ブログ

店舗の集客力を高めるGoogleマイビジネスのウェブサイト連携とは?

店舗経営者の中にはWEB上からの集客力をアップさせるため、Googleマイビジネスの利用を検討している人もいるのではないでしょうか。

この記事では、Googleマイビジネスの基本的な知識やウェブサイトと連携するメリットなどを紹介します。
ウェブサイトを無料で作る方法や集客力をアップさせる効果的な運用方法などにも触れて解説しています。

Googleマイビジネスのウェブサイト連携とは?

Googleマイビジネスを利用するには、基本的な情報を理解しておく必要があります。
この段落では、Googleマイビジネスを使用する際のウェブサイトの役割や基礎知識などを解説します。

そもそもGoogleマイビジネスとは何か?

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスとは、店舗・会社の情報(住所や営業時間、電話番号、写真など)をプロフィール化して登録・管理できるサービスです。

プロフィールを登録しておくことでユーザーがGoogleマップなどで会社・店舗について検索した際、全ての情報がGoogleのサイト上に表示されるようになります。
プロフィールの登録・管理は無料で行えるので、余計なコストはかかりません。

Googleマイビジネスに情報を登録しておくとユーザーが自社を見つけやすくなるほか、情報を探しやすくなります。
これらは新規顧客を獲得できるチャンスなので、会社・店舗のオーナーにとってはメリットです。

また、Googleマイビジネスに登録した情報は定期的に管理しておくことが大切です。
プロフィール上にはユーザーからの口コミが投稿されることもあります。
口コミをチェックすることで、どのような評価を受けているのかがわかったり、返信してユーザーとコミュニケーションを取ったりすることも可能です。

積極的にコミュニケーションを取ると、ユーザーからの信頼度を高められる可能性があります。
登録した情報の更新も定期的に行い、ユーザーに会社・店舗の情報を正確に伝えるようにしましょう。

ウェブサイト連携にはどのような役割があるのか?

ウェブサイト連携

Googleマイビジネスでは、会社・店舗のプロフィールに加えて、ホームページやブログなどのウェブサイトを紹介・連携させることもできます。

紹介・連携しておくとユーザーがプロフィールをチェックしたとき、掲載されたリンクをクリックするだけでウェブサイトへアクセス可能です。
より深く会社・店舗について知ってもらえるチャンスなので、ウェブサイトの連携は積極的に行っておきましょう。

また、ウェブサイトはGoogleマイビジネスに登録したプロフィールよりも詳しい内容を掲載しておく必要があります。
内容が充実していることで、ユーザーはより詳しい会社・店舗の情報をスムーズに得られます。

具体的なウェブサイトの内容としては、基本的なプロフィールに加えて、展開している商品・サービスやこれまでの実績などです。
ユーザーにメリットのあるコンテンツ(商品紹介のコラムやキャンペーンなど)を掲載しておくと、より魅力的なウェブサイトとなります。

Googleマイビジネスにウェブサイトを連携するメリット

ここからは、Googleマイビジネスに会社・店舗のウェブサイトを連携させるとどのようなメリットがあるのかを解説します。

集客力を強化できる

集客力の強化

Googleマップやグーグル検索を利用してユーザーが会社・店舗に関する情報を検索した際、ウェブサイトがなければ知りたい情報を見つけるのは難しいです。
この場合、知りたかった情報を諦めて、別の会社や店舗の商品・サービスを検索して購入する恐れがあります。

そのため、GoogleマップやGoogle検索などの集客ルートにウェブサイトが加わるというのは、新規顧客や見込み客を獲得できることにつながっていきます。

また、近隣ユーザーが検索し、充実した内容で魅力的な情報の詰まったウェブサイトであれば、実際に店舗まで足を運んでもらえる可能性があります。
さらに、検索する度に情報が更新され内容がより充実していれば、認知度向上やローカルブランドの強化などにも期待できます。

また、Googleマイビジネスは位置情報の登録が可能です。
位置情報と組み合わせてウェブサイトの充実した情報を提供できれば、MEO対策にもつながります。

MEO対策によって検索結果の上位に自社の情報が表示されるので、より多くのユーザーのアクセスに期待できます。
集客力アップにもつながるので、充実した情報の提供は重要です。

