ブログ

正しいGoogleマイビジネス対策で実店舗への集客率をアップさせよう!

Googleマイビジネス対策を行って、自分で集客を進めたいと考える店舗オーナーは少なくありません。

しかし、「Googleマイビジネス対策を集客につなげる方法がわからない」「対策を行っても思うような成果が出ない」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、Googleマイビジネス対策の基本からGoogleマイビジネス対策を行った集客方法まで具体的に解説します。さらに、Googleマイビジネス対策が成功したときの効果もお伝えしていきます。

インターネットを利用して実店舗に集客したいと考えるオーナーの方は、ぜひ最後までご覧ください。

Googleマイビジネス対策とは

Googleマイビジネスは、Google検索やGoogleマップに掲載された自社店舗の情報を編集するためのツールです。

来店に必要な情報を掲載したり、お店の魅力をわかりやすくユーザーに伝えたりして、インターネット検索からお店やサービスを探しているユーザーの来店を促します。

そして、実店舗への集客を進めるためにGoogleマイビジネスに必要な情報を追加・投稿・編集する作業をGoogleマイビジネス対策と呼びます。

MEO対策はGoogleマイビジネス対策の1つ

Googleマイビジネス対策を成功させるには、検索された地域キーワードで競合店舗より自社店舗を上位表示させる「MEO対策」も重要になります。

Googleマイビジネス対策では、主に以下の施策を行い上位表示を目指します。

①お店の名前や住所、営業時間といった来店に必要な情報の管理

②イベントやキャンペーンなどユーザーの来店を促すための情報発信

③サービスへの評価や感想が記載された口コミの管理

④各種設定や投稿内容のキーワード調整

Googleマイビジネス対策を行うと、①の来店に必要な情報の発信と②の来店を促すための情報の発信を行うことができます

さらに④のMEO対策を行い、集客に必要な情報を掲載しなくてはいけません。

MEO対策を行う理由

MEO対策に必要なGoogleマイビジネスは、登録と運用が無料で可能です。時間をかければ、自分1人で対策を進めることもできます。

人件費をかけずに取り組めるほか、多くの集客も見込めるのがMEO対策です。費用対効果の高さから、集客に成功している多くの店舗に利用されています。

Googleマイビジネスを利用したMEO対策とSEO対策との違い

MEO対策と同じくインターネットを利用して、ユーザーを集客する方法がSEO対策です。

MEO対策とSEO対策の主な違いを確認しておきましょう。

  • MEO対策は、SEO対策に比べ競合先が少なく上位表示されやすい
  • MEO対策は、SEO対策より費用を抑えて成果を出すことが可能

集客を進めるうえで、MEO対策もSEO対策も重要な対策です。しかし、地域のユーザーを実店舗に集めたい場合、MEO対策に力を入れた方が成果が出やすくなります。

その理由は、MEO対策が、地域にある競合店舗より検索したキーワードで優位に表示されることを目指している点にあります。一方のSEO対策は、Webサイト上で上位表示されることを目的としています。

つまり、MEO対策は、キーワードを検索したユーザーが実店舗へ来店してもらうために行う対策であるのに対して、SEO対策は、自分のWebサイトを訪れてもらうために対策を行っています。

そのため、実店舗への集客には、MEO対策に力を入れた方が成果が出やすいのです。

MEO対策とSEO対策の違いについて、より詳しく確認したい方はこちらをご覧ください。

Googleマイビジネス対策のやり方

Googleマイビジネス対策のやり方は、以下の6種類です。

  • Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)に登録する
  • Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)の情報を充実させる
  • 投稿機能でお店の情報を発信する
  • 写真を活用して見やすくする
  • NAP情報を整える
  • 適切なキーワードを選ぶ

具体的に解説していきます。

Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)に登録する

MEO対策を進めるためには、Googleマイビジネスへのアカウント登録が必要です。Googleマイビジネスへの登録は、お店のオーナーであれば誰でも可能です。

Googleマイビジネス登録の流れは、以下の通りです。

  1. Googleマップでお店が登録されているかを確認
  2. Googleマイビジネスへ登録
  3. Googleマイビジネスのオーナー確認を行う

Googleマイビジネスへの登録方法や始め方について、下記のページで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

Googleマイビジネス(Googleビジネスプロフィール)の情報を充実させる

Googleマイビジネスの店舗情報を充実させると、ユーザーが検索するキーワードとの関連性が上がることでMEO対策効果が発生し、上位表示されやすくなります。

下記の項目は、キーワードとの関連性が高い項目になりますので、注意事項を確認のうえ必ず登録しましょう。

1.ビジネス名

お店の名前を登録します。「駐車場完備」「駅から徒歩5分」といった特徴は店名に記載するとペナルティを受ける可能性がありますので、ご注意ください。

2.カテゴリ

Googleが提示したカテゴリの中から、お店に合ったカテゴリを登録します。「メインカテゴリ」のほかに「追加カテゴリ」を登録してユーザーにアピールすることも可能です。

3.住所

店舗のある住所を登録します。サービス提供地域を追加すると、ユーザーに出張や配達範囲を知らせることもできます。

4.営業時間

曜日ごとの営業時間を登録できます。ほかにも、祝祭日の営業時間を追加できるほか、宅配やテイクアウト、ハッピーアワーといった独自の営業時間の登録も可能です。

5.電話番号

サービス提供元へ直接つながる電話番号を記載します。

6.属性

属性とは、提供するサービスと直接関係のある項目です。飲食店なら、イートイン利用の可否や宅配サービスの有無といった項目を記入できます。

7.WebサイトURL

公式サイトのURLを登録します。

8.メニュー/サービス/商品

提供している食事メニューへのリンクが用意できれば、追加します。

投稿機能でお店の情報を発信する

Googleマイビジネスでは、お店の情報をユーザーに発信できる投稿機能が備わっています。投稿の際は、写真も添付できるため、魅力的な写真と解説文を一緒に掲載すれば、ユーザーの購買意欲を刺激できるでしょう。

