ブログ

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)のガイドラインを徹底解説、ポイントと違反ペナルティ

MEO対策ツールとして、多くの企業が活用しているGoogleマイビジネス(※)。無料で使えるツールのため、中小企業には有り難いツールです。

しかし、無料で利用できるGoogleマイビジネス(※)ですが、利用にあたってはガイドラインが設けられているのをご存知でしょうか。

Google社は、Googleマイビジネス(※)の利用に関する細かなガイドラインを設けており、これを遵守しなければいけません。

そこで、ここではGoogleマイビジネス(※)のガイドラインについて解説していきます。MEO対策の効果を高めるためにも、ガイドラインは理解するようにしましょう。

Googleマイビジネス(※)のガイドラインとは

Googleマイビジネス(※)のガイドラインとは、Googleマイビジネス(※)における店舗情報の登録やコンテンツ発信、メッセージ発信などにおける規約です。

各々の機能や操作において細かくガイドラインが設定されているのですが、このガイドラインを見たことがない方も多いのではないでしょうか。

Googleマイビジネス(※)を利用するためのルールともいえる存在で、違反した場合はペナルティが発生するケースもあります。そのため、Googleマイビジネス(※)を利用する場合は、必ず目を通さなければいけません。

しかし、Googleマイビジネス(※)のガイドラインは、Googleマイビジネス(※)の「Google公式ヘルプページ」に記載されているのですが、文章が長く分かりづらいのです。

そこで、企業の担当者や店舗オーナーが、とくに気をつけなければいけない点に絞って、わかりやすく解説していきます。

ビジネス情報のガイドライン

まずは、Googleマイビジネス(※)のビジネス情報に関するガイドラインです。ビジネス情報とは、店舗の名前や住所、営業時間といった基本的な店舗情報を指しています。

名前

名前(店舗名)は、実際に使われている正確な名称を使わなくてはいけません。店舗やホームページなどでも使用していて、お客様に認知されている実際の名前(店舗名)です。

正しい名前(店舗名)を入力することで、お客様がインターネットで検索する際に見つけやすくなります。

店舗名の他に、お店のキャッチフレーズや所在地の情報などを含めることは禁止されていますの。

住所

住所は実在の住所と同一で、正確に記載しなければいけません。名前と同様に、住所以外の情報を記載することは禁止されています。

ウェブサイトと電話番号

ウェブサイト

ウェブサイトとは、Googleマイビジネス(※)の店舗情報にホームページなどのURLを記載できる機能を指しています。

このウェブサイトでは、実際の業務と関係のないページに移動するURLを記載することが禁止されています。

電話番号は、可能な限り個別の店舗に直接つながる電話番号を記載することを推奨しています。

カテゴリー

カテゴリーを設定すると、検索ユーザーに見つけてもらえやすくなるため、Googleは適切なカテゴリーを設定することを推奨しています。

ピーアール目的や事実と異なるカテゴリーの使用は禁止されています。事業の中心となっていて、最も具体的なカテゴリーを記載しなければいけません。

参照元:Googleマイビジネス(※)ヘルプ
「Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン」
https://support.google.com/business/answer/3038177

投稿コンテンツに関するガイドライン

ここでは、Googleマイビジネス(※)における投稿コンテンツに関するガイドラインを解説していきます。

投稿する内容に関してGoogleは、多くの禁止事項を設けていますので、必ず目を通すようにしてください。

関連性のないコンテンツ

実際のビジネス業務と関係のない内容を投稿することは禁止されています。実際のビジネスと無関係であったり、関連性が明確でなかったりする投稿は許可されておらず、Googleによって削除されるケースもあります。

不適切なコンテンツ

不適切なコンテンツ
Googleマイビジネス(※)では、不適切なコンテンツの投稿は禁止されています。

たとえば、嫌がらせや差別、いじめにあたるような内容です。

また、特定の人物や場所、物事を中傷し、閲覧したユーザーに怒りや混乱を与えるような内容の投稿も禁止事項とされています。

プライバシー

個人情報や機密情報が特定できるような内容の投稿は、禁止されています。

特定の個人に関連した連絡先情報、身分証明書などが含まれるコンテンツは許可されていません。

なお、Googleマイビジネス(※)の「投稿」に関しては、以下の記事で詳細を解説していますので、あわせてご確認ください。

「Googleマイビジネス(※)の投稿のメリット、注意点、集客アップの秘訣」
https://location-connect.com/googlemybusiness/post-2/

参照元:Googleマイビジネス(※)ヘルプ「投稿コンテンツに関するポリシー」
https://support.google.com/business/answer/7213077

メッセージのガイドライン

ここでは、メッセージ機能に関するガイドラインについて解説していきます。

メッセージへの返信

お客様から届いたメッセージに返信しない、もしくは返信が遅くなると信頼が損なわれるため、Googleはそのような行為を推奨していません。

これは、Googleマイビジネス(※)の「口コミ」機能でも、全く同様のことが言えます。

たとえば、来店してくれたお客様が口コミを投稿しているのに、スタッフが全く返信をしていないGoogleマイビジネス(※)の店舗情報を見たら、その店に行きたくなるでしょうか。

