ブログ

Googleマイビジネスの一括登録とは?操作手順と登録エラーの対処法

多くの飲食店がMEO対策ツールとして利用しているGoogleマイビジネス。複数の店舗情報も一元管理できるため、飲食店にとっては非常に利便性の高いツールです。

しかし、複数の店舗を展開しているオーナーにとっては、それぞれの店舗情報を登録したり、更新したりするのは手間がかかる作業です。

ただ、Googleマイビジネスには一括登録の機能があるのをご存知でしょうか。

ここでは、Googleマイビジネスの一括登録の機能の説明や設定の手順、メリットなどについて解説していきます。

Googleマイビジネスの一括登録とは?

Googleマイビジネスの一括登録の機能とは、GoogleスプレッドシートやCSVのデータを使って、複数の店舗情報を一括で登録できる機能です。

たとえば、全国展開をしているチェーン店などは、店舗数が何十件にもなることは珍しくありあせん。このとき、それぞれの店舗をGoogleマイビジネスに個別に登録していくのは、非常に面倒な作業です。

そこで役に立つのが、この「一括登録」の機能です。指定形式のファイルに複数店舗の情報を記載して、ファイルをアップロードすることで、一括でGoogleマイビジネスに登録できるのです。

Googleマイビジネス 一括登録の操作手順

ここでは、Googleマイビジネスで店舗情報を一括登録するための、具体的な操作手順について解説していきます。

全国展開で数十店舗も出店しているような企業にとっては、非常に便利な機能ですので、ぜひ参考にしてください。なお、この操作はパソコンからのみ可能で、操作手順は以下のとおりです。

■操作手順(パソコン)
1.Googleマイビジネスにログインします。
2.右上隅にある[ビジネス情報を追加]をクリックします。
 

 
3.表示されたプルダウンメニューで[ビジネス情報をインポート]をクリックします。

[ビジネス情報をインポート]をクリックすると、下記の画面に推移します。
 

 
①未記入のスプレッドシートを入手するには、[テンプレートをダウンロード] をクリックします。スプレッドシートは、ご自身のビジネスで使用している言語でダウンロードされます。
②記入済みのスプレッドシートの例を参照するには、[サンプル スプレッドシートをダウンロード] をクリックします。
③ビジネス情報の説明に使用できる項目を確認するには、[属性に関する資料を含むスプレッドシートをダウンロード] をクリックします。

4. スプレッドシートの各項目を記入します。
5.スプレッドシートをアップロードする前に、管理するすべてのビジネス情報を追加します。
スプレッドシートをアップロードする際に、すべての項目を入力しておく必要はありませんが、必須情報が抜けている場合は、下記の画像のように入力するよう指示が表示されます。
 

 
6. [ファイルを選択]から記入済みのスプレッドシートをアップロードします。
下記の画像のように「ファイルをインポートしました」が表示されれば、スプレッドシートのアップロードは完了です。
 
 

 

参照元:Googleマイビジネスヘルプ「一括アップロード用のスプレッドシートを作成する」
https://support.google.com/business/answer/3370250?hl=ja

一括登録 スプレッドシートで記入するべき項目

Googleマイビジネスの一括登録は、テンプレートのスプレッドシートをダウンロードして利用できるので、非常に簡単で便利な機能です。
 
■一括登録テンプレート(Microsoft Excel)

 

また、上記でも説明したとおり、全ての項目を記載する必要はありませんが、必須で記載が必要な項目もあります。以下に、スプレッドシートにある全ての16項目と必須であるかどうかを記載します。

01.店舗コード (必須)
02.ビジネス名 (必須)
03.住所    (必須)
04.緯度と経度
05.電話番号 1 (必須、ウェブサイトを入力した場合は省略可)
06.電話番号 2
07.ウェブサイト(必須、電話番号を入力した場合は省略可)
08.メインカテゴリ(必須)
09.追加カテゴリ
10.営業時間
11.ビジネス情報
12.開業日
13.写真
14.ラベル
15.Google 広告の住所表示オプションの電話番号
16.属性

※(必須)の記載がない項目は、必須ではありません。

なお、項目によっては、文字制限や入力制限があることがありますので、詳細は以下の公式サイトよりご確認ください。

参照元:Googleマイビジネスヘルプ「一括アップロード用のスプレッドシートを作成する」
https://support.google.com/business/answer/3370250?hl=ja

店舗情報を一括変更する方法

一括登録機能で複数店舗を登録した後に、「複数店舗の情報を一括で変更できるのか」という疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

