ブログ

Googleマイビジネスに投稿する写真の推奨サイズと注意点

Googleマイビジネスには写真を投稿する機能があり、料理や新メニューなどを効率よくアピールできます。

しかし、投稿する写真のサイズが気になった方もいるのではないでしょうか。実は、Googleはガイドラインの中で、写真の推奨サイズを公表しています。

ここでは、Googleマイビジネスに投稿する写真の推奨サイズや注意点について解説していきます。

Googleマイビジネス 写真の推奨サイズ

Googleマイビジネスに投稿する写真サイズに関しては、Googleは公式サイトにおいて、以下のようにガイドラインを設けています。
 

形式: JPG または PNG
サイズ: 10 KB~5 MB
推奨解像度: 縦 720 ピクセル、横 720 ピクセル
最小解像度: 縦 250 ピクセル、横 250 ピクセル
品質: ピントが合っていて十分な明るさのある写真を使用します。大幅な加工や過度のフィルタ使用は避けてください。雰囲気をありのままに伝える画像をお選びください

 

引用元:Googleマイビジネスヘルプ「写真や動画をビジネス プロフィールに追加する」
https://support.google.com/business/answer/6103862?hl=ja&ref_topic=6130059

これらのガイドラインについて、詳細を解説していきます。

1.形式

写真の画像ファイルの形式を指しています。Googleは「JPGファイル」または「PNGファイル」を推奨しております。

スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真は、ほとんどがJPGファイルで保存されますので、ファイル形式に関しては特に問題ないでしょう。

2. サイズ

写真の画像ファイルの容量(サイズ)を指しています。推奨のファイル容量は、10 KB~5 MBです。

高画質な撮影が可能な高性能カメラで撮影した場合、ファイル容量が5 MBを超える可能性もあります。このようなときは、専用ソフトなどを利用して容量を縮小するようにしましょう。

03. 推奨解像度と最小解像度

写真の画面解像度における推奨と最小値のピクセル(px)値を示しています。

推奨解像度: 縦 720 ピクセル、横 720 ピクセル
最小解像度: 縦 250 ピクセル、横 250 ピクセル

縦と横のピクセル値が同じですので、正方形の写真を推奨していることが分かります。

04. 品質

写真の品質に関して注意するべきポイントは、カメラのピントがあっており、全体が明るく撮れている写真を選ぶことです。

また、スマートフォンのアプリなどを使って、大幅に写真を加工したり、明るさを調整したりすることは避けましょう。

推奨サイズの写真投稿のメリット

Googleの推奨サイズの写真を投稿すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

実は、Googleマップなどの検索結果に表示される写真は、投稿したオーナーが選択することはできません。投稿された写真がランダムで表示されるのです。

ただ、Googleは投稿された写真のランク付けを行っており、関連度の高い写真を優先的に表示しています。

このとき、上記で説明したガイドラインを遵守した写真が優先されるのです。

検索結果に表示される写真は、その店舗を魅力的にアピールできる写真にしたいはずです。そのためにも、推奨サイズの写真を投稿しましょう。

なお、Googleマイビジネスの写真が表示される順番については、下記の記事で詳細を解説しておりますので、あわせてご確認ください。

関連記事「Googleマイビジネスの写真の順番はどう決まる?変更するには?」
https://location-connect.com/googlemybusiness/order/

Googleマイビジネスで写真サイズの変更

スマートフォンやデジタルカメラで写真を撮影したときに、写真サイズが大きすぎてしまうことはないでしょうか。

このような場合は、Googleマイビジネスの「写真の切り抜き」機能が便利です。写真の切り抜き機能とは、アップロードした写真を編集できる機能です。

下記の画像のように、カーソルをドラッグして範囲を指定することで、画像を切り抜くことができます。
 

 
■操作手順(パソコン)
1.Googleマイビジネスの投稿機能から写真をアップロードする。
2.アップロード完了した写真の左下に表示される「切り抜き」ボタンをクリックする。
3.上記の画像のように、カーソルをドラッグして、写真の切り抜き範囲を指定する。
4.左下にある「写真をアップロード」ボタンをクリックして完了。

想定していたよりも写真サイズや解像度が大きい場合は、この切り抜き機能を使って写真のサイズを変更しましょう。

写真を投稿するときの注意点

Googleマイビジネスで写真を投稿する際には、どのようなポイントを意識しなければいけないのでしょうか。

ここでは、写真を投稿するときの注意点について解説していきます。

写真公開までの時間

Googleマイビジネスでは、写真を投稿しても即時に反映されるとはかぎりません。ポリシーに違反している不適切なコンテンツではないかを、Googleが審査する時間が必要になるためです。

ポリシーに違反しているとGoogleが判断した場合は、「不承認」と表示され、Google検索やGoogleマップの検索結果に表示されません。

参照元:Googleマイビジネスヘルプ「写真と動画のアップロード」
https://support.google.com/business/answer/6103862?hl=ja&ref_topic=6130059

