ブログ

【複数店舗向け】Googleマイビジネスに一括投稿を行う方法

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の運用は日々の情報更新が大切だと分かっていても、複数の店舗を管理している場合は、多くの工数と作業時間がかかってしまい大変です。

各店舗の投稿をまとめて一括で行えると運用がとても楽になりますよね。

本記事は、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に一括投稿を行う方法を紹介します。

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の運用に費やす時間を少しでも削減したい方は、ぜひ参考にしてください。

そもそもGoogleマイビジネスの管理画面では一括投稿ができない

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)には「投稿」という機能があり、店舗の情報をユーザーへ随時発信することができます。

また、この投稿を活用して新商品を発信したりキャンペーンの告知を行うことで、閲覧から来店へ繋げることができます。

投稿機能は、来店促進の効果を高めるために積極的に取り入れたい機能です。

「投稿」機能では、以下の4つのことができます。

・最新情報
新メニューの紹介、営業時間のお知らせなど、最新の情報を発信したい時に使用します。最新情報の投稿は、7日間表示されます。

・特典
特典からクーポンを発行することができます。クーポンを投稿すると「最新情報」に表示されるため、今まで、SNSやメルマガで既存顧客にクーポンを配布していた場合は、新規顧客へも無料でアプローチできるのが魅力です。

・イベント
セミナーやイベントを宣伝することができます。セミナーやイベントの最新情報を伝えることができるため、Google検索やGoogleマップで店舗の情報を見たユーザーへ集客を期待できます。

・COVID-19の最新情報
臨時休業や営業時間の短縮、デリバリー・テイクアウト対応、店舗の衛生管理方法など、新型コロナウイルスに関する店舗の対応を発信する際に「COVID-19の最新情報」を投稿します。

この項目を使い分けて各店舗毎に一回一回投稿していたら膨大な時間がかかってしまいます。

作業時間を削減するための手段として、各店舗の投稿をまとめて行える「一括投稿」ができるとうれしいですよね。

しかし、残念なことにGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の管理画面から一括投稿を行うことができません

店舗ごとの投稿作業時間

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の投稿を各店舗ごとに行った場合、どれくらいの作業時間がかかるのでしょうか。

たとえば、1店舗につき投稿作業が「10分」かかるとして、店舗数が「50店舗」あるとします。

10×50で500分、「約8時間」かかる計算となります。

1日の勤務時間が8時間の場合、投稿作業に1日の全ての勤務時間を費やすことになりかねません。また、この作業に時間を費やしてしまうと、重要な業務に時間を割きにくくなります。

Googleマイビジネスに一括投稿を行う方法

Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)に一括投稿を行うには、以下の2つの方法があります。

  • API
  • Googleマイビジネス管理ツール

そもそもAPIとは、ソフトウェアなどの一部を外部に向けて公開することにより、第三者が開発したソフトウェアと機能を共有できるようにした窓口のようなものです。

Google Business Profile APIを使用することで、Googleビジネスプロフィールのビジネス情報のデータを取得して一括投稿が可能になります。

Google Business Profile APIは、英語で申請を行い承認が得られると利用することができます。実際に使用する場合は、知識やプログラムスキル・申請時やトラブルの際に対応できる英語力が必要です。

Googleマイビジネス管理ツールでは、高度な知識や技術力がなくてもGoogleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)に一括投稿を行うことができます

まとめ

Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の投稿作業は、店舗集客に欠かせませんが、複数の店舗を運営していると膨大な時間がかかり大変な作業です。

一括投稿が可能になると、1日費やしていた投稿作業が大幅に削減されて手間を省くことができるため、業務の効率化を図ることができます。

Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の作業時間を減らして、集客業務に力を入れたい方には、Googleマイビジネス管理ツール「ロケーションコネクト」がおすすめです。

無料トライアルプランも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。