分析できるユーザー情報が増える

ユーザー情報の増加

Googleマイビジネスを活用すると、検索しアクセスしたユーザー情報を分析することができます。
具体的には、リスティング情報(会社・店舗の住所や電話番号など)を表示した回数や検索クエリ(検索する際に使用した語句)などがわかります。

リスティング情報の表示回数を分析することで、どれだけのユーザーが興味を持って検索してくれたのかを把握可能です。
検索クエリが確認できると、ユーザーが持っている会社・店舗へのイメージやどんなことを期待して検索したのかなどがわかります。

期待されていることがわかれば、今後の営業方針やウェブサイトに掲載する内容の改善などに役立てることも可能です。

また、Googleマイビジネスとウェブサイトを連携させると分析できる幅が広がります。
具体的には、検索エンジンの検索結果からウェブサイトへ流入したユーザーのクエリやクリック率などです。

これらを把握すると、ユーザーの興味関心を多角的に分析し、今後の事業展開や新規商品・サービスを検討する際に役立てることができます。

ウェブサイトがなくても大丈夫!「ウェブサイトビルダー」とは?

ウェブサイトビルダーは簡単にオリジナルのウェブサイトを作成できるツールです。
これまでウェブサイトを保有したことのない人でも始められます。

この段落では、ウェブサイトビルダーについて、特徴や機能などを紹介します。

無料で簡単に使用できる

無料使用

Googleが提供しているツール「ウェブサイトビルダー」は、無料で簡単にウェブサイトを作成することができます。

ウェブサイトを作成したことのない人でも始められるよう、いくつかのテンプレートが用意されています。
テンプレートの中から会社・店舗のイメージに合ったデザインなどを選択し基本情報を入力するだけでウェブサイトを作成可能です。

最短10分程度で完成させることができます。

プログラミングやWEBデザインといった特別な知識・技術がない人でも作成できるのが大きな特徴です。

また、作成したウェブサイトには背景写真やメニュー写真などを掲載できます。
お店の店内や商品などを写真を掲載することで、会社・店舗のイメージをより強くユーザーに持ってもらえます。

さらに、ウェブサイトビルダーで作成したウェブサイトは、独自ドメインの設定も可能です。
独自ドメインを設定しておくことで、SEO対策なども講じられます。
より多くのユーザーにアクセスしてほしい場合は設定してみましょう。

他にも、ウェブサイトビルダーは無料の電話サポートがついています。
操作方法がわからないときやトラブルが発生した場合に相談できる窓口です。

スマホから閲覧・更新ができる

スマホから閲覧

他のホームページ作成ツールはPCでしか操作できないことが多いですが、ウェブサイトビルダーはスマートフォンからでも構築や更新が可能です。
そのため、移動中や屋外へ出ているときでもウェブサイトを更新できます。

また、レスポンシブ対応(端末の画面サイズに合わせてウェブサイトが表示される)もしているため、特別な操作や設定をしていない状態でもPCやタブレット、スマートフォンからアクセス可能です。

これによって、より多くのユーザーからウェブサイトへアクセスしてもらうことができます。
スマートフォンの普及率が上がってからは、ウェブサイトの閲覧をスマートフォンでする人が多くなりました。

ウェブサイトの種類によっては、8~9割近くの人がスマートフォンによるアクセスとなっているケースもあります。
決して無視できない数字なので、ウェブサイトビルダーがスマートフォンにも難なく対応できるのは大きなメリットです。

公開情報の一元管理ができる

情報の一元管理

Googleマイビジネスとウェブサイトを並行して運営している場合、新しい情報を掲載する際は両方同時に更新しなければなりません。

一方のみが更新されている状態では、閲覧したユーザーがどちらを信用すればいいのかわからなくなります。
ウェブサイトビルダーの場合、Googleマイビジネスに登録している情報と連動しているので、どちらか一方を更新するだけで両方とも同じ情報に合わせられます。

これにより、一方が古い情報のままでユーザーが混乱する、更新内容の間違いといったトラブルを未然に防ぐことが可能です。

Googleマイビジネスを活用して集客アップにつなげるには?