プライバシー

特定の個人のプライバシーを侵害するような写真は、Googleは投稿を禁止しています。

たとえば、飲食店で料理を撮影したときに、第三者(他のお客様など)が写っていた場合は、その本人の許可なしに写真を投稿することはできません。

他のお客様や通行人などが写真に写っている場合は、第三者のプライバシーを侵害しないかを十分に注意しましょう。

参照元:Googleマイビジネスヘルプ「写真と動画に関するポリシー」
https://support.google.com/business/answer/10693375

規制対象、禁止コンテンツ

Googleは、アルコールやタバコ、ギャンブル、金融サービス、医薬品というような特定の分野を規制対象としています。これらに関する商品やサービスの写真投稿は禁止されています。

また、損害や犯罪行為につながるような危険性が高く、もしくは違法な商品やサービスの写真投稿もNGです。多岐にわたり禁止事項が設けられておりますので、下記の公式サイトには必ず一読しておきましょう。

参照元:Googleマイビジネスヘルプ「写真と動画に関するポリシー」
https://support.google.com/business/answer/10693375

Googleマイビジネスの運用リソースに困ったら

集客アップサービス

写真を投稿する際の注意点だけではなく、その他にも気を使わなければいけないポイントがGoogleマイビジネスには存在します。

たとえば、お客様への口コミ返信やメッセージのやり取りというような業務です。写真と同様にガイドラインが設けられており、遵守しなければお客様の信頼を失うケースも考えられます。

Googleマイビジネスは、様々な機能が備わっている便利なツールですが、運用を間違えてしまうと逆効果にもなりかねないのです。

適切に運用してMEOの効果を高めるには、運用の正しい知識や経験が必要になるのです。

ただ、数名の店舗スタッフで経営している飲食店にとっては、専属の担当者を雇うのは困難でしょう。そのような方にお勧めするのが、運用のアウトソースです。

弊社の「Googleマイビジネス運用サービス」は、お客様に代わってGoogleマイビジネスの全運用を代行するサービスです。

7,000店舗以上の集客支援に携わってきた経験をもとに、質の高い運用サービスを提供します。店舗情報へのアクセスや問い合わせ数をアップさせ、集客アップを実現します。

「Googleマイビジネス運用サービス」の詳細は、以下のページよりご確認ください。
 
→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック

写真の投稿で集客アップさせる方法

ここからは、どのように写真を投稿していけば、集客アップに繋がるかを解説していきます。

Googleマイビジネスを活用して、来店数や売上をアップさせたい店舗オーナーは、ぜひ参考にしてください。

定期的にコンテンツを投稿する

写真も含めたコンテンツの投稿は、定期的に実施しましょう。Googleマイビジネスの評価が高まり、検索結果の上位に表示されやすくなるためです。

Googleマイビジネスのコンテンツ投稿の担当者を決めるなどして、継続的に投稿できるような体制を整えると良いでしょう。

魅力的な写真を撮影・投稿する

検索ユーザーの目に止まるような、魅力的な写真を撮影しましょう。店舗の料理がひと目で分かるような写真は、クリックされやすいためです。

下記のGoogle検索結果の画面のように、店舗情報と一緒に写真が必ず表示されます。美味しそうな料理の写真が目に入れば、誰でも興味を惹かれますよね。

 

 
費用をかけて高額な撮影機材を揃えなくても、明るさや角度の調整によって印象は大きく変わるものです。撮影の方法を工夫してみましょう。

インドアビューで店舗の様子を伝える

インドアビューで飲食店の店舗内を撮影し、公開するのも集客に効果があります。インドアビューとは、360度の視野で店舗内を撮影する画像の機能です。

画像をクリックすることで、インドアビューの視点を動かせるため、店舗内の様子を伝えるのに効果的なのです。

なお、インドアビューと撮影方法については、下記の記事で詳細を解説しておりますので、あわせてご確認ください。

関連記事「Google認定フォトグラファーとは?依頼する方法やメリット、注意点」
https://location-connect.com/googlemybusiness/photo/

集客アップには時間と労力が必要

集客アップサービス

ここまで解説してき集客アップさせる方法を実施すれば、確実な効果が期待できるでしょう。しかし、飲食店にとっての問題は、運用のリソース不足ではないでしょうか。

マーケティング担当者がいないような飲食店にとっては、Googleマイビジネスの運用にかかる時間や労力を極力抑えたいはずです。

そのような飲食店にお勧めするのが、運用のアウトソースです。弊社の「Googleマイビジネス運用サービス」は、お客様に代わってGoogleマイビジネスの全運用を代行するサービスです。

Googleマイビジネスの基本的な設定からコンテンツ投稿の代行、データ分析などの業務を代行します。店舗スタッフの負担は大きく軽減されると同時に、高い集客効果を期待できます。

「Googleマイビジネス運用サービス」の詳細は、以下のページよりご確認ください。
 
→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック