ブログ

店舗集客アイデア14選!顧客に選ばれるツールや実践方法を徹底解説

IT技術の進歩にともない店舗集客アイデアも多様化しています。

その中から自店舗に適切な集客アイデアを最短で見つけることは難しく、「どの店舗集客アイデアを選べば集客できるのだろう?」とお困りの店舗オーナーも少なくありません。

そこで本記事では、主に店舗オーナーや集客担当の方に向けて、実際に集客した実績があるアイデアを14つご紹介します。

店舗集客アイデアの概要やメリットデメリットを丁寧に解説していきますので、店舗集客がはじめてという方も具体的にご検討頂けるようになるでしょう。

また、業種別におすすめの店舗集客アイデアもまとめましたので、ぜひ最後までご覧ください。

立地や顧客に合わせて適切な店舗集客アイデアを選択する

いくつもある店舗集客アイデアの中から自店舗に適切なアイデアを選ぶためには、「立地」「顧客層」「自店舗のジャンル」を再確認することが大切です。

例えば、商業の中心街で人通りの多い場所にある店舗と、住宅街にある店舗では「立地」が違うため集客方法も異なります。

また、人通りの多い場所に店舗があっても、ターゲットにする「顧客層」がその中に少なければ、インターネットなどを通じて集客を進めた方が有効な場合もあります。
顧客層は、さらに性別や年齢などでわけることができるでしょう。

店舗集客アイデアを選択する前に、立地やターゲットにする顧客層、また店舗が展開しているジャンルを再確認してください

再確認した内容を元にこれからご紹介する店舗集客アイデアをご覧いただければ、自店舗に適切なアイデアを見つけやすくなるでしょう。

インターネットを活用した店舗集客アイデア

インターネットを活用した店舗集客アイデアをご紹介します。

【最重要】Googleビジネスプロフィール(MEO対策)を運用する

Googleビジネスプロフィールを運用すると、日本国内で73.9%の人が利用経験のあるGoogleマップを使って集客ができるようになります。

参考:【2022年版 定点調査】3年連続!地図アプリ利用率1位はGoogleマップ!エフェクチュアルが地図アプリの利用トレンドをレポート

Googleビジネスプロフィールは、Web集客で重要な対策の1つと考えられており、ローカルビジネスを展開する多くの店舗がGoogleビジネスプロフィールを運用して集客を進めています。

Googleビジネスプロフィールを運用すると、Googleマップ上に自店舗の情報を掲載できるため、お店の情報や魅力を効率的にユーザーへ届けることができます。

例えば、店名や住所、電話番号と言った来店に必要な基本情報から、提供しているメニュー内容も伝えられるのです。

これらの対策に掲載料はかかりません。
そのためGoogleビジネスプロフィールを運用すれば、集客コストを抑えたコストパフォーマンスの高い集客が可能になります。

他にもGoogleビジネスプロフィールを使った集客方法がこちらです。

  • 口コミ管理
  • イベントやキャンペーンの投稿
  • 店舗の内装や外装を写真で投稿
  • 商品やサービスの魅力を写真で発信
  • データの解析

ホームページやブログ(SEO対策)を運営する

ホームページやブログを使った集客方法には、一度設置すると継続的に集客を行ってくれるという大きなメリットがあります。

例えば自店舗が銀座のお寿司屋だと仮定して、「銀座 寿司屋」というキーワードで自店舗が上位表示されているとします。

すると、「銀座で寿司が食べたい」「銀座の有名な寿司屋を知りたい」といったユーザーがGoogle検索を使った際に自店舗が上位に表示されるため、多くのユーザーの流入に繋がります。
その結果、集客が進むという仕組みです。

また、自店舗が提供するサービスや商品について、より詳しい情報をブログに投稿する方法もおすすめです。
自店舗が提供しているジャンルに興味を持つユーザーへ、お店の強みやこだわりなどを発信することで、訴求力を高めた集客が可能になります。

ただし、ホームページやブログの運営には、狙ったキーワードで上位表示するためのSEO対策を行う必要があります
SEO対策はある程度のリソースが必要な集客方法ですが、成功すれば上記のように大幅な集客アップが見込めるのです。

自社アプリを活用する

自社アプリの活用は、自社のブランディングを促進できる点が大きな特徴です。
設計やデザインで独自性も出せるため他社との差別化も容易です

また、顧客が使いやすいようにアプリを設計すれば、アプリを使用した顧客がリピーターになる確率も上げられるでしょう。

自社アプリを効果的に活用するために、自社の商品やサービスを購入または予約する機能を持ったアプリを作成するのがおすすめです。

顧客の利用ごとにポイントを付与したりクーポンを発行したりするのも効果的です。
導入する機能を増やすほど開発費用はかかってしまいますが、顧客層などに合わせて最適なアプリを導入すれば大幅な集客率アップも期待できます。

Web広告で幅広くアピール

Web広告には、「出稿してから短期間で広告を流せる」「短期間で効果を得やすい」などのメリットがあります。

広告を見たユーザーの行動データも入手できるため、Web広告を運用して間もなくデータ集積や分析を行えるのも魅力的です。

Web広告にはリスティング広告やSNS広告など種類豊富な媒体が揃っているため、自社の特徴やターゲットに合わせたものを選択してください。
ただし、広告を打ち出す媒体によって出稿方式が異なるという特徴があるため、効果的に運用を進めるにはある程度の慣れが必要になります。

ポータルサイトに自店舗を掲載する

ポータルサイトに自店舗を掲載すると、ポータルサイトを利用するユーザーを集客できるようになります

ホームページやブログが上位表示されなかったりと、ユーザーに自店舗を知ってもらう機会が少ないという場合、ポータルサイトから自店舗の存在をアピールする方法が有効です。

さらに、知名度の高いポータルサイトを利用すれば、より多くのユーザーに自店舗を知ってもらえるチャンスも広がるでしょう。

ただしポータルサイトを利用しても、同業他社との競争は避けられず、競合よりも自店舗を目立たせるために有料プランが必須になる可能性もあります。

SNSを使った店舗集客アイデア

SNSツールを使った店舗集客アイデアをご紹介します。

Twitter

Twitterは、リツイート機能により不特定多数のユーザーに情報を伝達できるなど拡散力にすぐれたアプリです
フォローしてくれているユーザーにすぐにでもメッセージを届けられるため、イベントやキャンペーンを使った集客も可能です。

ただし、フォロワーを増やすためにターゲットユーザーが求めるような投稿内容を考える必要がある他、定期的に投稿しないと投稿が埋もれてしまうといった特徴もあります。

そのため、Twitterの運用に慣れるまで一定の期間がかかる点には注意が必要です。

Twitterは、SNSツールの中でも利用者数が多く、とりわけ10代20代の利用率が高いアプリです。
そのため若い男女を集客したい場合に特に有効な集客方法になります。

参考:総務省情報通信政策研究所|令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

Instagram

Instagramは、写真や動画の投稿に特化したSNSです。

自店舗が提供する商品やサービスの魅力を動画によってわかりやすくユーザーに届けられるため、文章を読むのが苦手というユーザーの集客を効率的に進めることができます。

またInstagramには投稿機能の他に、「ストーリーズ」や「リール」などの多彩な機能も備わっています。
そのため「投稿する動画のアイデアが浮かばなくて困った」というときも、ユーザーを飽きさせない取り組みが可能になります。

Instagramのユーザー数はおよそ3,300万人で、女性ユーザー数が他のSNSに比べて高いのも特徴です。

また、アプリの利用率についても2015年の14.3%から2022年の48.5%と急速に普及が進んでいるため、Instagramを使った集客方法はこれからも効果的といえるでしょう。

参考:総務省情報通信政策研究所|令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書
参考:Meta|Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントを利用した集客方法には、店舗側の発信したメッセージがメルマガなどと比較して確認されやすいという特徴があります。

LINEは、メッセージが届くとプッシュ通知でユーザーに知らせてくれるため、ユーザーが確認する確率が高いのです。
例えば、学校や会社の昼休みといったスマートフォンを操作する人が多い時間帯にメッセージを発信すれば、より多くの人に読んでもらえるでしょう。

飲食店がLINE公式アカウントを利用した場合、昼休みの時間帯にランチのクーポンを配布したり、夕方前に飲み会などで使える割引券を配布したりして、多くのユーザーにアピールできるのです。

上記の集客方法は、顧客と友だち登録していることが条件となりますが、LINEは国内で月間9,200万人が利用しているコミュニケーションアプリです。

顧客の中でも利用している方は多いため、友だち登録まで誘導するのもむずかしくはないでしょう。

参考:LINE|LINE for Business

TikTok

TikTokは、最短15秒と短時間の動画投稿ができるアプリです。

最大10分までの動画を投稿することもできますが、YouTubeと比較すると短時間なので手軽に見られる点が大きな特徴です。
画面をスワイプするだけで次の動画を閲覧できるため、飽きずに動画を閲覧するユーザーも多いでしょう。

また、レコメンド機能によって自分の趣味趣向に合った動画が流れてくるという特徴もあります。

TwitterやInstagramと異なり、フォロー外のユーザーにも投稿したコンテンツが表示されるため、自店舗を知らないユーザーにもアプローチできる点もメリットです。

動画から集客するという点では、YouTubeとターゲットが重なる点もありますが、TikTokは10代を中心とした若年層に人気のあるツールです。

10代の62.4%がTikTokを利用しており、20代でも46.5%が利用しています
そのため動画を使って集客する際はYouTubeだけでなくTikTokも併用するとより多くの若年層にアピールできるでしょう。

参考:ITmediaマーケティング|TikTokはコミュニケーションプラットフォームとして2019年の日本でどう進化するか

YouTube

YouTubeに自社アカウントを開設し、自社の商品やサービスを紹介する方法は有効な集客方法です。

商品の特徴や強みを解説する際にも、文章では伝えにくい内容を動画でわかりやすく伝えることができます

また、YouTubeへの動画投稿は無料で行える他、動画作成に必要な編集ソフトも無料で活用できるものをネット上からダウンロードできるため、導入コストを抑えられる点も魅力的です。

ただし、作成した動画をクリックしてもらうには、ユーザーの興味を引く動画編集技術やサムネイル画像の作成技術も必要になります。
他にも収益化するために取り組むべき内容は多く、短時間の動画だとしても製作にはその何倍もの時間がかかる点は留意しましょう。

YouTubeは2021年5月時点で国内の月間利用者数が6,900万人を超えており、若年層だけでなく45歳から64歳の2,500万人が視聴している非常に人気のあるツールです。
一定の技術を必要とはしますが、多くのユーザーに自店舗をアピールできるのです。

参考:Think with Google|「みんなのメインステージ」——新しい時代・進化する YouTube

インターネットと組み合わせると効果的な店舗集客アイデア

店舗集客アイデアには、デジタル以外にもアナログの良さを生かした集客方法も存在します。

GoogleビジネスプロフィールやSNSといったデジタル技術を活用した方法だけでも、集客には十分効果的ですが、これからご紹介するアナログの集客アイデアと組み合わせる方法も集客に効果的です。

チラシやパンフレットを配布する

チラシやパンフレットには、紙として残るというアナログならではのメリットがあります

「広告を見たけど内容を忘れた」というユーザーに対して、再度訴求することができるのです。
そして、パンフレット内に自社ホームページのURLを掲載したり特設サイトのQRコードなど記載したりすれば、再度伝えたい情報を届けることができます。

注意点としては、同じ相手に何度も同じ内容のチラシやパンフレットを配布しないことです。
何度も同じ内容を見せられると、受け取る側の中には「またか…」と不快感を覚える人もいます。

そのため、配布する際は間隔を開けたり内容を少しずつ変えたりして、飽きさせない工夫をするとよいでしょう。

イベントを開催する

イベントを開催すると、見込み顧客からリピーターまで多くの顧客に実際に足を運んでもらえるため、新規顧客の開拓や企業のブランディングの促進などの集客効果が期待できます

飲食店であれば、クリスマスやハロウィンといった季節行事を開催する方法が考えられます。「先着10名限定ランチメニュー」といった限定的なイベントも、顧客の興味を引いてくれるでしょう。

そして、イベントを成功させるために有効なのがデジタルの活用です。

例えば、Twitterにイベントの告知を投稿し、ユーザーに拡散してもらう方法が考えられます。
他にも、SNSでフォローしてくれている顧客に限定プレゼントを会場で手渡したり、「SNS見たよ」と言ってくれた顧客に特典を付与したりすれば、イベントの集客も進むでしょう。

ユーザー一人ひとりにハガキを送ることやチラシを作成してポスティングすることも可能ですが、費用が膨大になる可能性もあるので、デジタルの利点を生かしてアナログにつなげる集客方法をおすすめします。

看板を設置する

看板広告には、必要な情報がわかりやすく掲載されているため、見た人の記憶に残りやすいのが大きな特徴です。

また、通りに面した場所に看板を設置すれば、通りがかりの人にお店の存在をアピールしたり入り口までの誘導を行ったりすることも可能です。

しかし、看板は面積に限りがあるため掲載できる情報も限られます。
そこで、看板にメニューやSNSのQRコードを貼って詳細な情報を確認できるようにするとユーザーの興味を強く引くことができるでしょう。

他にもQRコードから予約や注文ができると便利ですし、クーポンをQRコード化して看板に貼り付ければ、顧客の来店意欲向上にも繋がるでしょう。

売り場のレイアウトを工夫する

実際の売り場にデジタルの手法を取り入れる方法も効果的です。

例えばアパレル店舗で自社サイトを持っていれば、顧客の求めるサイズやカラーが店舗にない場合にオンラインストアで注文できるようにする方法が考えられます。

また、やや特殊な例かもしれませんが、商品のポップに自社サイトへ移動できるQRコードを貼っておき、着用例やおすすめの着こなしがわかるようにするのもおすすめです。

業種別のおすすめ店舗集客アイデア

これまでご紹介してきた店舗集客アイデアの中から、業種別におすすめの方法をご紹介します。

飲食店におすすめの店舗集客アイデア

飲食店は、実際に利用するまで料理の味や店内の雰囲気はわからないため、口コミが重視される傾向にあります。
そのため、飲食店の店舗集客を進める際は、口コミ管理に力を注ぐのがおすすめです。

例えば、自店舗に投稿された口コミ一つひとつに丁寧に返答したり、レビューを投稿してくれた顧客へお礼を述べたりすると投稿した顧客が喜んでくれるでしょう。
口コミの数が増えたり高いレビュースコアが掲載されたりすると、新規顧客獲得やリピーター創出にも繋がります。

他にも、スタンプカードや会員割引を顧客に手渡して次回の来店を促したり、LINE公式アカウントをはじめとするSNSツールを使ってフォローしてくれたユーザーにお得な情報を届けたりと、アナログとデジタルの両方を活用して効率的に集客を進めましょう。

美容室におすすめの店舗集客アイデア

美容室の集客では、新規顧客の獲得とリピーターの創出が重要になります。

新規顧客獲得のためには、カットやカラーなどの出来上がりを確かめられる画像や動画を掲載することが大切です。
Googleビジネスプロフィールやホームページ、SNSツールなどを活用して、利用を検討するユーザーの来店意欲を引き上げてください。

この中でもGoogleビジネスプロフィールの活用がおすすめです。
Googleビジネスプロフィール内に自社ホームページのリンクを設置することで、SEO対策不要でより多くユーザーの集客が可能になります。

Googleマップで「地域名+美容室」といったキーワードで流入したユーザーを、ホームページに誘導することで、より自店舗の詳細なアピールポイントを伝えれば、より多くの新規顧客の獲得も期待できるでしょう。

リピーターを多く持つために、施術や接客の技術を磨いたり、「〇日以内の再来店で10%オフ」「お友だちや家族の紹介で割引」といったクーポンを配ったりするのも有効です。

小売店におすすめの店舗集客アイデア

小売店には地域に得意客を持つと売り上げが安定しやすいという特徴があるので、地域密着型の集客方法がおすすめです。集客方法としては、以下が効果的です。

  • クーポンの配布
  • イベントの開催
  • 新商品の告知

季節毎にイベントを開催したり、割引できるクーポンを配布したりして新規顧客獲得につなげましょう。
イベントやキャンペーンの様子や成果をTwitterなどのSNSツールを使って拡散すれば、より地域の中で自社のブランディングが進みます。

宿泊施設で成果を出している店舗集客アイデア

ホテルや旅館などの宿泊施設の場合、情報発信方法を工夫するとより多くの集客が可能になります。

例えば、ホームページやブログの運営が重要な集客アイデアとなります。

ITが普及した近年は、顧客が店舗を決める際にオンラインで情報収集し、良い宿泊施設があればそのままオンラインで予約という流れが主流となっています。

よって自社のオウンドメディアに客室や入浴設備、食事などの写真を掲載するのはもちろん、実際に利用したイメージができるように動画を撮影して投稿するのもよいでしょう。

ポータルサイトを利用して、専任のアドバイザーから写真の撮影方法や選定方法について助言を受けるのもおすすめです。
ただし、自社ホームページからの予約数を増やしたい場合は、ポータルサイトからそのまま予約する人を自社ホームページに移動させる必要があります。

そのため、SNSを使って自社の認知度を向上させるといった活動が重要になります。

また、国外からの利用者を呼び寄せるために、自社の情報を英語で発信する方法もあります。
Googleビジネスプロフィールは、検索するユーザーの指定言語に合わせて自動翻訳してくれるため、国外からの利用者にも対応することができます。

店舗集客はGoogleビジネスプロフィールからはじめよう

店舗集客を新たにはじめる方や集客に本腰を入れて取りかかる方は、Googleビジネスプロフィールの運用からはじめましょう。

Googleビジネスプロフィールは幅広い業種の集客にも対応できます。

Googleビジネスプロフィールが実店舗集客に向いている理由

Googleビジネスプロフィールを利用した集客には、「口コミを管理して集客率をアップさせる」「無料で運用できるため費用対効果が高い」といったメリットが存在します。

特に実店舗の運営が忙しい店舗オーナーにとって、パソコンとスマホの両方で口コミ対応ができるGoogleビジネスプロフィールの運用はリソース確保の面から見ても効率的です。

さらに、Googleビジネスプロフィールは他の集客方法の長所を消すこともないため、集客方法を組み合わせて自店舗ならではの取り組みを進めていくこともできます。

運用に専門的な資格も不要ですので、Googleアカウントの開設がまだの方は、まず開設作業から取り組んでみましょう。
Googleビジネスプロフィールを活用した集客方法について、より詳しく解説した記事がこちらです。

「ロケーションコネクト」を導入して効率的に店舗集客しよう

Googleビジネスプロフィールの運用をサポートし、本業に取り組むための工数を確保できる「ロケーションコネクト」の導入をおすすめします。

「ロケーションコネクト」は、これまで27,000店舗以上の集客を支援してきた実績のある弊社エフェクチュアルの提供ツールです。

これまでの支援実績や経験をツールの改善に余すところなく注力することで「店舗情報の更新を省人化」「口コミをAI分析して集客アップ」「複数店舗のデータを一括分析」などを可能にしています。

実際にロケーションコネクトを導入して、間接検索数が倍増したりWebからのアクセス数が3倍に増加したりと、目に見える成果を実感された企業様は多数いらっしゃいます。

ぜひこの機会にロケーションコネクトを利用して、店舗集客を効率的に進めましょう。

まとめ

店舗集客アイデアは多数あるため、いくつか試してみて、運用しやすいと思ったものから取り組んだり複数を並行して行ってみるのもよいでしょう。

本記事を参考に、実行してみたい店舗集客アイデアが見つかったら、運用体制や導入についてできることから取り組んでください。

なお、選択した店舗集客アイデアによっては、成果が出るまでに一定の時間がかかりますが、成果が出ない間もデータの分析や改善策を考えたりすることで、成果が出るまでの時間を短縮することもできます。

そして、集客にかかる時間の削減や、本業にかける工数を確保するために専用ツールを活用してみましょう。