ブログ

飲食店マーケティング手法5選!店舗運営を成功させるポイントも徹底解説

飲食店がマーケティングに取り組むと、新規顧客とリピータ―の獲得率アップにつながります。
しかし、マーケティングに取り組む理由が曖昧だったり顧客のニーズを正しく分析できていなかったりすると、労力に見合った成果が見込めません。

そこで本記事では、売上をアップして店舗運営を向上させたい店舗オーナーや担当者の方に向けて、飲食店がマーケティングに取り組むべき理由や集客に効果的なマーケティング手法を解説します。
さらに、マーケティングに役立つ分析手法やマーケティングを成功させるポイントも紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

飲食店がマーケティングに取り組むべき理由

マーケティングとは、「売れるための仕組み作り」を意味します。
店舗の売上を向上させて店舗運営を安定させるためには、マーケティングに取り組むことが近道です。
飲食店なら、新規顧客を多く獲得したうえで、顧客をリピータ―にまで育てる仕組みを構築するためにマーケティングを活用します。

顧客ニーズの変化に対応できる

マーケティングに取り組むと、顧客ニーズの変化に柔軟に対応できるようになります。
トレンドや時代背景の変化もキャッチできるようになるため、ユーザーに必要とされるサービス提供が可能になるのです。

例えば、2020年に感染症対策の重要性が叫ばれるようになり、外出せずに自宅で外食を楽しめるフードデリバリーの需要が増加しました。
「Uber Eats」「出前館」「Wolt」といったフードデリバリーサービスを利用するユーザーが増加して、飲食業界に新しい変化が起きたといえるでしょう。
ユーザーのニーズに対応する形で、自店舗にデリバリーサービスを導入すれば、それまで自店舗を利用していなかったユーザーの獲得が期待できるのです。

新規顧客の確保につながる

マーケティングに取り組むと、自店舗を認知していなかったユーザーに来店を促すこともできます。
電通が提唱し、ネットビジネスのマーケティングに活用されている「AISAS理論」をみてみましょう。
「AISAS理論」によると、自店舗を認知していないユーザーが自店舗を利用するまでの心理プロセスには「Attention」「Interest」「Search」「Action」「Share」の5段階があると考えられています。

  • Attention(注目)・・・商品やサービスを知った段階
  • Interest(興味・関心)・・・興味や関心を持ち始めた段階
  • Search(検索)・・・検索したり口コミを見たりして商品やサービスを自発的に調べる段階
  • Action(行動)・・・商品やサービスを購入した段階
  • Share(共有)・・・商品やサービスの評価や感想を周囲に知らせる段階

飲食店の場合も、Googleマップに掲載された自店舗の情報を充実させたりお得な情報を投稿したりすることで、ユーザーの来店を促せます。
これはAISAS理論の、InterestやSearchにあたるでしょう。
SNSを活用して自店舗の感想や評価を拡散してもらう方法は、AISAS理論のShareにあたります。

マーケティングに取り組むと、AISASの各段階に応じた対応が可能になるため、効率の良い集客につながるのです。

顧客をファン化できる

マーケティングに取り組むと、顧客のニーズにマッチしたサービス提供が可能になります。
その結果、顧客の満足度は自然に向上するため、リピート率のアップも期待できるでしょう。
顧客をファン化できれば、来店率や客単価の向上も期待できます。

Googleマップに投稿されたお店の評価や意見を、サービス改善の参考にすれば、顧客に求められる店舗に近づきます。
また、オンライン上だけでなく、レジや店内にアンケートボックスを設置したり直接依頼したりして、率直な意見を伺う方法も有効でしょう。
お店の感想や評価を投稿してくれた顧客へ丁寧にお礼を伝えて、サービス改善を約束するとなお好印象を持ってもらえるかもしれません。

安定した店舗運営に欠かせないリピータ―の創出も、マーケティングに取り組むことで効率良く行えます。

飲食店マーケティングにおすすめの分析方法

飲食店マーケティングを成功に導くためには、マーケティングを分析することも重要です。
適切なマーケティングの立案や実行に役立つ「5P分析」と「SWOT分析」をご紹介します。

5P分析

5P分析とは、自店舗が適切なマーケティング戦略を作成できているかをチェックするフレームワークの1つです。
4つのP(Product、Price、Promotion、Place)に、他店と差別化するための5番目のPを加えて分析します。

5P分析のうち、4つのPは以下の内容です。

  • Product・・・商品やサービス、ブランディング
  • Price・・・価格や支払い方法
  • Promotion・・・宣伝活動
  • Place・・・流通経路、エリア

4つのPを活用すると、提供する商品やサービス、価格などが自店舗のターゲットに適しているのかをチェックできます。
そして、ターゲット層に合った宣伝活動ができているか、流通経路は適切かといった内容も確認できるのです。

例えば、大衆向けの飲食店が、富裕層に向けてプロモーション活動を行っていたら違和感がありますよね。
高級食材をふんだんに使った料理が、ワンコインで提供されていたらどう感じるでしょうか。
このように、4つのPを活用すると、マーケティング戦略の矛盾をチェックできるようになります。

5番目のPを加えると、さらに他店との差別化がやりやすくなります。
5番目のPは特に決まっておらず、主に以下の項目から自店舗やエリアに合わせて選びます。

  • People(人々)・・・商品に関連のある人々
  • Popularity(人気や大衆性)・・・商品やサービスの人気
  • Process(業務プロセス)・・・商品やサービスが顧客に届くまでの過程
  • Package(デザインや包装)・・・商品の包装やデザイン
  • Profile(顧客管理)・・・顧客に関する分析
  • Physical evidence(物的証拠)・・・提供する商品の安全性を伝える要素

5番目のPを加えることで、自店舗のマーケティング戦略を最適化しやすくなり他店との差別化にもつながるのです。

SWOT分析

SWOT分析とは、自社を取り巻く環境を「内部環境」と「外部環境」の2つに分けて考えるフレームワークの1つです。
2つに分けた環境を、さらにStrength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)という4つの観点から分析します。

SWOT分析を活用すると、自社の強みや弱みを客観的に確認できるようになるほか、外部環境のプラス面やマイナス面も可視化できるため、適切なマーケティング戦略を立案できるようになるのです。

それぞれの項目を確認しておきましょう。

Strength(強み) 内部環境のプラス要素 自店舗の長所や得意項目
Weakness(弱み) 内部環境のマイナス要素 自店舗の短所や苦手な項目
Opportunity(機会) 外部環境のプラス要素 自店舗にプラスに作用する外部の環境(社会や市場の変化など)
Threat(脅威) 外部環境のマイナス要素 自店舗にマイナスに作用する外部の環境(社会や市場の変化など)

要素を組み合わせると、自店舗に適切なマーケティング戦略を組み立てるのに役立ちます。
例えば、Strength(強み)とThreat(脅威)を組み合わせると、自店舗の長所や得意項目を生かし、外部からの脅威を遠ざけたり被害を防ぐ戦略作りが可能になります。

実際に、Strength(強み)とThreat(脅威)の組み合わせを、飲食店にあてはめてみましょう。
仮に「大手の飲食チェーン店が近所に出店した」といった脅威があっても、「顧客のリピート率が高い」「接客が良いと評判」といった強みのある店舗なら、「これまで通り来店した顧客を満足させるサービスを提供して、リピータ―を確保する」といった戦略を立てられます。
自店舗の強みを生かして顧客離れを防ぎ、売り上げを安定させるのです。

上記はあくまで一例ですが、SWOT分析は、シチュエーション別に戦略を立てる際にも役立つ分析手法です。

集客に効果的な飲食店マーケティング手法5選

飲食店の集客を効率良く進めるためには、インターネットを使ったマーケティング手法をおすすめします。
また、デジタルとアナログを組み合わせたOMOマーケティングも注目を集めている手法の1つです。
飲食店の集客に効果的なマーケティング手法を5つご紹介します。

【最重要】Googleビジネスプロフィール

Googleビジネスプロフィールは、飲食店の集客に最もおすすめの手法です。
Googleマップを利用して、多くのユーザーに自店舗の魅力をアピールできるため、大幅な来店率アップも見込めます。

アンケートによると、「使ったことがある地図アプリを教えてください」という質問に対して、Googleマップを利用した経験があると応えたユーザーは全体の7割以上でした。
そして「お店を決める時に決め手となるポイント」について質問したところ、「レビューの星の数」が第1位。「登録されている情報量」が第2位という結果になりました。
参考:【2022年版 定点調査】3年連続!地図アプリ利用率1位はGoogleマップ!エフェクチュアルが地図アプリの利用トレンドをレポート

つまり、Googleビジネスプロフィールを活用してレビュースコアを上昇させたり、自店舗の情報を充実させたりすると、口コミを来店の決め手にする顧客を呼び込めるといえます。
Googleビジネスプロフィールなら、口コミを投稿してくれた顧客とコミュニケーションの機会を持てるため、「口コミ数を増やす」「レビュースコアを向上させる」といった取り組みも可能です。
また、自店舗の内装や外観、提供している商品やサービスを写真で投稿できる機能もあります。

これらの機能を正しく活用すれば、自店舗の魅力を効率的に顧客にアピールできるため、新規顧客の獲得だけでなくリピータ―も増加していくでしょう。

Googleビジネスプロフィールを活用した集客方法について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の使い方!集客に活かす効果的な活用法

SNS

TwitterやInstagram、FacebookといったSNSを活用するマーケティング手法も集客に効果的です。
店舗の外観や内装、提供する料理やサービスを、写真や動画でわかりやすくユーザーに届けることもできます。

スマホを持つユーザーに向けて情報発信できる点もSNSの大きな魅力です。
総務省が発表した「令和3年通信利用動向調査」によると、スマートフォンの世帯保有割合は年々増加しており、世帯の保有割合は88.6%、個人の保有割合は74.3%と高い数値を示しています。
さらに、20歳から49歳の年齢階層では、約9割がスマートフォンを利用しており、SNSを利用する個人の割合は78.7%です。
参考:総務省|令和3年通信利用動向調査

SNSで自店舗に関するポジティブな投稿が拡散すれば、新規顧客の大幅な流入も期待できるでしょう。
ただし、SNSでネガティブな内容が広まると炎上につながるおそれもあります。
炎上すると集客に悪影響を及ぼしてしまうため、自店舗に関する投稿の内容は一つひとつチェックしてください。

グルメポータルサイト

グルメポータルサイトに登録すると、ポータルサイトを利用するユーザーへ自店舗をアピールするチャンスが広がります。
自店舗の存在を認知していない潜在顧客にアプローチできる点が、グルメポータルサイトの大きなメリットです。
「ぐるなび」「食べログ」「ホットペッパーグルメ」といったユーザー数の多いポータルサイトを利用すれば、より見てもらえる確率が高まり、集客率アップも期待できるでしょう。

しかし、ユーザー数の多いポータルサイトはライバルの数も多くなりがちです。
掲載料を多く支払えば自店舗を目立たせることは可能ですが、広告費が増えてしまいます。また、一度来てくれた新規顧客をリピータ―につなげる施策も欠かせません。

OMOマーケティング

OMOマーケティングとは、「Online Merges with Offline」の略称で新しいマーケティング手法の1つです。
日本語に訳すると、「オンラインとオフラインの融合」となります。
オンラインとオフラインで役割を分けるのではなく、両方の垣根をこえて、ユーザーの購買意欲を向上させようとする手法がOMOマーケティングです。

これまで、オンラインを「お店に来てもらうための手段」と考えて、オフラインをビジネスのベースとして捉えることが一般的でした。
飲食店の場合は、クーポンや割引券をネットで発行して、顧客の来店を促すやり方が主流だといえるでしょう。

そこでOMOマーケティングの飲食店に適用すると、スマホから注文ができてオンライン決済までスマホ1台で可能にするといった方法が考えられます。
こうすることで、顧客の利便性を向上させてストレスをできるだけ軽減して、より顧客の購買意欲を向上させるのです。

自社ホームページやブログ

ホームページやブログも効果的なマーケティング手法です。
検索エンジンから自社ホームページを訪れてくれたユーザーに対して、自店舗のウリや特徴を伝えられます。
また、GoogleマップやSNSなどから自店舗に興味を持ったユーザーが自社ホームページを訪れた場合、基本情報だけでなく店舗の特徴がわかる詳しい情報を求めていると考えられます。
自社ホームページやブログは、自分の好きにカスタマイズできるため、ブランディングしやすい点も魅力です。
自店舗の商品やサービスだけでなく、理念や目標などを掲載しても、顧客に好印象を持ってもらえる可能性は高いでしょう。

