ブログ

SEO対策とMEO対策の違いとは?向いているケースやポイントも紹介

インターネットを利用して効率的に集客を進めたいと考えたときに、「SEO対策とMEO対策のどちらが向いているのか」を検討することは重要です。

SEO対策とMEO対策には、それぞれメリットや注意点があります。

今回は、SEO対策とMEO対策の違いを詳しく解説します。SEO対策が向いているケースやMEO対策が向いているケースをご紹介するほか、売上アップのために押さえておきたいポイントも解説します。

WEB集客を進めて売上を上げたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

SEO対策とは?

SEO対策とは、検索エンジンで特定のキーワードで検索された際に上位表示を狙って行う対策のことです。
上位表示とは、主に検索結果の1ページ目に表示されることを意味します。

そして、最上位に表示されるとユーザーの目にとまりやすくなります。
その結果、クリック率が高くなり、集客につながるのです。

Google検索を利用するユーザーが世界的に多いことから、SEO対策とはGoogle検索で上位表示されるための対策と考えて概ね間違いありません。

ちなみに、SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略称になり、日本語では「検索エンジン最適化」を意味します。
SEOでは、検索エンジンに最適化されたサイトが、上位に表示される仕組みになっています。

つまり、

ユーザーがインターネットを検索して知りたい内容が、自分のホームページやWEBサイトに掲載されていれば、そのサイトは検索エンジンに最適化されている

ことになります。

SEO対策を行ったサイトは、検索結果で上位表示されやすくなり、多くのユーザーに知ってもらえます。
また、一度上位に表示されると、検索したKWでユーザーが継続的に流入してくれるため、高い集客も期待できるのです。

MEO対策とは

MEO対策とは、ネット検索やGoogleマップの検索の結果において、自分のサイトを上位に表示させるための施策です。

MEO対策を行ったサイトほど、上位表示されやすくなります。

たとえば、Google検索エンジンを使って、地域の寿司屋さんを調べた場合、以下の画面が表示されます。

WEBサイトの検索結果より上にローカルパックと呼ばれる店舗と地図が表示されます。MEO対策を行うことでこのローカルパックの上位で表示されるようになります。

お店の住所や連絡先が掲載されているため行きたいお寿司屋さんを選び、ナビや電話などユーザーは次のアクションを起こすことができます。

そして、

上位表示されるお店ほどユーザーの目にふれやすいため、結果的に集客でも有利になれる

のです。

MEO対策の具体的な進め方と集客のポイントについては、こちらの記事をご覧ください。

関連記事:MEO対策とは?具体的な進め方と集客のポイントを解説

SEO対策とMEO対策の違い

SEO対策とMEO対策の違いは主に3つです。

  • 対策にかかる費用
  • 競合するライバル
  • 対象にするユーザー

それぞれみていきましょう。

対策にかかる費用

SEO対策には、10,000円で可能な対策から100万円以上の対策まであります。

SEO対策は、自分でできる対策から専門知識が欠かせない対策まで、幅広いのが特徴です。
そのため、対策の内容によって費用も異なります。

たとえば、HTMLタグやページ速度の改善、スマホへの対応など、設定に時間や労力がかかる作業が必要になっていきます。
専門知識が必要となり、外部に依頼するとなるとそれ相応の費用がかかります。

SEO対策が施されたサイトを一から立ち上げる場合、キーワードの調査や分析を含めて100万円を超えるケースもあります。

一方、

MEO対策は無料ではじめることができます。

登録や利用にもお金がかかることがなく特別な専門知識も必要ないため、気軽に対策を行うことができます。

競合するライバル

SEO対策はMEO対策に比べて、競合するライバルサイトが多い傾向にあります。

お店のジャンルや検索するキーワードによってライバルの数は異なりますが、大企業のWEBサイトが相手になることも少なくありません。

そして、

ライバルサイトが強いジャンルでは、SEO対策を施しても上位表示がむずかしいケースがある

のです。

その点、MEO対策で相手になるのは、地域にある実店舗になります。お寿司屋さんなどの飲食店は基本的にローカルビジネスなので、お店の近くにある同じジャンルのお店と上位表示を競うことになるのです。

実店舗のあるローカルビジネスの場合、SEOよりもMEOの結果が上位表示されます。

対象にするユーザー

SEO対策とMEO対策では、検索エンジンを利用して情報を調べているユーザーすべてが対象となります。

ただし、SEO対策はMEO対策に比べて、パソコンを利用する機会が多い人を対象にしています。

その理由は、パソコンのディスプレイの方が携帯端末より多くの情報を確認できるためです。SEO対策が施されたホームページを見る際は、パソコンのディスプレイの方がお店の具体的なサービスや特徴を確認しやすいという特徴があります。

