ブログ

MEO対策のメリット・デメリットから上位表示のポイントまでを解説

「そもそもMEOってなに?」
「MEO対策が重要って聞いたけどメリットあるの?」

こんなお悩みありませんか?

MEO対策をすることで、高い集客効果が期待できます。

Googleマップで検索してお店へ行く人が増えていることから、近年MEO対策が注目されており、MEO対策をするライバル店が増加しています。そのため早めのMEO対策をおすすめします。

今回は、MEO対策のメリット・デメリットや上位表示させるポイントを解説していきます。

MEOとは

MEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の頭文字をとった略称です。「ローカル検索」「ローカルSEO」とも呼ばれています。

MEO対策は具体的になにを行うかと言うと、GoogleマップやGoogle検索をした時に自身店舗の

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)

の情報が

上位表示されるように対策

を行います。

「場所」+「業種やキーワード」で検索すると、検索結果に写真とお店の情報が表示されたことはありませんか?

この写真とお店の情報は、Googleのアルゴリズムによって検索結果に反映されるため、MEO対策をする必要があります。

SEOとの違い

SEOとは、

Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)

の頭文字をとった略称です。

SEO対策は具体的になにを行うかと言うと、Webサイトに対策をして、Googleなどで検索した時にWebサイトが上位表示されるようにWebサイトの最適化を行います。

Webサイトの検索結果は、Googleマップのお店の情報が表示されているブロック(ローカルパック)よりも下に表示されます。

SEOはWebサイトに対して対策しますが、MEOはGoogleマップに対して対策します。

SEOはそもそもWebサイトがないと対策できず、専門的な知識も必要になり手間がかかります。

関連記事:SEO対策とMEO対策の違いとは?向いているケースやポイントも紹介

MEO対策のメリット

MEO対策を行うことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。6つのメリットを紹介します。

集客アップ

検索結果に、

MEOはSEOよりも上位に表示されます。

ユーザーは通常、検索結果の上部から順番に見るため、

上部に表示されるローカルパックはユーザーの目に留まりやすく

、新規顧客の集客につながります。

ちなみに、ローカルパックは

上位3位の店舗のみ表示

されるため、上位表示されるよう対策を行う必要があります。

また、Googleマップの機能では口コミを見ることができます。口コミがあることで店舗の信頼感や安心感が高まります。

店舗のWebサイトがなくてもGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に登録できるため、店舗の情報を詳しく登録してユーザーに認知してもらうのは勿論のこと、口コミに返信などをして

口コミ対策も行うと良い

でしょう。

自分で対策できる

MEO対策はWebサイトがいらずかつ複雑なコーディングなどが必要ないため、自分で対策することができます。

具体的な対策方法は、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)を登録して、事業の情報や写真などを追加・更新、口コミ管理をしていきます。

しかし自分で対策できるとはいえ、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の更新作業を日々継続して行わなければ上位表示につながりません。

店舗が1店舗のみで時間を割ける事業者ならば、自分で行えるかもしれませんが、複数店舗がある事業者はこれらの作業を店舗分行なうため、自分で対策するのは大変手間のかかる作業です。

見込み客に店舗をアピールできる

ユーザーは

「今行きたいお店」

を求めて検索します。例えば「場所・食べ物」などで検索すると、ユーザーの現在地から近い店舗が検索結果に表示されるため集客ができ、地図上からナビの使用や電話などができる仕組みとなっているため、

来店したいと思ったらすぐに向かえて、見込み客に店舗をアピールできて来店へつなげられます。

この仕組みは来店見込みの高いユーザーにとって便利な機能です。見込み客を獲得したい事業者にとってもうれしい機能ですよね。

広告費を抑えられ費用対効果が高い

広告やチラシを作ったりポータルサイトなどに広告を掲載すると、MEO対策に比べて高額な費用がかかります。

MEO対策を行えば広告費用を抑えつつ集客につながるため、

費用対効果が高い

といえるでしょう。

短時間で手軽に行え、しかも集客につながるMEO対策は、Webサイトがない店舗や広告費を抑えたい場合におすすめです。

MEO対策している企業が少ない

近年MEO対策の注目度が高まっているとは言え、インターネットが苦手で挑戦できない方や難しいと思って実施できず、MEO対策している店舗や企業は多くありません。

競合が対策する前に、早めにMEO対策をすることで上位表示を狙いやすくなるでしょう。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の情報を充実させて信頼度をあげたり、口コミを増やして認知度をあげたりすることで、

競合より集客アップを期待できます。

MEO対策のデメリット

様々な効果のあるMEO対策ですが、一方でデメリットもあります。デメリットを把握してより効果のあるMEO対策を行いましょう。

悪意のある口コミを書かれる場合がある

誰でもGoogleマップの口コミに意見を投稿できるため、良い口コミもあれば誹謗中傷や悪意のある口コミが書かれる場合もあります。

MEOにより露出が増えると、当然そのリスクは増えます。これは正確にはMEO対策のデメリットというより、店舗集客に成功した店舗の宿命といえます。

もし悪意のある口コミが書かれた場合は、対策として

削除依頼

をして削除するのが適切でしょう。

関連記事:Googleの口コミを非表示にするには?解決策と今後の対応

すぐに効果が現れない可能性がある

MEO対策を実施しても、上位表示までは時間がかかります。しかし、

Googleアルゴリズムの仕組みを知ることで効果的なMEO対策を行えます。

MEO対策におけるGoogleのアルゴリズムは

「関連性・距離・視認性の高さ」

の3つの要素が組み合わさって検索結果に表示されます。
※アルゴリズムの詳細は後述します。

関連性

とは、ユーザーが検索した時のキーワードとGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネスに登録されている情報に関連性があるかどうかです。

距離

とは、ユーザーの現在地や検索時に指定した場所から目的地までの距離を指します。

視認性の高さ

とは、店舗や会社がどれだけの人に知られているかを指します。簡単に言うと知名度のことです。口コミや評価、シェア数などが上位表示につながる重要な要素です。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に店舗情報を正しく登録し、写真の追加・更新、口コミの返信をして更新を欠かさず行うことがMEO対策の基本です。

効果のある業種が限られる

MEO対策はすべての業種に向いているわけではありません。

例えば、ユーザーと直接やり取りができる

「飲食店・美容室・病院・宿泊施設」

などの実店舗がある業種がMEO対策に向いています。

逆に、あまりMEO対策に向いていない業種は、お客様と直接やり取りできない実店舗のない業種(ECなど)です。

Googleマップで店舗情報を見たお客様が来店することで集客効果を実感できるため、実店舗のない業種はあまり向いていないと言えるでしょう。

主なMEO対策の方法

ここからはMEO対策の主な方法を3つ紹介していきます。業者に頼まず自分で行いたい場合は要チェックです。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の登録

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に登録するには、Googleアカウントが必要になります。Googleアカウントを持っていない場合、まずはGoogleアカウントの作成を行いましょう。

既にアカウントを持っていて、既存のアカウントを使用する場合はそのままで問題ありません。

  1. 「Googleマップで自身の店舗を検索して、既に登録されていないか確認する」
  2. Googleマップで自身の店舗を検索して、第三者により地点登録されている場合は、
    オーナー権限を取得

    して編集を行いましょう。

  3. 地点登録されていない場合は、
    新規登録

    を行います。

※新規登録はこちら

関連記事:【図解】Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の登録方法、メリットやオーナー確認の方法を理解する

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の情報を充実させる

表示された手順に従い、「店舗名・ビジネスカテゴリ・住所・電話番号・営業日・営業時間・写真」などの情報を追加して、店舗情報を充実させましょう。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の店舗情報を充実させて、MEO対策の効果を高めましょう。

口コミへ返信する

Googleマップに誰でも口コミを投稿できます。口コミへの返信は、店舗の利用後も

お客様とのコミュニケーション

が取れる絶好の機会です。

口コミへ感謝の気持ちを返信することで、返信をしてくれた店舗の信頼度が高まり、リピーターになってくれる可能性があります。

また、口コミのやり取りを見た

新規のお客様に安心

して来ていただけるよう、否定的な口コミがあった場合も謝罪の返信をして真摯に対応しましょう。

MEOを上位表示させるには

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)を登録しても、MEOが上位3位に表示されなければ集客効果を期待できません。
集客効果を高めるためには、上位表示させる必要があります。ここでは上位表示させるポイントを3つ紹介します。

MEOのアルゴリズムを理解する

Googleは

「関連性、距離、視認性の高さ」

の要素を組み合わせてローカルエリアでの表示順位を決めています。

上位表示させるには、この3つの要素が決め手となると言ってもよいでしょう。

・関連性

ユーザーが検索する時のキーワードとGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の情報が合致しているかを指します。プロフィール情報を充実させることで関連性が高まります。

・距離

ユーザーが検索する時に指定した場所もしくは現在地から指定場所までの距離を指します。ユーザーに店舗場所を知ってもらうために正しい住所を登録しましょう。

・視認性の高さ

店舗や会社が、どれだけの人に知られているかを指します。口コミや評価、シェア数も上位表示に影響します。SNSやWebサイトに店舗を記載するか、記載してもらい知名度をあげましょう。

カテゴリを設定する

ビジネスカテゴリは、店舗や会社の事業内容を表します。商品やサービスを検索した際にビジネスと結びつける役割を果たします。

たとえば、メインカテゴリが「ピザレストラン」のビジネスは、レストラン、イタリアン レストラン、またはピザを検索したユーザーのローカル検索結果に表示される可能性があります。カテゴリは、Google のローカル検索結果のランキングに影響する要因の 1 つです。

Googleビジネスプロフィールヘルプより

ビジネスカテゴリを間違えてしまうと、

MEOの表示順位に影響

してしまう可能性があります。

サブカテゴリを選ぶこともできますが、関連性があるものだけを選び、選びすぎないようにしましょう。

業種にあった適切なカテゴリを正しく設定することで上位表示が期待できます。

関連記事:Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)のカテゴリーとは?設定のポイントと集客効果

口コミを増やす

MEOを上位表示させるには口コミ数も影響

します。口コミが増えることで、認知度が高まり上位表示されやすくなる要素のひとつです。

口コミを増やしてもらうには、すでに投稿されている口コミに返信をして、真摯に対応している様子を伝え、新しい口コミを投稿をしやすい雰囲気作りが大切です。

また、お会計の際などに直接「口コミを書いてくださると嬉しいです」などと呼びかけをするのもよいでしょう。

ただし、割引などの対価を払って口コミを書いてもらう行為はNGなので注意しましょう。

MEOの注意点

ここからはMEOの注意点を解説します。注意点を守らなければ

ペナルティ対象

となる可能性があります。

万一、ペナルティを受けた場合はGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の利用停止、またはGoogleアカウントの利用が停止してしまいます。

MEOを上位表示させるためにも注意点を見ていきましょう。

口コミを自作自演しない

口コミを増やしたい気持ちから、自作自演をして口コミを書きたくなるかもしれませんが、口コミの自作自演は

ペナルティ対象

です。

お客様に不信感を抱かせない

ためにも絶対に口コミの自作自演はやめましょう。

ビジネス名に余計なキーワードを入れない

ビジネス名に名前以外のキーワードを入れるとスパム扱い

されてしまう可能性があります。

例えば、「渋谷駅 味噌ラーメン 〇〇軒」と設定したとします。このように、空白や店舗名と関係のないキーワードなどが含まれていると、スパム扱いされてしまう可能性があります。

Googleビジネスプロフィールのガイドラインを読み、適切なビジネス名を設定しましょう。

関連記事:Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)のビジネス名の決め方と注意点

まとめ

ここまでMEO対策のメリット・デメリットや、主なMEO対策の方法を紹介しました。

自分でMEO対策を行なっても、なかなか上位表示されず悩んでいる方や、自分で設定したり口コミを管理したりするのは大変だなと思う方もいるかと思います。

そこで、少しでも手間を省いてMEO対策をしたい方は、外部のMEO対策業者を利用することをおすすめします。

一方で、外注せずに自分たちで解決したい方は、管理ツール「ロケーションコネクト」を使用することをおすすめします。

ロケーションコネクトは、一括投稿・口コミ分析・設定効率化など、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の複数店舗の一括管理により、集客効果を高めることができるツールです。

ケーションコネクトなら一括管理できるため複数の店舗がある事業者におすすめです。
ぜひ便利なサービスを利用して店舗の集客を促進させましょう。