お役立ちレポート

【2021年版 定点調査】地図アプリ利用率1位はGoogleマップ!エフェクチュアルが地図アプリの利用トレンドをレポート

調査概要

店舗検索に地図アプリが使われることが一般的になり、掲載される情報が店舗の集客に影響を及ぼすと考えられています。地図アプリは、商圏内のターゲットユーザーにダイレクトに店舗を認知させるため、来店確率の高いユーザーにアプローチすることができ、集客拡大につながる優秀な集客チャネルとして注目されています。そのためユーザーが地図アプリで参考にしている内容を充実させ、他店舗と差別化を図ることが店舗集客において重要な鍵となります。

2019年1月に同様の調査を実施した際の傾向と比較しながら、ユーザーの地図アプリの利用状況、何を目的に利用しているのか、お店の決め手となるポイントなどを分析しました。

《当調査資料では、以下の調査データを公開しております》

Q1:使ったことがある地図アプリを教えてください。
Q2:どのような目的で地図アプリを使いますか?
Q3:お店を決める時に決め手となるポイントを教えてください。
Q4:お店を決める時に決め手となるポイントを教えてください。
Q5:お店を決める時に決め手となるポイントを教えてください。(男女別)

調査条件

  • 調査元:株式会社エフェクチュアルの依頼によりマクロミルが調査
  • 調査人数:330名
  • 調査対象:全国の10代~50代の男女
  • 調査期間:2021年3月18日(木)〜2021年3年20日(土)
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 過去調査実績:2019年1月にも同様の調査実施
  • 地図アプリの利用トレンドをレポート