たとえば、新しいイベントやキャンペーンの告知といったユーザーの目をひく情報を投稿して、より多くのユーザーの来店を促す方法もあります。

継続的に投稿を続けると、Googleから最新情報を発信している店舗だと評価されやすくなります。Googleから評価されると、上位表示につながります。

写真を活用して見やすくする

投稿に使う写真とは別に、お店の雰囲気やサービスの内容がわかる写真を活用して、ユーザーにアピールしましょう。

顧客がみたい情報をすべて掲載できると理想的ですが、「お客さんがみたい情報は何だろう?」と想像して写真を用意しても、顧客のニーズに近づくでしょう。お店の雰囲気やサービスの内容がわかると、来店率のアップが期待できます

ユーザーの興味を一目でひくためには、写真の第一印象が重要になります。プロのカメラマンに依頼したりして、質の高い写真を用意しましょう。

もしも自分で写真を撮影したい場合は、写真の解像度や魅力的な撮影方法などを学んでから取り組んでみてください。

NAP情報を整える

NAPとは、Nama(店舗名)、Address(住所)、Phone(電話番号)の頭文字を組み合わせた言葉です。NAP情報を整えるとは、自社サイトのNAPとGoogleマイビジネスのNAPの表記を統一させることを指します。

NAP情報を整えると、Googleのプログラムがあなたのお店を間違えずに認識できるようになるため、お店に対する正しい評価につながります。

たとえば、「田中ビル 1階」と「田中ビル 1F」という表記があったとします。人間なら、「どちらも田中ビルの1階という意味だな」とすぐ理解できますが、Googleのプログラムは別の店舗と誤認識してしまう可能性があります。

Googleマイビジネス対策を進めても、別の店舗だと認識されては効果が半減するかもしれません。

文字の大文字や小文字、半角や全角といった細かい違いに注意して、表記は完全に統一させましょう。

適切なキーワードを選ぶ(MEO対策)

自分のお店を適切に表示させるためには、キーワード選びも大切です。

キーワードを洗濯する際は、対象を絞ったキーワードに設定しましょう。

たとえば、「新宿 ラーメン屋」「渋谷 お寿司」といったキーワードは、検索する人が多い人気のキーワードと考えられます。しかし、多くの人が検索するキーワードほど、競合が多い傾向にあるため上位表示がむずかしくなります。

そのため、ラーメン屋であれば「新宿 煮干しラーメン」、お寿司なら「渋谷 回転ずし」といったように対象を絞ったキーワードを設定すると検索ボリュームが抑えられ、上位表示が狙いやすくなるのです。

Googleマイビジネス対策の効果

Googleマイビジネス対策の効果は以下の3つです。

  • 主にモバイルユーザーを集客できる
  • ローカル検索結果が目立つ場所に表示される
  • 予約や問い合わせ、ホームページへのアクセス数が増加する

それぞれみていきましょう。

主にモバイルユーザーを集客できる

Googleマップは、スマートフォンやタブレット端末でも利用できるアプリです。ネット環境のある場所ならすぐ利用できるため、多くのユーザーに支持されています。

現在は年代問わず多くの人がタブレット端末を利用しているため、MEO対策が成功すればモバイルユーザーの流入が期待できます。

総務省が発表した「通信利用動向調査」を確認すると、携帯電話やスマートフォンなどを含めたモバイル端末の保有割合について、2020年の世帯保有率は96.8%と非常に高い数値でした。

そのうちスマートフォンの世帯保有率は86.8%とこちらも高く、日本のほとんどの方がスマートフォン含むタブレット端末を利用していることがわかります。

参考元:総務省「通信利用動向調査」|情報通信機器の世帯保有率の推移

モバイル端末を利用しているユーザーを集客できる点が、MEO対策の大きな効果になります。

ローカル検索結果が目立つ場所に表示される

ローカル検索の検索結果は、Googleマップの画像と一緒に、Google検索の結果より上部に表示されます。

MEO対策が成功して上位表示されれば、Webサイトの検索結果より目立つ場所に表示されることになります。

Webサイト上で上位表示を狙うSEO対策は、成功した場合のメリットがとても大きい反面、対策費用が高額になったり上位表示されるまで時間がかかったりする場合があります。

一方のMEO対策は、SEO対策に比べ費用や時間を抑えて上位表示を目指せるうえに、ユーザーの目をひく場所にお店の情報が掲載されます。さらに、店舗に来店するために必要な、店名や住所、電話番号などがここで確認できるようになっており、より効率的な集客が見込めます。

予約や問い合わせ、ホームページへのアクセス数が増加する

Googleマイビジネス対策の効果は、ホームページのアクセス数や予約件数の増加となって表れます。

Googleマップで上位表示されると、お店への注目度がアップし、Googleマイビジネスに記載した情報へのアクセス数も上がるでしょう。

Googleマイビジネスに自社ホームページのURLを掲載したり、自社ホームページからGoogleマップへのリンクを貼ったりすれば、予約数や問い合わせの数も増えるはずです。

多くのユーザーから注目される環境の中で、真面目にサービス提供を続ければ、収益はどんどん向上していくでしょう。

まとめ

Googleマイビジネス対策は、集客を進めるために大切な作業ですが、適切に対処しないと効果があらわれなかったり逆効果になる場合もあります。また、保有店舗数が多いと運営が忙しく手が回らない場合もあるかもしれません。

そんな時はツールを導入することも一つの手です。実店舗への集客を効率良く進めるためにも、ぜひGoogleビジネス対策管理ツールをご検討ください。