一方、MEO対策では、主にスマートフォンを持ったユーザーを対象にしています。
Googleマップをスマートフォンにインストールして使うユーザーが多いためです。

そして、利用したいお店やサービスを調べるためにGoogleマップを利用する顕在顧客がいます。

また、具体的なお店の名前や商品名、サービス名などで検索するため、

潜在的にお店を訪問したいと思っている潜在顧客が多いのもMEO対策の特徴

です。

SEO対策に比べて潜在顧客が多い点もMEO対策の特徴になります。

MEO対策が向いているケース

MEO対策の方が向いているケースを3つご紹介します。

口コミ機能を利用して実店舗の新規顧客を生み出したい
投稿機能を通じて優良顧客を確保したい
できるだけ費用を抑えて高い成果を出したい

詳しくてみていきましょう。

口コミ機能を利用して新規顧客を生み出したい

ユーザーから高評価してもらえるサービスを提供し、口コミで新規顧客を生み出したいお店には、MEO対策が向いています。

Googleマップには、お店を利用した人が感想や評価を書き込める口コミ機能が搭載されています。星1つから星5つで、お店のサービスを評価できます。最高評価が星5つとなり、最低評価が星1つです。

口コミは誰でも閲覧できるため、これから利用を検討する人の判断材料になる

のです。

星5の評価やポジティブな内容の口コミが集まれば、新規顧客の増加が期待できます。

また、口コミ投稿一覧では、投稿してくれたユーザーにお礼を伝えたりユーザーからの質問に返答したりできます。
ユーザーを大切にする姿勢を示していれば、口コミ投稿を見ているユーザーが、「このお店は顧客を大切にしてくれている」と感じて集客につながります。

投稿機能を通じて優良顧客を確保したい

投稿機能を通じて優良顧客を確保したい場合も、MEO対策がおすすめです。

Googleマップの投稿機能を利用すれば、お得なキャンペーンやタイムセールといった告知を、ユーザーにリアルタイムで届けられます。お得な情報を発信することで、ユーザーに利用を検討してもらうのです。

新規顧客を呼び込めるほか、すでに利用した顧客にも再びお店のメリットを伝えられます。

そのため、新規顧客から、お店を何度もリピートしてくれる優良顧客になるかもしれません。

また、投稿機能を使えば、臨時の休日なども発信できるため、顧客とのミスマッチも防げます。

できるだけ費用を抑えて高い成果を出したい

「費用をできるだけ抑えて、高い成果を出したい」という方にも、MEO対策がおすすめです。

MEO対策では、Googleビジネスプロフィールに必要な情報を入力することで、Googleマップにお店の情報が追加されます。Googleビジネスプロフィールの登録は無料で行えるうえ、写真の追加や投稿機能を利用しても追加料金は発生しません。そのため、

費用を抑えながら集客に取り組むことが可能

です。

Googleビジネスプロフィールにて、無料で行える内容がこちらです。

  • お店の基本情報の登録
  • 写真の投稿
  • 口コミへの返信
  • 投稿機能を利用した告知
  • ユーザーとのメッセージ
  • 情報の追加登録

Googleビジネスプロフィールで費用が発生するのは、お店の宣伝写真を専門家に依頼したり、Google広告を利用したりと外部に依頼した場合のみです。

ただし、MEO対策で確実に効果を出したい場合は、外部の専門家を検討するのが早道になります。

SEO対策が向いているケース

SEO対策が向いているケースも確認していきましょう。

  • ホームページを利用して優良顧客を集めたい
  • 長期的に集客して売上を上げたい
  • 潜在顧客にアピールしたい

それぞれ解説します。

ホームページを利用して優良顧客を集めたい

自社ホームページから優良顧客を集めたい場合は、SEO対策が向いています。

特定のキーワードで上位表示されると、多くのユーザーが検索エンジンから流入してくれます。ホームページのアクセス数も高い数値になるでしょう。

特定のキーワードからやってくるユーザーは、すでにキーワードへ興味があり購買意欲が高い

のが特徴です。

たとえば、本記事のキーワードである「SEO対策 MEO対策」と検索したユーザーは、すでにSEOとMEOについて興味があります。
中には、「SEOとMEOの違いはわかるけど、両者のメリットを知りたい」という人もいるでしょう。

またホームページはGoogleのサービスに依存しないため掲載できるコンテンツの数が豊富で動画を掲載したり、別のページでおすすめのメニュー一覧を見てもらったりとできることは無限大です。

ホームページを利用して優良顧客を集めたい場合は、SEO対策が向いています。

長期的に集客して売上を上げたい

長期的に集客して売上を上げたい場合も、SEO対策が向いています。

ホームページが上位表示されると、該当キーワードでユーザの流入が見込めます。上位表示し続ければ、半永久的にお店や商品の情報を届けられます。

ユーザーが自分から情報を受け取りに来てくれるため、広告を毎日出す必要もなくポスティングを毎日行う必要もありません。

潜在顧客にアピールしたい

潜在顧客とは、まだ自社のお店や商品を知らない人を指します。「私はこの商品が欲しい」「こんなサービスを受けたい」などのニーズが表に出ていないため、購買意欲に自分でも気づいていないユーザーともいえます。

そんなユーザーがホームページを見たりサイト内を回遊していると、「そういえばこんな商品ほしかったな」「昔、こんなサービスを受けてみたかったんだっけ」と自分のニーズに気づき、お店の利用を検討してくれます。

また、ホームページならユーザーが潜在的に欲しいと思っている情報を届けることも可能です。

自社ホームページでは、

文章はもちろん、写真や動画などでもお店の魅力をアピールできます。

そのため、潜在顧客にアピールしたい場合、SEO対策が向いています。

潜在顧客の対義語として、自分が欲しい商品やサービスが何かわかっている顧客が顕在顧客です。顕在顧客は、特定のキーワードでホームページを訪れています。そのため、優良顧客化するために、お店のサービスの質を上げるなどして、他のお店との差別化を進めていきましょう。

MEO対策に欠かせないポイント

MEO対策に欠かせないポイントは3つです。

  • Googleビジネスプロフィールの情報を充実させる
  • 魅力を伝える写真を設置
  • ジャンルにあわせた情報を掲載

確認していきましょう。

Googleビジネスプロフィールの情報を充実させる

Googleビジネスプロフィールを充実させると、Googleマップにあるお店の情報も充実します。電話番号やメールアドレスが記載されていればその場で予約ができるほか、住所が掲載されていれば、お店までGoogleマップのナビ機能を利用してたどり着けます。

ユーザーの役に立つ情報が掲載されていると、Googleからの評価も高まります。その結果、

Googleマップのお店が上位表示されやすくなる

のです。

Googleビジネスプロフィールに登録する主な情報はこちらです。

  • 概要(店名、住所、連絡先)
  • 基本情報(サービスオプション、特徴、バリアフリーなど)
  • 営業時間
  • ホームページ(自社ホームページがあれば記載します)

魅力を伝える写真を設置

写真の設置は、MEO対策で重要なポイントです。

写真には、一目でお店の魅力を確認できる情報発信力があります。そのため、子どもからシニアの方にまでわかりやすく情報を伝えてくれます。文章を読むよりも

短時間でお店の魅力を伝えられる

点も、大きなメリットです。

ユーザーが思わず利用したくなるような魅力的な写真を掲載すれば、効率的な集客につながります。

ジャンルにあわせた情報を掲載

お店のジャンルにあわせた情報を入れておくと、ユーザーが検索した際に表示されやすくなります。そのような、ビジネスに関する詳細な情報を「属性」で設定することができます。

たとえば、飲食店なら「テイクアウトの可否」「イートインスペースの有無」「宅配に対応しているか」といった情報が属性に分類されています。

「無料Wi-Fiの有無」や「車いす対応のトイレが設置されているか」などの属性を掲載すれば、お店のジャンルに関わらず多くのユーザーの役に立つでしょう。

ジャンルにあわせた属性を入れておけば、

集客の取りこぼしを少なくすることができます。

まとめ

SEO対策とMEO対策のどちらにも、大きなメリットが存在します。そのため、SEO対策とMEO対策の両方を実施できれば、全国のユーザーや地域の顧客の両方にお店の魅力をアピールでき、集客も進むでしょう。

しかし、SEO対策は高い集客効果を期待できる反面、成果が出るまで時間がかかるというデメリットもあります。そのため、まずはMEO対策を充実させてお店の売上を安定させ、SEO対策はじっくりと時間をかけて進めていくという方法が現実的です。

これからWEB集客を進めようと考えている方や、費用を抑えて集客できる方法を探している場合、MEO対策から検討してはいかがでしょうか。

弊社エフェクチュアルはMEO対策を手助けするサービスを提供しています。MEOについてお悩みの方はぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?