一括登録の機能を利用すれば、複数店舗の情報を一括で変更することは可能です。登録の際にアップロードしたスプレッドシートで情報を変更した後に、再度アップロードすることで上書き(変更)ができます。

注意点としては、スプレッドシートで既存のビジネス情報の特定の項目を変更する場合は、店舗コードの列と変更する項目の列のみを設定することです。

たとえば、営業時間を変更したい場合は、「店舗コード」の列と「営業時間」の列のみにして、他の列はスプレッドシートから除外します。

また、スプレッドシートに空白の列がある場合、その列の既存の情報がすべて削除されてしまいますので、変更しない不要な項目は必ず除外するようにしましょう。

Googleマイビジネスで集客効果を高めるには

集客アップサービス

ここまで説明してきたとおり、店舗情報を一括で登録できるGoogleマイビジネスは、複数の店舗を経営するオーナーにとっては、非常に便利なツールです。

しかし、Googleマイビジネスは、店舗情報を登録した後の管理が重要です。

具体的には、Googleマイビジネスに登録した店舗が、「どのぐらいの頻度で更新しているか」「口コミに返信しているか」などを管理することです。

Googleマイビジネスで集客の効果を高めるには、定期的なコンテンツ更新や口コミへのこまめな返信が求められるためです。

ただ、多店舗を経営するオーナーにとっては、日々の業務を行いながらGoogleマイビジネスを管理するのは、非常にハードルが高いのではないでしょうか。

そこで、おすすめするのがGoogleマイビジネスの運用をアウトソースする方法です。MEO対策の専門業者に、Googleマイビジネスの運用を任せてしますのです。

弊社の「Googleマイビジネス運用サービス」は、Googleマイビジネスの全運用を代行するサービスですので、経営者や店舗スタッフの負担はゼロに近いといえます。さらに、Googleマイビジネスの運用のプロフェッショナルにより、確実な集客効果が期待できます。

「Googleマイビジネス運用サービス」の詳細は、下記のページよりご確認ください。

→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック

一括登録 エラーの対処法

一括登録が正常に反映されない場合は、ダッシュボード画面にある「変更のプレビュー」で状況を確認できます。

「変更のプレビュー」をクリックすると、下記のように更新状況が確認できます。
 

 
エラー3件と表示されているので、「詳細をダウンロード」をクリックしてファイルをダウンロードします。

ファイルを開くと、下記の画像のように具体的なエラー内容が表示されています。

■エラーファイル

 
エラーの列(A列)に詳細が記載されています。記載内容のサンプルが以下になります。

【例】エラーの記載内容
行政区域: 無効です,
地域区分: 地域区分は JP で使用されていません,
地域の下位区分: 下位地域区分は JP で使用されていません,
郵便番号: 郵便番号が無効か、見つかりません,
住所 1: このアドレスは見つかりませんでした。この住所が正しいことをご確認ください。
または、ビジネス所在地を特定する別の方法についてhttps://support.google.com/business/answer/3370250#latlongをご覧ください。

エラーの記載内容に基づいて、スプレッドシートに記載内容を修正しましょう。

エラーになる理由が分からない場合は、下記の公式サイトを参照して、項目ごとの制限事項を確認してください。

参照元:Googleマイビジネスヘルプ「一括アップロード用のスプレッドシートを作成する」
https://support.google.com/business/answer/3370250?hl=ja

Googleマイビジネスに時間をかけられない方へ

集客アップサービス

多くの飲食店が集客のために活用しているGoogleマイビジネスですが、適切に運用しなければ集客アップを実現することは難しいです。

具体的には、定期的にコンテンツを発信しながら、お客様への口コミに返信したり、アクセス状況のデータを分析したりする業務です。

しかし、少人数のスタッフで営業する飲食店にとって、日々の業務を行いながらGoogleマイビジネスを運用していくのは、非常に大変な作業でしょう。集客アップは実現したいが、Googleマイビジネスに時間と労力をかけたくない店舗オーナーがほとんどではないでしょうか。

そのような店舗オーナーにおすすめするのが、Googleマイビジネスの運用をアウトソースする方法です。MEO対策のプロフェッショナルに、Googleマイビジネスの運用を任せてしまうのです。

弊社の「Googleマイビジネス運用サービス」は、多忙な店舗オーナーに代わってGoogleマイビジネスの全運用を代行するサービスです。

Googleマイビジネスにおける基本的なMEO対策の設定から、コンテンツ投稿の代行、データ分析、口コミ対応へのアドバイスまでを実施します。

「Googleマイビジネス運用サービス」の詳細は、下記のページよりご確認ください。

→『Googleマイビジネス運用サービス』をチェック