Googleマイビジネスによって集客を増やすには、いくつかのポイントを押さえて活用することが大切です。
この段落では、集客アップを狙ったGoogleマイビジネスの具体的な活用方法について解説します。

データから顧客のニーズを分析する

顧客ニーズ分析

集客をアップさせるには、Googleマイビジネスを使って顧客のニーズを分析することが重要です。

Googleマイビジネスには、ユーザーが情報を表示した回数やルート検索回数、電話回数、サイトへのアクセス履歴など豊富なデータが残っています。
これらのデータからどのような情報が特に注目されているのか、サイトへのアクセスが低い理由などを分析し、顧客のニーズを掴みます。

あくまでも仮説でしかニーズを把握できませんが、実際に改善策を講じて効果測定を繰り返し行いましょう。
何度も繰り返していくうちに、顧客のリアルなニーズに近づきます。

また、ウェブサイトにもGoogleアナリティクスなどのユーザーの動向を解析できるツールを導入すれば、より細かい項目ごとに分析可能です。
具体的には、訪問数やアクセス数、直帰率、平均滞在時間、離脱ページ、顧客属性などから分析します。

Googleマイビジネスとウェブサイトのデータからよりリアルな顧客のニーズを検討してみましょう。
ニーズを把握することで、魅力的な店舗作りや事業計画などを立てることにもつながります。

競合店舗の情報をチェックする

競合店舗チェック

競合店舗の中には、Googleマイビジネスやウェブサイトなどの見せ方や作り方を工夫して、集客アップにつなげているところもあります。
アクセスしてくるユーザーは、わかりやすく情報が整理され、理解しやすい内容であれば中身をしっかり読んでくれます。

しかし、全体的に読みにくく、わかりにくい内容になっている場合、時間をかけて読んでくれるケースは多くありません。
自社でウェブサイトなどを運営している場合、経験や知識がなければ、ユーザーに閲覧してもらいやすいウェブサイト作りは難しいです。

情報をアピールする方法などにも偏りが出てきやすいですが、競合店舗にも目を向けることにより、良い方法を自社に取り入れられる可能性があります。
さらに、競合店舗のGoogleマイビジネスやウェブサイトをチェックする中で、新たな情報をキャッチすることも可能です。

このような情報を少しでも早く得られれば、競争に出遅れずに済みます。

キャッチできる情報は、営業時間の変更や新キャンペーン・商品・サービスなどです。
営業時間が変更されれば、競合店舗が営業しない時間帯に利用できるサービスを作ることができます。
新キャンペーンや商品などの場合、それに合わせて自社でも価格や内容で対抗可能です。

Googleマイビジネス運用サービスを利用する

Googleマイビジネス運用サービス

Googleマイビジネスと連携したウェブサイトの作成・運用は簡単に始められます。
しかし、蓄積したデータの分析や改善アクションを継続的に実施し、効果測定も行うには相応の知識や経験がないと難しいです。

経験や知識を補うには、「Googleマイビジネス運用サービス」を利用することも検討しましょう。
ロケコネでは、「Googleマイビジネス運用サービス」を展開しており、専門知識を持ったスタッフに集客アップを狙った運用などを任せられます。

金融業や医療業、サービス業など幅広い業種でアクセス数や検索数などをアップさせてきた実績があるので、安心して任せることができます。

具体的なサービス内容は、MEO対策の提供やGoogleマイビジネスの運用コンサルティングなどです。
MEO対策では、Googleマップ上で自社の情報を上位に表示させ、ユーザーの閲覧数をアップさせられます。
店舗への来客数もアップさせられるので、売上増加に期待できるサービスです。

→「Googleマイビジネス運用サービス」はこちら

Googleマイビジネスの運用コンサルティングでは、基本設定や投稿機能の活用など会社・店舗に応じた運用方法を学習可能です。

他にも、顧客からのネガティブなレビューへの対応方法をアドバイスしてもらえるサービスもあります。
初めてGoogleマイビジネスを運用する会社・店舗はレビューへの対応で顧客とのトラブルに発展しないためにも、利用しておきたいサービスです。

Googleマイビジネスのウェブサイト連携で集客を増やそう!

Googleマイビジネス連携

Googleマイビジネスとウェブサイトを運営し、双方を連携させることでユーザーへ魅力的な情報を提供できます。
ただし、集客効果を高めるには、豊富な経験と知識を持ったプロに運用してもらうことも検討しなければなりません。

ロケコネでは、Googleマイビジネスを効果的に運用できるサービスを展開しています。
Googleマイビジネスとウェブサイトの運用が不安な場合は、ロケコネを利用してみましょう。