ブログ

Google認定フォトグラファーとは?依頼する方法やメリット、注意点

Google認定フォトグラファーをご存知でしょうか。Googleに認定された写真家のことで、ストリートビューやPR用の写真・画像の撮影を得意としています。

認定フォトグラファーの技術をお店の宣伝に生かすことができると、ユーザーからの注目度が高くなり、集客に役立ちます。

この記事では、Google認定フォトグラファーを活用するメリットや、依頼の仕方、フォトグラファーに撮影してもらった写真の活用法などについてまとめました。さらに、360度写真をお店のオーナー様が集客に活かす方法をわかりやすく説明しています。

Google認定フォトグラファーとは

Google認定フォトグラファーは、ストリートビュー認定バッジの取得者です。

撮影した360度写真が、50枚以上、Googleの承認を受けています。そのため、ハイクラスの撮影技術があるクリエーターで、Googleのリストに登録もされています。

Google認定フォトグラファーは、Google認定マーク(ロゴ)を利用して、自分のための広告宣伝活動ができます。Googleのロゴを使ってビジネスが行えるのは稀なため、認定フォトグラファーは特別の存在といえるでしょう。

ストリートビューとインドアビュー

360度の視野で撮影できる専用のカメラ機材を利用して、「ストリートビュー」や「インドアビュー」の撮影が可能です。

ストリートビューとは、360度の視野で町の様子やお店の外観を撮影した画像です。画像に表示されている矢印をクリックすることで、画像の視点を移動できるのが最大の特徴です。

下記の画像が、ストリートビューのサンプルです。

【例】東京駅八重洲口 ストリートビュー

一方で、インドアビューとは、360度の視野で屋内の様子を撮影した画像です。ストリートビューと同様に、矢印をクリックすれば、視点を移動させられます。

360度写真の効果、メリット

360度写真は、通常の静止画像よりも目を惹きやすい写真のため、使い方を工夫することで集客効果を高められます。

実際、多くの店舗オーナーが、360度写真やインドアビューをホームページなどに掲載してPRしています。

そこで、ここでは360度写真を活用することのメリットについて解説していきます。

店舗内の雰囲気を伝えられる

インドアビューなら、店舗内の雰囲気を360度の視野で伝えることができます。視点を移動できるので、店舗内を隅々まで見渡すことも可能です。

たとえば、飲食店の店内の雰囲気や座席レイアウト、カウンターの様子などを伝えたいときに便利です。店舗内の雰囲気を気にするお客様は多いため、インドアビューを活用すれば効果的にPRできるのです。

Googleマイビジネスの魅力を高める

360度写真は、Googleマイビジネスに掲載することもできます。マップ検索をしたユーザーに、お店の魅力と、コンテンツの魅力を効果的にアピールできます。

サイトに埋め込みが可能

360度写真やストリートビューは、サイトに埋め込むことが可能です。自社HPやブログなどにも自由に埋め込むことができます。

お店の内装や、外観はすぐに大きく変わらないため、頻繁に更新する必要がないことも大きなメリットでしょう。

この点、360度写真は、費用が掛からず、利用し続けられるので、一度撮影しておくと、コンテンツの効果を比較的に長い間保持しておくことができます。

Google認定フォトグラファー撮影の効果、メリット

Google認定フォトグラファーに撮影を依頼すると、多くのメリットがあります。ここでは、認定フォトグラファーに撮影を依頼することの効果やメリットについて説明していきます。

プロフェッショナルの品質

認定フォトグラファーは、プロフェッショナルな品質の画像を撮影できるクリエーターです。個人で機材を揃えて撮影するよりも、品質の高い360度画像やストリートビューが期待できます。

認定フォトグラファーに依頼すると、品質の高い画像を手に入れられるうえ、Googleマイビジネスでも、店内はより魅力的にアピールすることができます。

専用機材が不要

360度撮影には、専用機材があったほうが美しく撮影できます。お店の宣伝には、ぜひ使っておきたいところです。しかし、自分でそろえる場合、専用機材は数十万円の値段になることも多く、また、機材の習熟にも時間がかかります。

依頼したほうが安価で、しかもプロ品質の写真が短期間で確実に入手できることから、認定フォトグラファーに依頼するメリットは経済的にも大きいといえます。

撮影画像の活用法のアドバイス

撮影した画像は、最大限活用したいと思われるでしょう。画像の活用法についても、認定フォトグラファーはプロですので、自分のホームページで素晴らしい映像を多数公開している方も多いのです。

そこで、認定フォトグラファーにHPやGoogleマイビジネスでの公開方法のアドバイスもぜひ受けてみましょう。認定フォトグラファーに依頼する効果がさらにアップします。

Google公式サイトから探せる

認定フォトグラファーは、Googleのリストに登録されているので、検索が可能です。地域も市区町村単位までピンポイントで探して依頼することができます。

写真家に依頼をする場合は、近隣地域でも検索に手間がかかるのが普通ですが、認定フォトグラファーならその心配もありません。

複数の認定フォトグラファーに見積もりを依頼して、相見積もりを出してもらうことも可能です。

公式サイトからの検索方法は、次の章でご説明します。

Google認定フォトグラファーへの依頼方法

Google認定フォトグラファーへの依頼は、Google公式サイトから行うことができます。

Googleマップ「お近くの認定フォトグラファーを見つける」
https://www.google.co.jp/intl/ja/streetview/business/trusted/#sv-pro

上記のリンクを開くと、下のような画像が表示されます。

 

 
 