ただし、自社ホームページやブログを開設しただけでは、検索エンジンからの流入が期待できません。
SEO対策を行って、検索エンジンからもユーザーからも見つけてもらいやすいようにする必要があります。
一度上位表示すれば広告費用をかけずに集客できますが、SEO対策の成果が出るまで腰を据えて取り組む必要がある点は、自社ホームページを運用するデメリットといえるかもしれません。

飲食店マーケティングを成功させるためのポイント

飲食店マーケティングを成功させるポイントは、「PCDAサイクルをまわす」と「新規顧客をリピータ―につなげる」の2点です。

PDCAサイクルをまわす

PDCAサイクルとは、ビジネスシーンで幅広く用いられている業務改善手法の1つです。
元々は、製造業の品質管理や生産工程を効率化するために使われていましたが、利便性が高いことから、マーケティングにも活用されています。
PDCAサイクルをまわすと、マーケティングの内容も効率的に改善できるようになります。

PDCAサイクルとは、以下の4つの項目で成り立っています。

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)

それぞれの項目を順番に経過させることで、飲食店マーケティングを効率的にブラッシュアップできるのです。
そして、PDCAサイクルをまわし続けることが成功への近道となります。

新規顧客をリピータ―につなげる

飲食店の店舗運営において、リピータ―の確保は非常に重要です。
イギリスの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱した2:8の法則を飲食店にあてはめれば、「売上の8割を2割のリピータ―が生み出している」となります。
自店舗の料理やサービスを気に入っているリピータ―の方が、新規顧客よりも客単価が上がりやすい傾向にあるため、リピータ―の確保は売上に直結するのです。

新規顧客をリピータ―につなげるためにおすすめの方法が、口コミ管理です。
自店舗に口コミを投稿してくれた顧客にできるだけ早く返答したり、高評価してくれた顧客へお礼を述べたりして、自店舗を身近に感じてもらいましょう。

お店を利用した顧客が、口コミ欄でも店舗オーナーやスタッフと気持ちよくコミュニケーションの機会を持てると、リピーターにつながりやすくなります。
「実際にお店に行って話してみようかな」「感じが良いからまた来店してみよう」と思って
もらえるため、再来店する確率が上がるのです。

しかしまだ口コミ数が少ないと、口コミ投稿を躊躇してしまう人もいます。
そこで、お店のオーナーや従業員が定期的に投稿して、顧客が投稿しやすい雰囲気を作ってください。

口コミ数が増えるに従って、ネガティブな口コミも発生してしまうかもしれません。
口コミ投稿はしっかりと確認して、炎上を事前に防いでいく必要があります。
しかし、実店舗運営に忙しいオーナーにとって、口コミ管理に時間を割くことは大変です。

飲食店マーケティングに「ロケーションコネクト」を活用しよう

店舗運営とマーケティングを両立させると、事業の安定化につながります。
飲食店マーケティングの場合、地域の集客に特化していて、多くの口コミ獲得が期待できるGoogleビジネスプロフィールを戦略に組み込むことをおすすめします。

しかし、店舗運営とマーケティングを両立するためには一定の工数が必要です。
ましてや複数店舗を運営している場合、店舗の数だけ工数も増えていくでしょう。

限られた人員や時間を店舗運営にしっかりと生かすためにも、専用ツールを導入して、マーケティングにかかる時間を効率化させてください。
弊社が提供している「ロケーションコネクト」は、飲食店の集客に欠かせないGoogleビジネスプロフィールに特化した専用ツールです。

「ロケーションコネクト」では、口コミの傾向を分析・管理できる機能が備わっているため、レビュースコアの向上とネガティブな口コミ管理の両方に対応できます。
さらに、店舗情報の一元管理もできるため、1店舗ずつGoogleビジネスプロフィールからアカウントを開いて設定する必要がありません。

ぜひこの機会に、「ロケーションコネクト」もチェックしてください。

まとめ

飲食店がマーケティングに取り組むと、店舗の黒字化を効率的に実現できます。
本記事を参考に自店舗に合った分析手法やマーケティング手法を見つけて、ぜひ店舗運営を軌道に乗せてください。