ブログ

MEO対策の費用相場は?費用の仕組みと業者の選び方

多くの企業が集客のために取り組んでいるがMEO対策です。一定の費用をかけて、専門業者にMEO対策を依頼している企業も少なくありません。

しかし、MEO対策を業者に依頼した場合、一体どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。

ここではMEO対策の費用相場について解説していきます。さらに、MEO対策サービスの費用の仕組みや適切な業者の選び方についても話をしていきます。

MEO対策の費用が決まる仕組み

MEO対策の代行サービスは、マーケティング業を主体とする会社が提供しています。

サービス費用は会社によってまちまちです。それは、MEO対策における施策内容の違いや、契約形態によるものです。

そこで、MEO対策の費用相場を知る前に、どのような要素で費用が決まるのかを理解しなければいけません。

費用を構成する要素としては、おもに以下の6つが挙げられます。

1.契約形態
2. 施策内容
3. 初期・月額費用
4. 対応キーワード数
5. 契約期間
6. オプションサービス

それぞれの詳細を解説していきます。

1.契約形態

多くのMEO対策業者は、2つの契約形態で代行サービスを展開しています。

「成果報酬型」と「固定報酬型」です。

「成果報酬型」とは、その名前のとおり、MEO対策の成果におうじて費用が発生する仕組みです。特定のキーワードが検索結果の上位に表示された日数によって、報酬額を算出するのが一般的です。

たとえば、成果報酬が以下のような条件だったとします。

■成果条件 「特定のキーワードが検索結果の上位3位以内」
■報酬額  「1キーワードあたり/1日1,000円」

上記の契約内容において、1キーワードが20日間、3位位内にランクインした場合、その月の報酬額は20,000円ということになります。

計算式) 1,000円×20日間=20,000円

一方で、「固定報酬型」は成果にかかわらず、一定の月額報酬額が発生する仕組みです。MEO対策の施策の内容やキーワードの数によって、幾つかのプランが用意されているのが一般的です。

多くのMEO対策業者は、月額2万円〜8万円程度で報酬額を設定しており、固定報酬型の費用相場といえるでしょう。

MEO対策の成果が出ていなくても費用が発生することから、ユーザー側はデメリットと捉える方もいるかもしれません。ただ、複数のキーワードで成果が発生しても固定の報酬額で済むので、ユーザーにとってはメリットの大きい契約形態でもあるのです。

2.施策内容

MEO対策業者が「具体的にどのような施策を行うのか」によっても費用は大きく異なります。

たとえば、Googleマイビジネス設定に関しては、基本的な設定のみを実施する内部対策のみのプランもあります。一方で、内部対策にプラスして、SNSなどの媒体で認知度を高める外部対策までを実施するプランもあります。

費用を構成する要素の根幹となる部分ですので、主なMEO対策の施策内容は理解するようにしましょう。

3.初期・月額費用

MEO初期・月額費用

MEO対策業作の代行サービスには、初期費用と月額費用が設けられています。

「初期費用」は、MEO対策の目的やニーズなどのヒヤリング、事前準備などの業務が含まれています。

費用相場は、10,000円~50,000円前後です。

初期費用を無料にして、代行サービスを始めやすくしているMEO対策業者もいますので、探してみてください。

「月額費用」は、前章で説明した固定報酬額にあたります。

また、固定報酬型の契約範囲外のサービスをオプションで追加した場合、その費用も月額費用といえるでしょう。

4.対応キーワード数

対応するキーワードの数によっても、費用は大きく変わってきます。

固定報酬型の契約では、プランごとにキーワード数が決まっていますが、追加費用でキーワードを追加できる仕組みにしている業者が多いです。

おおよそ、1キーワードあたり5,000円〜3万円程度の単価を設定している業者がほとんどです。

MEO対策の成果が順調であれば、キーワードを追加することで、さらなる成果が期待できるのです。ユーザーにとっては、メリットの大きい仕組みといえるでしょう。

5.契約期間

もちろん、代行サービスの契約期間によっても費用は異なってきます。

MEO対策の性質上、1~2ヶ月という短期間で成果が出ることはありません。そのため、ほとんどの業者が最低6ヶ月以上という契約期間の条件を設定しています。

6.オプションサービス

規定の代行サービスに含まれていない施策を「オプション」として追加できる仕組みをとっているMEO対策業者も多いです。

先程も触れたように、対策するキーワードを追加できたり、月次レポートを受け取ったりできるオプションなどがあります。

MEO対策の費用相場

MEO対策の代行サービスの費用の仕組みを理解したところで、費用相場について話をしていきます。

すでに記載した費用もありますが、改めて以下にまとめます。

【MEO対策の費用相場】
初期費用  1万円〜5万円
成果報酬型 日額800円〜1,200円
固定報酬型 月額2万円〜8万円
追加キーワード 5,000円〜3万円

オプションの費用に関しては、MEO対策業者ごとに様々なプランがあり、公式ホームページなどで費用を公開していない業者がほとんどです。気になるオプションサービスがあるのであれば、個別に問い合わせしてみましょう。

MEO対策に費用をかける価値は?