① 国、②都道府県、③市区町村を、それぞれ選択します。

指定した地域の認定フォトグラファーの店舗情報、メールアドレス、電話番号が一覧で表示されます。

下記の画像のように、店舗名がリンクになっている場合は、店舗のホームページなどに繋がります。そこから、撮影サービスの料金や内容を確認すると良いでしょう。
 

 

また、お店のホームページで、認定フォトグラファーの写真の活用法のヒントが見つかることもあります。ぜひ認定フォトグラファーのホームページをのぞいて、高品質の写真とホームページの美しいレイアウトを確認してみましょう。

Googleマイビジネスの機能を活用して成果を高めるには

集客アップサービス
Googleマイビジネスで成果を上げるにはインドアビューなどの魅力的なコンテンツをアップすることがポイントです。

しかし、Googleマイビジネスには「キャンペーン」や「来店予約」、「口コミ」など集客に役立つ機能が満載です。これらを適切に運用していくのは、MEOやマーケティングの知識のない店舗オーナーには困難でしょう。

そのような店舗オーナーにおすすめするのが、Googleマイビジネスの運用をアウトソースする方法です。MEO対策のプロフェッショナルに運用を任せることで、確実な成果を期待できます。

弊社が提供する「Googleマイビジネス運用サービス」は、基本的なMEO対策だけではなく、キャンペーンの実施方法や口コミへの対応などもアドバイスいたします。

「Googleマイビジネス運用サービス」の実績やサービス詳細は、下記のページよりご確認ください。
 
→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック

Google認定フォトグラファー依頼の注意点

Google認定フォトグラファーに依頼するときは、撮影サービスとしてどんなサービスを提供するのか、そして料金はどうなるのかといった、仕事の依頼に関する基本事項に注意しておきましょう。

さらに、Google認定フォトグラファーに依頼する際の特有の注意事項としては、画像の所有権の帰属の問題、Googleが品質を保証するわけではないこと、そしてGoogle規約がありますので、以下で解説します。

撮影サービス内容を理解する

撮影サービス内容を理解し、適切な依頼をすることは基本ですが、誰もが写真サービスを依頼したことはありませんから、何をどうすればいいのか、問題になります。

まず、お店にサービス内容が出ているときには、認定フォトグラファーのサービスをHPでチェックします。HPで表示しているサービスの内容をさらに依頼の時に確認しておきましょう。

特に、サービス範囲を明確にすることを意識しましょう。たとえば、画像の撮影のみなのか、撮影に加えて画像の編集やぼかし処理まで実施してくれるのか、というような作業の範囲です。

また、編集や処理の有無でいくら値段が変わるかなど、料金体系や交通費の請求の有無などはあらかじめ依頼の際に確認しておきましょう。

画像の所有権を明確にする

画像の所有権は、撮影した画像を自由に使える権利といえます。基本的には、所有者が公開する権利を有することになるので、契約の時に明確にしておきましょう。

Googleの認定フォトグラファーガイドラインでは、2つのアカウント(フォトグラファーと店舗オーナーのアカウントなど)で同じ画像を重複して公開できない、と規定されています。

撮影した画像の使いみちから、どちらが所有権を保持するのが適切かを判断して、撮影を申込みましょう。

参照先:Googleマップ「ストリートビュー認定フォトグラファー ポリシー」
https://www.google.com/intl/ja/streetview/policy/trusted/

品質をGoogleが保証する訳ではない

認定フォトグラファーの画像の品質を、Googleが保証しているわけではないことには注意が必要です。たとえば、撮影してもらった写真が、必ずしも納得のいく品質ではなかった、ということも起こりうることなのです。

また、撮影の取引条件や、サービス内容について、Googleは基本的に関与しませんから、認定フォトグラファーと依頼者でよくあらかじめ話し合って納得しておく必要があります。

フォトグラファーの過去の実績は、ホームページなどに掲載されているので、必ず目を通すようにしましょう。イメージにあった写真を撮影してくれるかどうか、お店のイメージにかかわる写真のことですので、慎重に検討することも必要です。

Google規約に違反していないかを確認する

認定フォトグラファーはプロですが、規約違反を100%防ぎきれるとは限りませんので、依頼者も規約違反には注意が必要です。

特にプライバシーに関する規約違反は、ちょっとしたミスで発生する可能性があるので気を付けたいところです。たとえば、店舗の所有物ではなく、顧客の持ち物が映り込んでいたなど、フォトグラファーでは気づけない違反も存在します。

認定フォトグラファーに任せきりにせず、Google規約に違反していないかを自分自身で確認しなければいけません。

Googleマイビジネスで成果を上げるには

集客アップサービス

Googleマイビジネスで、成果を上げるには、魅力的なコンテンツをアップし、ユーザーを引き付けることがポイントです。

360度写真は、Googleマイビジネスでぜひ掲載しましょう。より多くのユーザーを引き付けるためのコンテンツとして、店舗の内装・雰囲気がよくわかる360度画像はおすすめです。来店のための動機付けにつながり、集客アップの効果が期待できます。

それでも、「なかなか時間と手間が大変・・・」とお悩みのオーナーには、360度画像もコンテンツとして最適化してくれるGoogleマイビジネス運用サービスが解決策になります。

弊社が提供する「Googleマイビジネス運用サービス」は、360度画像などのコンテンツのアップ・最適化のほか、口コミの管理、施策の企画実行などを専門家が担当、反響数や来客数アップの効果をより確実に狙えるサービスです。

7,000以上の店舗集客を支援してきた経験をもとに、高品質なMEO対策を提供します。「Googleマイビジネス運用サービス」の実績やサービス詳細は、下記のページよりご確認ください。
 
→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック