ブログ

WEB活用は今や必須!店舗集客の方法やメリット・成功のポイントを紹介

店舗集客

店舗集客

店舗集客では、より多くの人の目に触れるWEBを活用することが重要です。
WEBを活用したことのない人の場合、その特徴やメリット・デメリットが気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、小売店や飲食店といった店舗を運営している店長・企業担当者へ向けて、店舗集客でWEBが必要な理由や、
その手段などを紹介します。
成功のポイントやWEBを活用するうえで注意すべき点などにも触れています。

店舗集客にWEBの活用が必須となってきた背景とは?

この段落では、店舗集客でWEBを活用しなければならない理由について解説します。
消費者の行動変化や主流のマーケティング施策などについても触れています。

消費者行動がWEB中心になってきた

WEB消費

スマホの普及によって、インターネットを利用した情報収集の方法は多様化しています。
検索エンジンやSNS、口コミ、地図ツールなどWEB上にあるさまざまな方法を使って、消費者は情報を集めます。

店舗側はこのような消費者行動の変化に対応しなければなりません。
消費者がWEBで情報収集をしているのに対し、店舗側がこの行動に合わせなければ、集客力が上がらない恐れがあります。WEBに対応していない情報発信は消費者にとって不便なものになってしまう可能性があるので、十分な対策が必要です。

WEB対策を十分に行うことで、インターネット(ホームページやブログ、SNSなど)を中心に消費者の認知度向上に期待できます。
認知度が上がると、新規顧客やリピーターの獲得などにもつながっていく可能性もあります。

O2Oによるマーケティングが普及してきた

O2OO2Oは「Online to Offline」の略で、顧客の購買行動を誘導するためのマーケティング施策の1つです。

オンラインとオフライン(インターネットと実店舗)を連携させ、顧客を集めて商品やサービスを購入してもらいます。
具体的には、WEB上でクーポンを発行し、それを見た顧客に実店舗へ来てもらうといった方法です。

WEBサイトやSNS、メールなどから実店舗への誘導を狙うことがメインですが、その逆もあります。
まずは実店舗へ顧客に来てもらい、商品やサービスをSNSやブログなどで発信してもらう方法です。
ECサイトを利用した方法もあります。

また、多くの人がスマホを持っていることで、O2Oを使った集客手法は大企業だけでなく、個人で運営している店舗などでも利用されています。
スマホ時代の到来によって、どの店舗でもWEBを利用した集客競争をしています。
自分の店舗のみがWEBに対応していないとなると、競合店舗に差をつけられる可能性があるため、O2Oなどの手法を導入しているところは多いです。

WEBで店舗集客をするための手段とは?

ここからは、WEBを使った店舗集客の手段について紹介します。
手段ごとに概要や仕組みを紹介し、メリット・デメリットについても解説しています。

SEO対策

SEO対策

SEO対策は検索エンジン最適化を指し、自社で作成したホームページやブログなどのWEBサイトが検索エンジンの検索結果で上位に表示されるようにする対策です。
サイトの巡回を意識したサイトマップや優良コンテンツの作成、スマホなどに向けたモバイル対応によりユーザビリティの向上などを行います。

メリットは、検索結果の上位に表示されることでユーザーの目に留まりやすく、より多くのアクセスに期待できることです。

検索ボリュームが多ければ、それだけ多くの人がアクセスしてくれます。

検索エンジン内で順位変更が行われなければ、サイトを更新しなくても資産として機能し続けます。

一方のデメリットとしては、ホームページの構築はもちろん、サイト内に掲載するコンテンツを作成する際に手間と時間がかかることです。
さらに、SEO対策として有効な記事の設計には知識が必要になってきます。
対策を行ったとしても、上位に表示されるまでには数カ月かかることもあります。

SNS運用

SNS運用

SNSを運用する際は、まずTwitterやFacebook、LINE、Instagramなどで自社(店舗)のアカウントを作成します。
そして、そのアカウントを通して新商品や店舗情報を紹介したり、キャンペーン・クーポンなどを配布したりすることで、顧客を集めることができます。
顧客にとって魅力的な情報を発信することがポイントです。

SNSを運用するメリットとしては、無料で始められることや顧客からのリアクションを直接もらえることが挙げられます。
SNSでは作ったアカウントを気に行った人からフォローしてもらえるほか、「いいね」などをつけて投稿内容にリアクションしてもらうことが可能です。

さらに、利用者数は数千万人いるため拡散力もあり、これまで自社を知らなかった人にも興味をもってもらえる可能性があります。
情報を発信するときは、動画や写真、文章など豊富な手段から選べます。

また、デメリットとしては、継続的に運用しなければならないことと、意図しない形での拡散・炎上のリスクがあることです。
SNSは情報を発信し続けなければ、顧客の目に留まる頻度が落ちてしまいます。
そのため、更新する頻度などを事前に決めて、続けられる範囲で運用しなければなりません。

さらに、ネガティブな認識で情報が広まってしまうと、多くのSNSユーザーから批難を浴び、店舗の評判が下がってしまう恐れもあります。発信する情報の内容には常に気をつけることが大切です。

インターネット広告

インターネット広告

インターネット広告とは、検索エンジンでの検索結果に店舗情報・キャンペーン広告を掲載することや、SNS・動画投稿サイトで商品・サービスを紹介することです。

メリットとしては、広告を見るユーザー層(住んでいる地域や年齢、趣味嗜好など)を絞れる、幅広いジャンルから掲載先を選べるなどが挙げられます。
掲載先は、検索エンジンやSNS、動画投稿サイト、大手メディアなどです。
また、広告の配信方法は動画や画像バナー、文章など種類が豊富にあります。

一方で、デメリットとしては、広告の掲載費用として、1クリック数十円~数百円程度の費用が必要なことです。
宣伝効果は大きいですが、それだけ発生するコストも大きいので、ある程度余裕を持った予算が必要になります。
継続的に運用する場合は追加費用も発生します。

さらに、広告はただ掲載されればいいというわけではありません。
効果測定を行い、これからどのように続けていくのか検討することも大切です。

この広告効果の測定には、WEBマーケティングの知識や経験、専用ツールを扱えるスキルなども求められます。

MEO対策

MEO対策

MEOは「Map Engine Optimization」の略で、これを対策することによりグーグルマップのようなサービスで自社店舗を顧客が検索した際、正確に位置が表示されるようになります。

MEO対策を行う主な方法は、Google マイビジネスを使って正確な店舗情報(住所や電話番号、営業時間)を登録することです。

MEO対策のメリットは、購買意欲の高い顧客に、地図情報を通して訴求できることが挙げられます。
さらに、店舗情報を知らなかった見込み客に対して正確な情報を提供することで、新規顧客になってもらえる可能性があります。

デメリットは、店舗の写真を投稿しても、どれが優先的に表示されるかわからないことです。
自分でコントロールできないので、どうしてもアピールしたい写真に絞って投稿する必要があります。

さらに、検索画面には口コミや評判なども表示されるため、中にはネガティブな内容も含まれます。

WEBでの店舗集客を成功させるポイント

効果的にWEBで店舗集客するには、いくつか重要なポイントがあります。
この段落からは、そのポイントを5つ紹介します。

顧客行動を理解する

WEBでの集客は、まず顧客行動(情報を得ている方法)を理解することが大切です。
顧客行動を理解すると、自社の情報を効果的に届ける方法を知ることができ、新規顧客からの認知を獲得することもできます。

注意点として、思い込みや経験、勘に頼って集客を行うと、ターゲットとなる消費者を誤解してしまう恐れがあります。
集客効果があまり得られない手段にコストや時間を割いてしまい、失敗へつながりかねないので気をつけましょう。

顧客の情報源として多いのは、テレビ、ニュースやポータルサイト、店頭、企業のWEBサイト、新聞、ソーシャルメデイア、口コミという順です。

そして、商品やサービスを知った見込み客の88.3%はWEBサイトを使って、購入するかどうかを検討しています。
また、このような消費者行動以外にも、WEB上で広まりやすい商品・サービスや、自社と競合している企業・店舗についても検討することが重要です。

費用対効果を計算する

WEB対策を実施する際は、集客のために行う活動の費用対効果を考えることが大切です。

WEB対策はSEOやSNSのように無料で行い、高い集客効果を狙うこともできますが、テレビCMや新聞広告などの有料のタイプもあります。
どちらを利用する方が費用対効果が大きいのかを考え、自社の予算や商品・サービスに合わせて選ぶことが重要です。

また、無料で対策できる場合でも、WEBサイトの構築やSNSの運用などは外注するケースもあります。
この場合、自社内に専門的な知識を持った人がいない場合でも、効果的にWEB対策が行えます。

費用が発生するから悪い、無料は余計なコストが省けるから良い、といった理由でWEB対策の手段を選ぶのではなく、
集客の費用対効果を定期的に計算し、どのような方法が自社にマッチするのかを探しましょう。

人員や予算、労力、時間、得られる利益などを総合的に考えなければなりません。

ブランドイメージを意識する

実店舗を運営している場合、商品やサービスは実物が目の前にあるので、全体を管理しやすくなっています。
そのため、品質に問題が起きた場合はすぐに対処しやすく、状況に応じて広告を打つタイミングを計りやすいです。

一方で、WEBの場合は慣れないツールやサービスを使うことで、思い通りの情報が発信できないケースや、理想的なタイミングでコンテンツを提供できないことがあります。
さらに、外部業者にWEB対策ツールやマーケティングなどを委託する場合は、品質にも気をつけなければなりません。

WEB対策を講じるときには、自店舗のブランドイメージを高めて集客効果をアップさせることを目的として明確にさせておくことが大切です。
ブランドイメージを損なってしまっては本末転倒になります。
実店舗の運営・管理とは異なる点に注意を払いつつ、ブランドイメージを高めていきましょう。

イメージを高めるには、WEB上におけるブランド戦略も意識する必要があります。
サイト全体の構成や掲載している商品・サービスなどを競合とは差別化して、顧客に自社ブランドをより強く印象付けましょう。

炎上リスクに備える

WEB上では、直接顔を合わせてコミュニケーションを取っていないため、意図しない情報を受け手が認識することもあります。
発信者はそれに気がつかないケースもあるので、情報の発信には注意を払い続けなければなりません。

特に、SNSの場合、会社の不祥事や不始末が取り上げられると、すぐに拡散されてネガティブなイメージが世間に広まることもあります。
炎上する原因は、大きな事件や内部不祥事だけでなく、モラル意識や誤解、告発、などさまざまです。
SNSを通じて情報を発信する際は、日頃から注意しておく必要があります。

日常的にできる炎上対策としては、SNS投稿担当者を明確化することです。
さらに、投稿方針をルール化して、担当者個人の考えで投稿させない必要もあります。

投稿者が決まっていれば、投稿内容がブレるリスクが軽減されるので、誤解される情報発信を防ぐことができます。
そして、投稿方針をルール化しておくと、会社のイメージや方向性とマッチした情報発信が可能です。
モラル意識も保たれるので、情報の受け手にネガティブな印象を与えにくくなります。

専門家の知見を活用する

ツールやサービスを使いWEB上で集客を狙うには、使用するメディアの特徴を理解することはもちろん、専門的な知識と経験も必要です。
また、WEBで継続的に集客するには、運用に関する手間・コスト・時間がかかるほか、専門的な人材の採用・教育といったことが必要なケースもあります。

さらに、SEOやSNS、MEOなど施策を同時に実行することもあるので、このような場合は各施策を管理するのが大変です。
全てを自社内で担うのは負担が大きくなるため、WEB対策を専門に行う会社の力も借りましょう。
WEB対策に関する相談やコンサルティング、運用などを包括的に任せられるサービスを展開している会社もあります。

WEB施策を外部へ委託することで負担の大きい労力を削減しつつ、プロの知見からより効率的に成果を得られます。

WEBを活用して効果的な店舗集客を行おう!

効率的な店舗集客

WEBによる店舗集客は、方法別の特徴を理解して運用することが重要です。
ただし、自社だけで運用と管理の全てを担うのは負担が大きいので、継続的に成果を上げるためにも専門家の意見を取り入れていきましょう。

ロケコネではO2Oの視点で店舗集客をサポートする情報をメルマガで配信しています。
WEBの活用を検討している場合はぜひご登録ください。

→ロケコネのメルマガ登録はこちら