メッセージや口コミへの返信は、お客様の信頼を獲得するためにも重要な業務なのです。

なお、Googleマイビジネス(※)の口コミの「返信」に関しては、以下の記事で詳細を解説していますので、あわせてご確認ください。

「口コミへの返信は必要か?返信方法と書き方のポイントを解説」
https://location-connect.com/googlemybusiness/reply/

個人情報や機密情報

お客様とのチャット(メッセージのやり取り)では、個人情報や機密情報を提供してはいけません。同様に、お客様に対して個人情報や機密情報の提示を要求してはいけません。

個人情報や機密情報とは、クレジットカードやマイナンバーの番号、パスワードなどのログイン認証に関する情報などを指しています。

参照元:Googleマイビジネス(※)ヘルプ「メッセージのガイドライン」
https://support.google.com/business/answer/7506237

Googleマイビジネス(※)に時間をかけたくない方に

集客アップサービス

ここまで解説してきたとおり、Googleマイビジネス(※)には機能や操作、設定などに細かなガイドラインが設けられています。このGoogleが定めたガイドラインを遵守しながら、Googleマイビジネス(※)を運用していかなければいけません。

さらに、良質なコンテンツを発信しながら、ユーザーのアクセス状況などの分析も行わなければならないのです。Googleマイビジネス(※)で集客や売上アップを実現するには、非常に多くの工数と時間がかかるのです。

しかし、本業の業務が忙しく、Googleマイビジネス(※)に時間をかけられない店舗オーナーがほとんどではないでしょうか。

そのような方に向けて作られたサービスが、弊社の「Googleマイビジネス(※)運用サービス」です。多忙な店舗オーナーに代わって、Googleマイビジネス(※)の運用を代行するサービスです。

Googleマイビジネス(※)の各設定の最適化から、コンテンツ発信の代行、効果測定やデータ分析、口コミ対応のコンサルティングまでを実施します。

7,000店舗以上の集客を支援した実績をもとに、質の高いMEO対策を実現します。「Googleマイビジネス(※)運用サービス」の詳細は、以下のページよりご確認ください。

→『Googleマイビジネス(※)運用サービス』をチェック

違反した場合のペナルティ

Googleマイビジネス(※)のガイドラインに違反した場合、どのようなペナルティを受けるのでしょうか。

ガイドラインを守るのは当然ですが、実際に受けるペナルティが気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは、ガイドライン違反のペナルティについて解説していきます。

ビジネス情報の表示停止

ガイドラインに違反した場合、Googleマイビジネス(※)の店舗情報が検索結果に表示されなくなるというペナルティを受けることがあります。

また、Googleが定めたガイドラインだけではなく、不正な行為や違法行為が確認された場合にも、同様のペナルティを受けることがあります。

Google アカウントの停止

Googleマイビジネス(※)の表示停止だけではなく、Googleのアカウント自体が停止になるペナルティもあります。

アカウント自体が停止になってしまうと、Googleマイビジネス(※)はもちろん、GメールやGoogleアドセンスなどGoogleが提供しているサービスが利用できなくなります。

このようなペナルティを受けないためにも、Googleマイビジネス(※)のガイドラインを正しく理解して、遵守することを心がけましょう。

参照元:Googleマイビジネス(※)ヘルプ
「Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン」
https://support.google.com/business/answer/3038177

Googleマイビジネス(※)運用サービス

集客アップサービス

無料で利用でき、なおかつ高いMEO対策の効果が期待できるGoogleマイビジネス(※)。しかし、正しく運用してMEOの成果を上げるには、ここで解説してきたGoogleのガイドラインを遵守しなければいけません。

Googleマイビジネス(※)のガイドラインに違反して、店舗情報の表示が停止されてしまったら、これまでの投稿や口コミ対応が全て台無しになってしまいます。「知らなかった」では済まされないのです。

しかし、Googleが定めるガイドラインを正しく理解して、Googleマイビジネス(※)を適切に運用していくためには、MEOやマーケティングの知識と経験が必要です。

大企業であれば、専属のマーケティング担当者がいるかもしれませんが、中小企業や個人経営の飲食店などには、専属の担当者を雇うのは難しいでしょう。

そのような企業や店舗に最適なサービスが弊社の「Googleマイビジネス(※)運用サービス」です。お客様に代わってGoogleマイビジネス(※)の全運用を行うため、人的なリソース問題を解決できます。

すでに多くの企業で集客の成果が上がっており、費用対効果の高いサービスです。「Googleマイビジネス(※)運用サービス」の詳細は、以下のページよりご確認ください。

→『Googleマイビジネス(※)運用サービス』をチェック

 

※「Googleマイビジネス」は、2021年11月に「Googleビジネスプロフィール」に名称変更しました。