ピクセル横720ピクセル
  • Googleのコンテンツポリシーに違反していないこと

動画を投稿する際のGoogleのガイドラインも確認しておきましょう。

  • 動画の時間は最大30秒
  • ファイルサイズは最大75MB
  • 解像度は720p以上であること

参考元:Google|写真と動画のガイドライン

5.投稿された口コミに返信する

投稿された口コミに対して「ご多用の中口コミを投稿いただきましたこと、重ねてお礼を申し上げます」などと丁寧なお礼を返答するとお店への評価があがります。

メッセージから顧客を大切にする姿勢が相手に伝わるため、「また行ってみよう」とリピーター創出にもつながるのです。

また、低いレビュースコアやネガティブな口コミを投稿されても焦ることはありません

投稿してくれたことへお礼を述べた上で、改善点を真摯に受け止めて改善する旨をメッセージにして伝えることで、実際に利用した顧客だけでなく、そのやり取りを見ている他のユーザーにもお店の姿勢をアピールできるためです。

ただし、ユーザーに上手に気持ちを伝えるにはある程度のコツが必要なため、「文章を考えるのが苦手」という方はぜひこちらの記事を参考にしてください。

6.イベントやキャンペーンは投稿機能でアピールする

投稿機能を使ってイベントやキャンペーンをユーザーにアピールする方法もおすすめです。

投稿機能では最大1,500字まで入力できる説明文と写真を投稿できます。
ハロウィンやクリスマスといった季節イベントや期間限定の割引キャンペーンなど、集客に有効な催しを投稿機能でユーザーにお知らせすれば、さらに効果がアップするでしょう。

また、店舗の得意分野を投稿機能でアピールする方法も効果的です。
例えば、「オーガニック製品を取り入れてヘアケアに力を入れている」といった内容を施術写真やオーガニック製品の写真とともに投稿する方法があります。

「ナチュラルパーマなどの自然なスタイルが得意」といった説明文も写真と一緒に投稿してアピールするのもよいでしょう。

7.属性を設定する

幅広いニーズを持つユーザーの役に立つために、美容室の提供しているサービスを「属性」を設定して、詳細に伝えることも大切です。

車いす対応のエレベーターの有無やスロープ付きの入り口の有無といったバリアフリー設備について情報を追加する他、WiFiの有無や子ども同伴の可否などを記載してください。
「子ども連れでも安心して美容室を利用したい」といった希望を持つ方にも安心して利用してもらいましょう

8.インサイトデータのチェック

Googleビジネスプロフィールのインサイトデータでは、自然検索などで自店舗が表示された回数やユーザーの行動などを確認できます。

またユーザーが自店舗をどのような経緯で見つけたのかを確認できるため、MEO対策のうまくいったポイントや改善点を確認できるのです。

他にもインサイトデータからチェックできるデータがこちらです。

  • メニューのコンテンツを閲覧したユーザー数
  • ビジネスプロフィールから通話した人の人数
  • ビジネスプロフィールから送信されたメッセージ
  • ビジネスプロフィールからの予約
  • ビジネスプロフィールからのルート検索数
  • ビジネスプロフィールからのWebサイトへのクリック数

参考:Google|インサイトについて

美容室がMEO対策に取り組むときの注意点

美容室がMEO対策に取り組む際の注意点は以下の2点です。

  • 低い評価やネガティブな口コミで評判が下がる可能性がある
  • Googleのガイドラインを遵守する

低い評価やネガティブな口コミで評判が下がる可能性がある

MEO対策によって口コミ数が増えると、ネガティブな口コミや低いレビュースコアが投稿されることもあります。

口コミを参考に来店を決めるユーザーの中から、そういった口コミを見て来店を取りやめる人が出てくるかもしれません。

しかし、投稿された口コミに誠実に対応する投稿をお店側から投稿することで、「顧客の意見を大切にしている」と口コミを見たユーザーに感じてもらうこともできる他、利用した顧客の正直な感想をサービス改善のヒントにすることも可能です。

ただし、根拠のない悪評や悪意のある書き込みに対しては、毅然とした対応をしなければいけません
口コミの注意点や増やし方についてより詳しく確認したい方はこちらをご覧ください。

Googleのガイドラインを遵守する

MEO対策を行う際はGoogleが定めたガイドラインを遵守する必要があります。
Googleは「なりすまし」や「誤情報」といったコンテンツの掲載を禁止しており、ガイドラインに違反したコンテンツは削除の対象となります。

例えば、「カラーリングが得意!」といった情報をビジネス名(店名)に含めたり、口コミ投稿を自作自演する行為などはガイドラインの「詐欺的なコンテンツ」に該当する可能性がありますので行ってはいけません。

最悪の場合、アカウント凍結もありえますので、ご注意ください。

参考:Google|禁止および制限されているコンテンツ

口コミ管理についてはこちらの記事を参考にしてください。

多店舗運営の美容室はロケーションコネクトで一括管理しよう

複数の美容室を経営している方は、「ロケーションコネクト」を活用して効率的に集客を進めていきましょう。

多店舗運営は管理にコストや時間がかかる

美容室のMEO対策では、ヘアスタイル写真の挿入やメニュー情報の更新などのやるべきことが多く、手続きも煩雑になりがちです。

しかし、いずれも美容室の集客にとって大切な要素のため、手が抜けず仕事を抱え込みがちになる店舗オーナーや担当者も少なくありません。
また系列店などを複数抱えている場合、店舗の数だけ負担も増大してしまいます。

「集客も大事だけど、来店してくれた顧客に十分なサービスを提供したい…」と大切な業務に十分な工数を確保したいと考えるオーナーも多くいるでしょう。

「ロケーションコネクト」はMEO対策を一元管理できる店舗集客ツール

複数店舗の集客や分析、情報発信などを効率的に進めてコストパフォーマンスの高い集客施策を行いたい方は、「ロケーションコネクト」の導入を検討してみてはいかがでしょうか?。

「ロケーションコネクト」は、Googleマイビジネスに特化したMEOツールです。

これまで1店舗ずつ行っていた基本情報の更新や編集作業を一括更新できるため、空いた時間でサービス改善の取り組みも可能になります
さらに、CSVインポート機能によって、特別営業時間を含める10項目を短時間で更新することも可能です。

特定の店舗だけをグループ化できる機能も備わっているため、ちょっとした情報の編集作業も効率的に進みます。

また、美容室の集客に重要な口コミ対策を得意としている点も、ロケーションコネクトの強みです。
各店舗に投稿された全ての口コミをAIが分析管理してくれるため、レビュースコア向上の取り組みが以前よりも短時間で行えるようになり、より多くの集客を望めるようになります。

まとめ

MEO対策を実施した後は、対策の効果を振り返り定期的に改善していくことが成功の近道です。
MEO対策で成果が出るまでに半年間以上はかかりますので、焦らず丁寧に取り組むと確実に成功が近づくでしょう。

MEO対策を振り返る際も本記事を参考にしていただき、自店舗に有効な対策や足りないポイントを見極めて、売上拡大を進めましょう。