集客アップサービス

「MEO対策に費用をかける価値はあるのだろうか」というような疑問を抱いたことがある方も、多いのではないでしょうか。

MEO対策で成果を上げられていない経営者ほど、このように疑心暗鬼になります。結論からいうと、費用をかける価値は十分にあります。

それは、MEO対策によって店舗への来店数が増加したり、店の認知度が高まったりすることで売上アップという形で採算が取れるためです。

さらに、MEO対策を業者に任せることで、店舗スタッフの稼働は大幅に軽減されます。その分、本業に集中できることなどを考えると、非常に大きなメリットを得ているのです。

弊社が提供している「MEO対策サービス」も同様に、店舗スタッフの負担を減らしながらも、来店数を増加させて売上アップを実現するサービスです。

これまでに7,000店舗以上におよぶ集客支援の経験をもとに、他社を圧倒する高品質なMEO対策サービスを提供しています。

「MEO対策サービス」の費用や導入実績などの詳細は、以下のページからご確認ください。

→『MEO対策サービス』をチェック

失敗しないMEO対策の選び方

MEO対策サービスの費用についての知識が深まり、実際に依頼をしてみたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、MEO対策を依頼する専門業者は、慎重に選ばなければいけません。なぜなら、実績を偽って営業を行っているような悪質な業者も少なくないためです。

そこで、ここでは失敗しないためのMEO対策業者の選び方を解説していきます。

実績を確認する

必ずチェックしなければいけないのが、その業者の実績です。

公式のホームページに導入事例として実績を公開している業者も多いので、確実に確認しましょう。

実績を確認するときのポイントは、具体的な成果が「数字」で公開されているかどうかです。

たとえば、「総検索数1,300件から8,500件へ増加」「前年同月比120%」というような表現です。クライエントの承諾のもとに公開している実績であれば、信ぴょう性は高いといえるでしょう。

得意業種を見極める

MEO相場

MEO対策業者が得意としている業界や業種も、確認するようにしましょう。

自分が飲食店を経営しているのであれば、飲食店のクライエントで多くの実績を持つ業者を選ぶのです。

どのような業界や業種の実績が多いのかは、特定のクライエントに迷惑がかかる訳ではないので、業者側は答えられるはずです。

自分と同じ業種のクライエント実績が多い場合は、その業種における独自の知見が溜まっている可能性が高いです。

そのような業者に依頼した方が、成果が出やすいと考えられるため得意業種は必ず確認するようにしましょう。

キーワード選定方法の確認

MEO対策を実施するにあたって、キーワードの選定は非常に重要なポイントです。

キーワードの設定を間違えてしまうと、MEO対策の成果は期待できないためです。そのため、業者がどのようにキーワードを選定するのかも確認しましょう。

たとえば、「独自ツールでキーワードを抽出する」「Google社の~データを参照する」というような具体的な方法です。

その手法で、過去にMEO対策の実績が出ているのであれば、問題はないといえるでしょう。

Googleガイドラインに準拠しているか

Google検索結果において上位に表示されるには、Googleのルールに従って対策を進めて行かなければいけません。違反すると、様々なペナルティーを受けるためです。

とくに、Googleマイビジネスのガイドラインは、必ず一読しておきましょう。

参照先:Googleマイビジネス ヘルプ
「Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン」
https://support.google.com/business/answer/3038177?hl=ja

MEO対策の鍵を握るGoogleマイビジネス

集客アップサービス

MEO対策の軸になるのが、Google社が提供しているツールである「Googleマイビジネス」です。Google検索の検索結果と関係性が高いため、多くの飲食店が活用しています。

ここで解説してきた専門業者の「MEO対策サービス」も、サービスの中心はGoogleマイビジネスの設定や改善、運用によるものがメインです。

Googleマイビジネスを適切に運用することが、MEO対策の鍵を握っているのです。

ただ、適切に運用するにはMEOやマーケティングの知識や経験が必要です。少人数経営の飲食店などでは難しいのではないでしょうか。

そのような飲食店にお勧めするのが、Googleマイビジネスの運用をアウトソースする方法です。MEO対策を依頼するように、専門業者に運用を任せてしまうのです。

弊社の「Googleマイビジネス運用サービス」は、知識や経験の乏しい経営者に代わってGoogleマイビジネスの全運用を実施するサービスです。

店舗スタッフの労力を大幅に削減しながら、集客効果の最大化により、来店数や売上の向上に貢献します。具体的な導入事例も公開しておりますので、サービスの詳細を以下のページよりご確認ください。
 
→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック