ブログ

最新のMEO対策が重要な理由とは?欠かせないポイントも解説

「MEO対策を進めているのになかなか上位表示されない」とお困りの方は、もしかすると古いMEO対策手法を取っているかもしれません。

MEO対策のアルゴリズムは高頻度で変化しているため、売上アップのためには最新のMEO対策手法を取り入れる必要があります。

本記事は、最新のMEO対策を詳しく解説しつつ、それぞれのポイントも解説します。

また、最新のMEO対策を知るための具体的な方法も記載しました。

最新のMEO対策手法を取り入れて店舗の売上をアップさせたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

そもそもMEO対策とは?

MEO対策とは、ネット検索やマップ検索の結果において、上位に表示されるための施策です。MEOは、「Map Engine Optimization」の頭文字をとった略称で、日本語にあらわすと「マップエンジン最適化」となります。

マップエンジンとは、多くの場合Googleマップを意味します。

MEO対策が成功すると、Googleマップ上にある自分のお店が、掲載されている地域の中で上位表示される

のです。

下記の記事では、MEO対策を活用した集客のポイントについて、さらに詳しく解説しています。

関連記事:MEO対策とは?具体的な進め方と集客のポイントを解説

MEO対策を行う理由

MEO対策を行う理由は、以下の3点です。

  • Googleマップを利用してお店やサービスを探すユーザーが多い
  • 費用対効果が高い
  • 上位表示されることで一定の集客効果が期待できる

それぞれ解説します。

Googleマップを利用してお店やサービスを探すユーザーが多い

Googleマップは、Googleが提供する地図アプリです。スマートフォンにインストールして、インターネットを利用できる場所にいれば、すぐに利用できます。

そして、「新宿 ラーメン屋」などと知りたいキーワードをGoogle検索エンジンに打ちこむと、Googleマップが地域にあるラーメン屋を一覧で教えてくれます。

誰でも利用できる便利さから、

Googleマップを利用してお店やサービスを探すユーザーは非常に多い

のです。

日本のモバイル検索エンジンのシェア率をみてみましょう。

検索エンジン 市場シェア率
Google 80.05%
Yahoo! 18.93%
Bing 0.37%

参考元:Mobile Search Engine Market Share Japan

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末において、Googleは8割以上のシェアを誇ります。そのため、MEO対策を行ってお店が上位表示されると、多くのユーザーの集客につながるのです。

費用対効果が高い

費用対効果が大きいのもMEO対策の特徴です。

MEO対策は、新聞やチラシといった紙媒体への広告よりも、安い費用で高い効果を出すことも可能です。その理由は、MEO対策に欠かせないGoogleビジネスプロフィールへの登録が無料で行える点にあります。

多くの人の目にとまる広告ですが、広告である以上、掲載し続ければ費用はかさんでしまいます。
一方、Googleビジネスプロフィールなら

登録は無料で、情報の更新にも料金がかかりません。

そのため、費用を抑えて高い効果を出すことも可能なのです。

上位表示されることで一定の集客効果が期待できる

MEO対策を行い、お店が上位表示されることで他店舗よりも目立つ位置に掲載されると、、集客率もアップします。

実際に、検索エンジンを利用して情報を確認するとき、皆さんは上位に表示されたものから順番に目を通していないでしょうか。

少しでも検索にかかる時間を減らしたいと思っている方ほど、最初に表示されたお店からチェックしていきます。

MEO対策が成功しお店が上位表示されると、多くのユーザーの目にとまる

ため、一定の集客効果が期待できるのです。

MEO対策を行うメリット・デメリット

MEO対策を行うメリットとデメリットも確認しておきましょう。

メリットとデメリットの両方を押さえておけば、MEO対策も効果的に進められるようになります。

メリット

MEO対策を行うメリットは、

SEO対策に比べてライバルが少ないため、対策の効果が出やすい

ことです。

SEO対策は、WEBサイトを上位表示させるための対策です。成功すると大きな集客が期待できるため、多くの企業が実施しています。。
しかし、SEO対策に比べてMEO対策を徹底している企業は少ないのが現状です。そのため、MEO対策はSEO対策に比べて、対策の効果が出やすいのです。

また、MEO対策に必要なGoogleビジネスプロフィールへの登録も、普段からPCを利用している方なら問題なくできるでしょう。

Googleマップには、

お店まで案内してくれるナビ機能やお店に電話がかかる機能も備わっている

ため、ユーザビリティが良いことも大きなメリットです。

MEO対策には、集客につながり売上アップを目指せるメリットが、ほかにも多くあります。

関連記事:MEO対策の方法とは?効果のある5つの施策と効果、メリットを解説

デメリット

MEO対策にはメリットばかりではなく、デメリットもあります。

お店の評判を左右する口コミは有益ですが、、当然ながら悪評が投稿されるケースもありえるのです。
Googleマップの口コミ欄への投稿は、誰でもできるため、お店を利用していない人が評判を落とすために投稿することも不可能ではありません。。

ネガティブな評判は、集客に悪影響を及ぼすかもしれません。

また、悪い口コミを投稿された際においても、削除するには厳しい条件をクリアしなくてはいけない

ため、成功率は限りなく低いです。。

また、MEO対策はすぐに効果が現れない可能性もあります。
お店のジャンルや対策の内容によって異なりますが、MEO対策をして1日や2日で効果が現れるわけではありません。

大きな集客効果を望む場合は、それだけ期間を要することを忘れないでください。

最新のMEO対策情報

最新のMEO対策情報をご紹介します。

  • 関連性・距離・知名度を元に順位が決定する
  • ビジネス情報の更新が鍵を握る
  • マップ上でもキーワード検索が可能になった

詳しく解説していきます。

関連性・距離・知名度を元に順位が決定する

はじめに、Googleがどのように順位を決めているか確認しましょう。

最新のMEO対策では、関連性と距離、知名度を元に掲載される順位が決定します。

たとえば、「ラーメン屋」と検索したユーザーには、「現在地からの距離」「ラーメン屋の知名度」「ラーメン屋と関連性の深いお店」などを組み合わせて、最も評価の高いお店がランキング形式で表示されます。

現在地より遠くにあるラーメン屋であっても、

多くのユーザーから評価されていて知名度が高ければ、検索結果が上位になる可能性もある

のです。

ビジネス情報の更新が鍵を握る

ビジネス情報を随時更新していると、上位表示される可能性が高くなります。

お店の名前はもちろん、営業時間や電話番号と言ったビジネス情報は、最新の情報を保つようにしましょう。

ちなみに、10ヶ所以上の店舗を経営している場合、一括アップロード用スプレッドシートの活用が便利です。一括アップロード用スプレッドシートを使用すると、複数のGoogleビジネスプロフィールの情報を一括してアップロードできるため、まとめてオーナー確認を行えます。

1店舗ずつ更新する必要がなくなり、時間や手間の節約になる

でしょう。

「ユーザーの役に立つ情報を掲載している」と高く評価する傾向にあるため、ビジネスに変更があればその都度情報を更新していきましょう。

マップ上でもキーワード検索が可能になった

現在のGoogleマップでは、マップ上でのキーワード検索が可能になりました。たとえば、夜にやっている歯医者を検索するのにも、「歯医者 夜 渋谷」のように、お店の営業時間から検索することが可能です。

お店の商品やサービスにあてはまるキーワードを設定することも、有効なMEO対策

になります。

最新のMEO対策に欠かせない9つのポイント

最新のMEO対策に欠かせないポイントを9つに厳選してご紹介します。

9つのポイントは、いずれもユーザーの役に立つ情報を発信することにつながります。
お店の魅力をアピールしながら、上位表示を目指しましょう。

お店の情報を常に最新状態になるよう更新する

お店の情報は、常に最新の情報を掲載しましょう。

以下の内容に変更があれば、登録されている情報も更新してください。

  • 所在地
  • 営業時間
  • 定休日
  • 電話番号
  • ビジネスのカテゴリ
  • 開店時間や閉店時間(祝祭日や特別なイベントに合わせた特別営業時間など)

更新の際は、Googleビジネスプロフィールからオーナーとして情報を更新しましょう。

Googleビジネスプロフィールのホーム画面からお店の情報を編集する

ことで、Googleマップに反映されます。

メニューやサービス、商品を登録する

お店のメニューや提供しているサービス、販売している商品を登録して、ユーザーにアピールします。

お店の魅力をわかりやすくアピールするために、人気のメニューやサービスから登録するのがおすすめです。

メニューやサービス、商品を追加するとそのワードで検索された時にヒットしやすくなる

ため更なる、ユーザーの流入も期待できます。

口コミを増やす

お店の口コミを増やすことも、MEO対策には重要です。

口コミが増える一番のメリットは、お店の認知度が高まる点です。
同時に口コミの内容が検索にヒットする可能性もあるため、

口コミが増えれば増えるほどお店の認知度も向上します。

たとえば、お店の概要欄に、「新宿のお店です。ランチやディナーにパスタを提供しています」などと掲載すると、「渋谷 パスタ ランチ」「渋谷 お店 ランチ」といったキーワードで検索したユーザーに、お店の情報が表示されやすくなります。

ただし、「高評価の口コミを投稿してくれたらドリンクサービス」といった見返りをユーザーに提示するのは避けましょう。

お店本来の評価につながらないばかりか、

Googleからガイドライン違反にあたると判断される恐れがあります。

最悪の場合、アカウントが停止されるかもしれません。

口コミ返信する

投稿された口コミには、できるだけこまめに対応しましょう。

投稿してくれたユーザーとコミュニケーションすれば、ユーザーがお店に親近感をもってくれます。お店との距離が近くなることで、優良顧客になってくれるかもしれません。

また、ネガティブな口コミにも返答しておきましょう。

サービスに満足できなかった人の口コミには、謝罪や改善を約束する返答を送ります。
そうした口コミを別のユーザーがみれば、

「お客を大切にしているお店だ」と誠実な印象をもってくれます。

根拠のない中傷には、事実と異なる旨をしっかりと返信すれば、風評被害をくいとめられるでしょう。

写真の追加や投稿でお店をアピールする

お店の魅力が伝わる写真や投稿を追加して、ユーザーにアピールしましょう。

ユーザーの投稿した写真ももちろん有効です。
さらに、画質や構図にこだわって写真を撮影して投稿すれば、よりお店の魅力をアピールできます。

ほかにも、

お店の最新情報やクーポンなどを投稿すれば、リピーターの創出にもつながります。

公式サイトとGoogleビジネスプロフィールを連携する

公式サイトとGoogleビジネスプロフィールを連携させておきましょう。

Googleマップのコードを公式サイトに埋め込み、公式サイトからGoogleマップへ直接アクセスできるようにします。

公式サイトから、GoogleマップやGoogleマイビジネスへのアクセス数が増えると、Googleからの評価も上がることが期待されます。

NAP情報を統一する

NAP情報とは、「Name、Address、Phone」の頭文字をとった略称です。

以下の内容は、公式サイトの情報と表記を統一させましょう。

Name:店舗名(会社名・ブランド名)
Address:住所(建物名や番地)
Phone:電話番号

公式サイトで「味噌炒めラーメン」と紹介しており、Googleマップで「味噌ラーメン」などと記載しているなら、Googleマップの記載を「味噌炒めラーメン」に統一します。

住所の表記が、1条2丁目3番4号と公式サイトにあれば、1-2-3-4といった表記を1条2丁目3番4号に統一します。

次に紹介するサイテーションにも大きな影響をあたえるため、

公式サイトの表記を基準にGoogleマップの表記も統一

しましょう。

SNSや他メディアへの露出などサイテーションを獲得する

MEO対策におけるサイテーションとは、

ビジネス名やブランド名が他のWebサイトで記載されたり言及されたりしていること

を指します。

サイテーションでは、3つの情報が重要です。

  • ビジネス名、ブランド名
  • 住所
  • 電話番号

他WEBサイトで、積極的にリンクが貼られていたり、お店について話題になっていたりすると、Googleマップの順位も上がりやすくなります。ビジネスに関わるリンクや記事、店舗の一覧も視認性の高さに影響します。

視認性の高さは、上位表示に必要なポイントになるため、サイテーションを獲得することはMEO対策にも重要です。

また、検索エンジンで表示される掲載順位も評価の対象になります。そのため、SEO対策とMEO対策の両方を進めていきましょう。

最新の操作方法に対応する

Googleは常にアップデートを繰り返しているため、

操作方法が更新されていると従来の方法で管理できない

場合があります。最新の変更点を押さえておきましょう。

例えば2022年7月にGoogleビジネスプロフィールを管理することができるアプリの提供が終了しました。
また、今後PC版の管理画面も今後は複数店舗向けになり、一つの店舗しかない事業者はマップや検索画面からしか更新ができないようになります。

今までの管理画面が変更になることもあるため、

最新の操作方法は覚えておくと安心

です。

最新のMEO対策情報を収集する方法

最新のMEO対策情報を得るには、以下の3種類があります。

1.Google 検索セントラル

Google 検索セントラルは、

SEO対策や検索の仕組みについて、初心者にもわかりやすく解説している

Googleが運営するWebサイトになります。

新しい情報も随時追加されているため、Google 検索セントラルをチェックしておけば、最新情報を入手できます。

2.Google SearchLiaison

TwitterのアカウントであるGoogle SearchLiaisonをフォローするのもおすすめです。Google SearchLiaisonでは、検索エンジンのコアアップデートなどの情報を発信しているため、

定期的にチェックすれば最新情報が手に入ります。

もちろん、アカウントをフォローして情報の発信を毎回確認するのもよいでしょう。

3.Googleビジネスプロフィール のヘルプコミュニティ

Googleビジネスプロフィール のヘルプコミュニティでは、質問を入力すると、類似した筆問への答えが一覧で表示されます。

回答者にはヘルプコミュニティへの参加頻度をあらわすバッジがついており、ブロンズバッジの方から高度な知識をもっているダイヤモンドプロダクトエキスパートまで

多くの回答者のサポートを得られる

のが特徴です。

もしも、ヘルプコミュニティで疑問点が解決できなかった場合は、

Googleに直接質問や問い合わせができます。

また、Google社員から直接回答をもらえるケースもあります。

まとめ

最新のMEO対策には、少なくても9つのポイントがあります。
複数の店舗運営と並行してこれらのMEO対策を進めていくのは、時間も労力もかかる大変な作業です。

また、MEO対策の効果をあげるために、試行錯誤することも大切になります。

検索順位がでたら、評価・分析・改善案の策案・実行といくつものプロセスを行わなくてはいけません。
時間や労力はかかりますが、上位表示のためには必要な作業です。

まして、複数の店舗のMEO対策をひとりもしくは少人数で進めていくとなると、大きすぎる負担がかかってしまうでしょう。

労力を分散させるためにも、外部の専門家への依頼を検討してはいかがでしょうか。

MEOで確実に効果を出したい方は、ぜひロケーションコネクトの活用を検討してください。